リスクを取ることを怖いと思う方へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について

Pocket

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆に“青”だと不安になるんですよ。」こんな話を先日、ある鉄道会社に勤める友人から聞きました。僕ら一般人の感覚だと、“青”は安心、“赤”は危険ですが、彼らにとっては逆で、“赤”は安心、“青”は危険になる訳です。そういったことを聞くと、踏切を渡る時に信号を見てしまいそうな感じですね(笑)

63191beed618824246f0487115a80e61_s

電車の信号がずっと赤のままだったら危険はないが、電車も来ない

まぁ、たとえ“青”を見たところで、踏切が下りてさえいなければ動けなくなることもないと思いますが、違う話になるととたんに動けなくなる人は多いのではないでしょうか?ちょっとでもリスクを感じると動けなくなるというものです。少しでもリスクがない方にない方に、と動いてしまう気持ちも分かりますが、そう動けば動くほど得られるものも少なくなります。想像してください。もし、この電車の信号がずっと“赤”だったら?それはそれで安心かもしれませんが、永遠に電車は走らなくなることになります。

リターンを得たいと思うならば、リスクは必ずついてくる

改めて言うことではないかもしれませんが、リスクとリターンは二律背反です。リターンを求めようとすればするほどリスクが伴うし、逆もまた然り。「リスクゼロでリターンを得られる」なんていう話はあり得ない。自分の望みを叶えたい(リターンを得たい)と思えば、それなりの覚悟(リスク)が必要です。

亡くなる間際の9割の方が「もっと挑戦すれば良かった」

先日聞いた話でこんな話がありました。アメリカで看護師が亡くなる間際の患者さんに「人生で後悔していることはありますか?」と聞いたところ、実に9割以上の方々が「もっと色んなことに挑戦すれば良かった」と言っていたそうです。無難に生活を送ることももちろん良いことだと思います。ただ、これからの時代はそういった無難な生活さえもリスクを取らずして叶えられないかもしれません。人生で後悔しないためにもリスクを取ることに対して頭から否定することを止めてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


関連記事

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

グループワークの適正人数は…

25人をチーム分けしてグループワークをさせます。さて、あなたならどのようにグループ分けするでしょうか

記事を読む

自分の人生を考える上で外せないこと

ここ数日、学生さんたちの前でお話しする機会がたくさんありました。写真は昨日高校生80名程度の前でキャ

記事を読む

no image

将来に不安があるのに行動できない理由

○鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」著:勝見明 提言47:人は「してもらった満足

記事を読む

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

相互理解は異文化だけの話ではない

「相互理解」という言葉を聞いたことはあるでしょう。端的にその意味を言えば、“お互いにお互いのことを理

記事を読む

在宅勤務の問題点 原因と解決策

「在宅勤務が普及しない理由は何だろう?」これだけITが発達し、かつてはできなかったかもしれない在宅勤

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑