目的を達成する方法③

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイメージだと思うので。ですが、本来の意味は違うことをご存知でしょうか?本来は、下記の意味だそうです。

阿弥陀仏が衆生を救済する本願のはたらき

(出典:Wikipedia)


45c1b20ccb93e8656dab8011c1ece48c_s

目的達成が最優先事項であり、自力にこだわる必要はない

ちょっとWikipediaの意味だとよく分からないと思うので、キヨカワなりに解釈すると、他に助けを求めた方が良いということだと思っています(ざっくり言うと)。キヨカワもそうでしたが、何故か全てのことを自力でやることが美徳だと思われています。なので、真面目である人ほど、自力で物事を進めようとするのです。ですが、自力にこだわることがどれだけ価値があるかを考えたことがあるでしょうか?物事をする時、もちろん、その目的がある訳ですね。その「目的」を達成するために、何故全てを自分がやらなくてはならないのでしょう?自己満足のためでしょうか?

「目的」を達成したければ、他の人の協力を得てでも達成する方が、社会人としては正解です。これはもちろん、「不正をしなさい」という話ではありません!(誰かにエントリーシートを書いてもらう、とかですね)そうではないことであれば、色んな人に頼ってみると良いと思います。意外と多くの人は、頼られたがりです。勇気を出して「お願いします!」と言ってみるだけで、あなたの人生は大きく変わると思います。この考え方を他力本願と言うのではないかな、そう思ってなりません。

スポンサーリンク


関連記事

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

新人研修での「採用ミス」発言

新人研修真っ最中のこの時期。某新人研修会社の代表が「皆さんの会社は採用ミス」と新入社員に対して発言し

記事を読む

待てないことで失っているもの

ビジネスにおいて“時間を有効活用する”ということが重要であることは言うまでもないでしょう。ただ、“時

記事を読む

長谷川豊氏の少子化の原因考察について

“日本女性の3歩下がってついていく”という言葉、みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。それは

記事を読む

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを目指すべき

2012年の8月に発売した“ドラクエ10”。それまではゲームを卒業していたのに、それでゲームに復帰し

記事を読む

リシュ面を導入している企業はどうなのか

“リシュ面”という大学の履修及び成績を面接の中で聞いていき、学生に話を盛らせないための面接手法が流行

記事を読む

面接で求職者に求められていること

採用担当者の立場になって考えるとは lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得てい

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

夢を見つけることよりも大事なこと

「あなたがもし、宇宙飛行士になれるチャンスがあったとしたら、なりたいと思いますか―」この質問にYES

記事を読む

収監前と後のホリエモンの変化

週末ふとテレビを付けると、ホリエモン(堀江貴文氏)が出ていました。見ていて改めて思うのは、“極めて合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑