権限委譲の正しいやり方

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 3.マネジメント人材になるために

Pocket

権限委譲

与えられた(業務)目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する力を与えること。権限委譲(エンパワーメント)の特徴は、①自立性を促し ②支援することにある。

(参照:goo辞書)

048

権限委譲が今必要なのは、時代の変化に対応した新しいものを生み出す必要があるから

今日は“権限委譲”について書いてみたいと思います。今の日本の企業において、この“権限委譲”ということがそれまで以上に重要になってきていることは肌感覚でも分かることではないでしょうか?“権限委譲”が“今”必要なのは、やり方が確立していた今までのやり方を、いかに早く正確に実行するかというフェーズから、時代の変化に対応した新しいものを生み出していくというフェーズに移ってきているからに他なりません。その証拠に、どの企業の“求める人物像”の中にも、自主性・自立性・自発性・主体性というような、自ら考え、行動していく、という力を求めるようになってきています。

さて、この“権限委譲”についてですが、想像以上にどの企業も苦心しているというのが実態のよう。確かにすごく難しいことだと思います。ただ、そこを“難しいからやめよう”という決断をしてしまえば、その企業はそれ以上にならないので、どう“権限委譲”ということをしていくべきか、といういところを今日は考えていきたいと思います。

権限委譲する上で重要なことは、負っても良いリスクを負わせること

権限委譲を考える際に考えなくてはならないことは大きく2つあると思っています。それは、表題にもある【リスク】と【丸投げ・放置】です。まずは【リスク】から考えていきます。

当然ですが、権限委譲するということは、それまで権限を持っていた人から他の人にその権限を渡すわけですから、【リスク】が生じます。ほとんどの場合、権限委譲する人よりも権限委譲される人の方がスキル的にもポジション的にも低い場合が多いと思うので、失敗する【リスク】というものが高まることはほぼ間違いないでしょう。その失敗の【リスク】というものをまずは見積もること、ということから始めなくてはなりません。

具体的にはどんな【リスク】があるのか?負っても良い【リスク】は何か?逆に、絶対に回避しなくてはならない【リスク】は何か?そして、その絶対に回避しなくてはならない【リスク】を回避する方法はないか?そういったことをまずは考えて、権限委譲することを考えていく必要があると思います。基本、人間は保守的なので、負っても良い【リスク】というものにさえも回避させるように働きかけてしまいますが、それをしてしまうと権限委譲にはならないということを注釈しておきます。

権限委譲という名の放置は絶対にNG

次に【丸投げ・放置】について。全て任せて自分は責任を負わない、というのは、権限委譲ではなく、丸投げと言います。丸投げがなぜ悪いか、ということは敢えて言及しません。また、放置というのは、任せたっきりで、その任せたことに関心を持たない状態を指します。これもまたマズイですよね。これらについての“マズさ”というのは、実は多くの人が認識はしていて、それをしないように努力もしています。ただ、この“マズさ”を回避しようとするがあまり、結局は管理することになり、“権限委譲”されていない状態を作っていることも散見されます。では、これを踏まえた上でどう“権限委譲”していくべきか、というところ。

実は今回の答えは冒頭の定義にあると思っています。権限委譲(エンパワーメント)の特徴は、①自立性を促し ②支援することにある。②の“支援”です。この“支援”も、捉え方を間違うと“管理”になってしまうのですが、あくまで、権限委譲された人間が“自立的決めたこと”を“支援する”というところにポイントがあると思っています。もちろん、権限委譲された人間が自立的に決めたことは、失敗するものかもしれません。たとえ、失敗するだろうな、とわかっていても、それを支援できるか、というところが肝だと思っています。(もちろん、最初に話をした【リスク】が許容できるかというところをクリアしたものに限りますが)そうすれば、権限委譲された側としては、“自分で決めたこと”が支持されたと思い、そこに対してのモチベーションが上がります。すると、失敗すると当初思っていたとしても、成功してしまったりするわけです。実は、これこそが“権限委譲”というものを通じて達成したいことなのではないかなと思っています。

一人ひとりが権限を持ち、自主的に行動していくことが重要な時代に

冒頭で“権限委譲”の必要性を話しましたが、これからの時代は今までのやり方は通用しない時代になってきます。そういったところで、今までの自分たちの考えを超えた何かを達成していく必要があると思います。それは一人ひとりが自立的に考え、実行していくということが不可欠。やはりこれからの企業にとって“権限委譲”という考え方は間違いなく重要になってくると思わざるをえません。

スポンサーリンク


関連記事

社員のモチベーションの上げ方

○モチベーション3.0 著:ダニエル・ピンク 報酬には依存性がある。「交換条件つき」報

記事を読む

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

企業経営はボトムアップ(民主主義)でやるべきか

「民主主義が絶対に良いのか?」この質問に対して、あなたならどう答えますか?多くの人が『YES』と答え

記事を読む

管理職はボトムアップ型、トップダウン型いずれであるべきか

昨今の管理職はトップダウン型よりもボトムアップ型が圧倒的に多いそうです。部下の気持ちをきちんと把握し

記事を読む

クラウドソーシング(業務委託)の課題

ランサーズやクラウドワークスといった“クラウドソーシング”と呼ばれる業界が流行り始めて久しいですね。

記事を読む

褒めて育てることは良い事か

“子供が良いことをしたときに「えらいね、すごいね」と褒めるのではなくて、「○○してくれてありがとうね

記事を読む

どんなタイプのリーダーにも必要な力

カンボジアでの研修も6日目。今日は首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップに移動し、研

記事を読む

“自分なりに考える”ことができない部下後輩がいると考える方へ

後輩や部下に「自分で考えてから相談しに来い」と言ったことはないでしょうか。そして、その後輩や部下なり

記事を読む

下町ロケットの経営手法をどう捉えるか

昨日ついに「下町ロケット」の最終回を迎えましたね。結論は…まあそうなるだろうと予想は付いていたものの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑