専門性だけ、リーダーシップだけではダメ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 4.グローバル人材になるために

Pocket

○Works No.106
works106

■目指すはプロフェッショナルリーダー

リーダーシップと専門性の2軸を用いて、ビジネスパーソンの理想的な成長プロセスを段階に分けて示したものが図2である。段階ごとにに企業の育成方法は変わる。


works106(2)

「21世紀のキャリアを考える研究会」の調査結果においては、メーカーやサービス業など産業分野を超えて、人材育成に優れた企業には、このような人材育成の段階が存在することが確認されており、あらゆる領域に適用できるグランドセオリーといってもいいだろう。

なお、このモデルは、長い時間をかけて人を育てていくことを前提に、個人と企業がともに目指す最終的な目標を「プロフェッショナルリーダー」に置いている。同時に、リーダーシップと専門性の2つの要素をあわせ持つ人材は、急速に進むグローバル化にあたっても活躍出来る人材であり、このモデルはグローバル人材の育成プロセスともいえる。

(同書p35)

———————————————

専門性とリーダーシップのバランスの重要性

“専門性”と“リーダーシップ”。シンプルだけれども、どの分野においてもこの2つを避けて活躍出来る人材にはなれないでしょう。これらの2つのバランスをどう取りながら成長していくか、また、そういったバランスを取りえる環境を自分自身で作っていけるかどうか、なんていうところが“キャリア”というものを考える上で必要不可欠な時代になってきているのかもしれません。

非常に興味深かったのは、同書の40pにあった下記の図:

works106(3)

初期の段階でリーダーシップを磨かず、いきなり専門性に走ってしまいスペシャリストの殻に閉じこもってしまうとか、順調にリーダーシップを伸ばし、業績を上げたことで第3段階(専門性を深める段階)への移行のタイミングを逃すなんていうのは、間違いなく多くの人が陥りやすい状態です。

冒頭の引用にあるように、こういったことがグローバル化する世界の中でも求められているようです。どういったキャリアを積んでいけるかは会社都合の部分も多々あるので難しいことだとは思いますが、その会社都合も鑑みた上で、どうキャリアを積むかということが益々重要になるのではないかと思います。…とはいえ、自分のキャリアのために、ということしか考えていない人間も一方で必要とされないので、ご注意下さいね。

スポンサーリンク


関連記事

勝てない相手に勝つ方法

そもそも戦略とは何か? 今日は“戦略”についてブログを書きたいと思います。そもそも“戦略”という言

記事を読む

グローバル人材を目指すなら

日経ビジネスオンラインで「初任給1000万円を蹴って起業するインドの天才たち」というタイトルの記事が

記事を読む

海外に出る人が学歴を軽視してはいけない理由

日本人は学歴を否定したい人が多い 学歴ではない。「会社で何ができるか」が問われているという記事がプ

記事を読む

海外で働くのに本当に英語は必須なのか?

「日本では当たり前だった『あうんの呼吸』が通じない。自分の中途半端な英語で、従業員と成長課題などを話

記事を読む

空気を読めない方がグローバルで活躍できる!?

“KY”という言葉はまだ使うのでしょうか、「空気が読めない」ということについての話。最近読んだ記事で

記事を読む

no image

組織の譲れない価値観の作り方

多様性のマネジメントは大変難しいもので、究極的には相容れない価値観もあります。だから私は、逆説的かも

記事を読む

企業内のプロジェクトが上手くいかない理由

“DRI”という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これは、Directly Responsible

記事を読む

海外への転職は難しいのか

これからのキャリアを構築していく上で「グローバル」というものが一つのキーワードになっていることは間違

記事を読む

先見性を養うためには

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015

記事を読む

日本がアジアの国々と共に発展するために必要なこと

早いものでプノンペンに来て5日目。明日はアンコールワットのあるシェムリアップに移動するので、プノンペ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑