不満でも会社を辞めずにいれば良い事あるのか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

本当に残酷な転職マネー版グリム童話「ヤメ・ソーヤーの冒険」
不満だらけでも辞めずに残った男が手にする「悪くない人生」

(CAREERzine より)

3fa234bfd39d53a155f09f498da2eb73_s

「会社を辞めずにいれば良い事あるよ」は過去のものに

上記の記事、読まれた方いらっしゃいますでしょうか?引用もさせていただいていますが、元々はCAREERzineに掲載されていた記事なのですが、2015年5月にCAREERzine自体のサイトがクローズされたので、今は読むことはできませんが…。記事の内容としては、「不満だらけでも会社を辞めずにいれば良い事あるよ」的な内容です。

もちろん、定年まで勤め上げることができたら、それはそれで良いのだと思います。ただ、そのように勤める人生を選ぶことができるのも、今定年間近な方くらいなのではないでしょうか。これから話をすることは、「絶対こうなる」ではなく、あくまで確率論の話なので、断言することは出来ませんが、これからの日本のために、今日は書きたいと思います。

人口減による市場縮小、グローバル化、システム化

For the first visitorにも書いていますが、一昔前であれば、不満があろうとも残るという選択をすることが企業も、そこに勤める従業員も幸せになれたし、事実そうなのだと思います。当時は人口が増え、市場事態が拡大していった頃。多くの企業で人が増え、ポストができていきました。ところが今、どうでしょう?日本の人口は減少傾向で、それに伴って市場が縮小しています。市場が縮小すると、当たり前ですが今既にある多くの事業が縮小せざるを得ません。すると、当たり前ですが、そこで働ける人の人数は減り、当然ポストも減ります。

また、上記以外にも人が減る理由があります。それは、グローバル化とシステム化という部分です。誰でも出来るような仕事はどんどんシステム化されるか、海外へオフショアされていく傾向にあります。こんな時代を生き抜くために何を考える必要があるかと言うと、どういった部分で“人”が必要となり、自分自身の力を活かせそうな部分はどこかということでしょう。

世の中の需要と供給に敏感であれ

そういった部分を明確に見つけることは非常に難しいですが、一つ言えるのは、世の中の需要と供給ということに敏感になっていく必要があろうかと思います。10年後、今の仕事の需要はあるか。仮にあったとして、その需要は小さくなる可能性もある。その時に競争に勝てるか。というようなことが求められます。その辺りをもし、一緒にディスカッションしたいという方は、是非ご一報いただければ幸いです。

お問い合わせはコチラ!

P.S.
一番怖いと思うのは、ヤメ・ソーヤーのスタンスで仕事をしていても、20~30代は問題ない、ということでしょうか。リストラに遭うことはそうそうないですからね。でも、家庭を持てば一番お金がかかるであろう40~50代、この頃にリストラに遭ったら…恐ろしくて夜も眠れないと思います。ヤメ・ソーヤーのスタンスというのは、そういったリスクを孕んでいることを絶対に認識しておいた方が良いと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

どうしても完璧主義になってしまう人へ

突然ですが、皆さんはドラクエⅢをやったことはありますか?キヨカワ世代だと、ファミコンカセットでよくふ

記事を読む

転職すべきかどうかのチェックポイント

私の基本的なスタンスとして転職を安易に薦めることはありませんが、良くも悪くも次のステージに向かった方

記事を読む

スタートアップ企業に転職すると起こる衝撃

大手企業からベンチャー企業やスタートアップ企業へ転職するとどうなるのか。もちろん、それぞれの企業の定

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

楽な仕事・楽な業界へ転職するのはありか

今の仕事が激務すぎて楽な仕事・業界はないものか…と探した経験がある方もいらっしゃるかもしれません。昨

記事を読む

自己分析におけるタイプ別診断の穴

昨日キャリア教育に関しての記事を上げ、“自己分析”というものにフォーカスされすぎている点を問題視しま

記事を読む

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

サラリーマンこそ確定申告のススメ

今年も確定申告の締切りが迫ってきましたね。私も本日の午前中に提出を終え一息をついたところです。ところ

記事を読む

今の若者の人生観の特徴

変化の激しい現代社会において、どんなキャリアパスを描き、仕事をしていくか。そんなことを高橋俊介さんと

記事を読む

日本の労働環境の今後

欧米では一般化している同一労働・同一賃金という考え方。特に経済が成熟化している欧州では常に仕事<

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑