何かが足りないのは良い事だ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

皆さんは京都にある龍安寺 の石庭をご存知でしょうか?多くの人は修学旅行か何かで一度は訪れているのではないかと思います。この石庭には15個の石があり、庭をどちらから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されていると言われています。(実は見える場所がある、ということが実はwiki で書いてあったりしますが…それは今日は置いておきましょう。)

これからは“ない”という概念が重要になる

東洋では十五夜(満月)にあたる15という数字を「完全」を表すものとしてとらえる思想があり、15に一つ足りない14は「不完全さ」を表すとされています。(出典:wikipedia)

とあるように、この石庭自体が“枯山水 ”で、本当の“水”を流せば良いところに流していない(=不完全な)状態を作っています。このように日本では物事を「完全」にせず、「不完全」にしておく文化が昔からあったようです。昔からそういった文化がありながらも、これからはそういった「不完全さ」というものが、特にこの日本において益々求められる時代になってくるのではないかと思っています。

どういうことかと言うと、ある意味今の日本人は物質的にはほぼ“完全”に満たされている状態なのではないかと思います。そんな状態だからこそ、あることに慣れすぎているわけです。ないと分かって始めて、“考える”という行為をしたり、“工夫”をしてみようと思ってみるもの。先に出てきた“枯山水”も、“水”がないからこそ、一人ひとりがそれぞれの“水”を思い浮かべられる、そんな感じですね。

RyoanJi-Dry_garden

この考え方は、先日のブログ話をした“これからの時代でキャリアを築く方法” にも通じます。人間というものが「不完全」であるからこそ、自分自身の軸に従って選択と集中を行っていく。もし人間が「完全」な存在だったら、そんなことをする必要はないでしょう。冒頭の石庭のように、15個の石から1個だけ引く、そんな引き算がこれから求められるようになる。そう思う今日この頃です。

スポンサーリンク


関連記事

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

自己分析におけるタイプ別診断の穴

昨日キャリア教育に関しての記事を上げ、“自己分析”というものにフォーカスされすぎている点を問題視しま

記事を読む

リスクを事前に想定しておくことの重要性

本日から1週間、カンボジアに行って参ります(この記事が上がるときには飛行機の上デス)。高校生、大学生

記事を読む

楽な仕事・楽な業界へ転職するのはありか

今の仕事が激務すぎて楽な仕事・業界はないものか…と探した経験がある方もいらっしゃるかもしれません。昨

記事を読む

転職・起業と嫁ブロック

“嫁ブロック”という言葉が今年は流行語になりそうなくらい色々なところで使われていますね。昨年に続き、

記事を読む

英語を活かす転職の需要は少ないという事実

GWも明けましたね。何処かに出掛けられた方、ゆっくり過ごされた方、それぞれかと思います。2日と6日を

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

キャリアプランを考えることが無駄と思う人用のキャリアプランの考え方

自分のキャリアプランを考える。重要なことだとは分かっていながらも未来のことだし、その時自分がどんな状

記事を読む

リスク回避の判断基準

“いかに致命傷を負わないか”ということが大事と先輩起業家から言われてきたことは当ブログでも何度か紹介

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑