転職先が決まる前に辞めるのはNGか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について

Pocket

「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサルタントの方が「仕事上でのダメな行為・意識」の格付けをしていました。個人的に異論があったので、優先順位の付け直しをしてみました。もともとの優先順位はコチラ。

<非常に問題アリ>
1. 次が決まっていないのに会社を辞めたことがある
2 .残業代をアテにする必要があるので、ムダに残業することがある
3. 遅刻が多い
4. 仕事の成果を上司にアピールするのが苦手だ

<問題アリ>
5. 今の自分の待遇は、自分の実力や貢献度に見合ってないと思う
6. 転職の回数が多い
7. リストラされたことがある
8. 給料に見合った、最低限の仕事しかしないようにしている
9. 自分の仕事のスタイルを曲げたくない
10.今の時代、思うように成果があげられなくても仕方ないと思う

<やや問題アリ>
11.若手が伸びたら自分が脅かされると危機感を抱いている
12.若手の育成が苦手だ
13.グチを言い合う同僚がいる
14.お人よしだ

<問題ナシ>
15.転職するとき、下調べが甘かった思う
16.妥協して転職した

—–

下記は、私。

<非常に問題アリ>
2 .残業代をアテにする必要があるので、ムダに残業することがある
3. 遅刻が多い(病気は除く)
6. 転職の回数が多い
8. 給料に見合った、最低限の仕事しかしないようにしている
15.転職するとき、下調べが甘かった思う

<問題アリ>
1. 次が決まっていないのに会社を辞めたことがある
7. リストラされたことがある
10.今の時代、思うように成果があげられなくても仕方ないと思う
12.若手の育成が苦手だ

<やや問題アリ>
4. 仕事の成果を上司にアピールするのが苦手だ
5. 今の自分の待遇は、自分の実力や貢献度に見合ってないと思う
9. 自分の仕事のスタイルを曲げたくない
13.グチを言い合う同僚がいる
16.妥協して転職した

<問題ナシ>
11.若手が伸びたら自分が脅かされると危機感を抱いている
14.お人よしだ

優先順位というのは、何を軸とするのかによって変わってくるので、正解があるものではないと思います。が、今回の記事のコンサルタントの方が何を以ってそう仰っているか意味不明だったので改めて付けてみたわけです。私が今回軸としているのは、その原因に係る本人の起因度となります。少しずつ解説していきます。

全ての原因が本人に起因しているわけではない

まず、<非常に問題アリ>に挙げさせていただいた項目は、どれも本人に100%原因が起因しているものです。要するに、それがダメというのは情状酌量がない、という部分ですね。

次の<問題アリ>は、100%ではないものの、70~80%の原因が本人に起因しているものですね。例えば、1. 次が決まっていないのに会社を辞めたことがあるというのも、問題となるのはその辞めた後の空白期間。その期間が長くなればなるほど面接時にその期間のことを聞かれたときに苦しくなるというだけの話です。様々な理由があって、在職中に転職活動ができない人もいるわけですから、ここは100%とは言えないでしょう。

51d7a4862422c8fbb7ec419a22b2b4ee_s

とはいえ、決まらなかったり、空白期間にダラダラしてしまいがちになるので、空白期間を作らないに越したことはないですね。また、7. リストラされたことがある、10.今の時代、思うように成果があげられなくても仕方ないと思うというのも、今の時代背景を考えれば100%本人のせい、とは言い切れないでしょう。本人が選んでその企業に入っているとはいえ、配属やその時の上司など、自分ではコントロールできない部分がある分、情状酌量はあるかなと。

あと、最後の12.若手の育成が苦手だについては、違う軸も入って<問題アリ>に入れています。これからの時代で求められるのは、システムで置き換えられないものです。教育というものは一つ、完全にシステムでは置き換えられないものの一つだと思っています。企業は仕組みで回っているものですから、その上でこの要素が叶えられない人材は厳しいですし、また、自分の知見を自分のものだけにするという話にも繋がりますから、二重で問題だと思い、この順位となっています。

<やや問題アリ>と<問題ナシ>については、たとえそう思っても、自分自身の行動の改善がなされれば良いのではないでしょうか。文句だけ言って、自分は変わらない、というのでは困りますが、これを前向きに捉えていけば良いと思う範囲の話です。

マズイと思った時に自分の行動を変えられるかどうか

長期的なキャリアを構築していく上で、大事なことの一つとしては、マズイと思った時点で自分の行動を変えるということだと思います。転職というのも行動の一つですが、そんな大きな決断をする前に、今すぐに自分で変えられることを変えてみるという意識が大事なのかなと思います。

スポンサーリンク


関連記事

働かなくてはならない理由

「迷惑をかけない」なんて綺麗事でしかない。じゃあ、自分が助けられている以上、自分は別の局面で他者を助

記事を読む

不満でも会社を辞めずにいれば良い事あるのか

本当に残酷な転職マネー版グリム童話「ヤメ・ソーヤーの冒険」 不満だらけでも辞めずに残った男が手にす

記事を読む

これから求められる付加価値の高い人材とは

○フラット化する世界 著:トーマス・フリードマン 以前のブログで、“同一労働・同一賃金

記事を読む

有益な情報を得る方法

長谷川豊さんがまた強烈な記事を上げています・笑(記事はコチラ)。日本人のメディアリテラシーの低さにつ

記事を読む

no image

目的達成は犠牲の上

○鋼の錬金術師 著:荒川弘 このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 前編

長期的に物事を見よう、という上で欠かせない要素の一つに、“世界経済の大枠の流れを掴む”という項目があ

記事を読む

挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが

記事を読む

個性が発揮できる仕事がしたい?

そうさ 僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になれ

記事を読む

転職で年収が上がるのには条件がある

エン・ジャパンは2015年10月13日、「ミドルの転職後の年収」についてのアンケート調査結果を発表し

記事を読む

学んだことが継続できない理由

みなさんは“unlearn”という言葉を聞いたことはあるでしょうか。はい、“un(否定)”と“lea

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑