あなたの話が聞いてもらえない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

皆さんは魚を飼ったことはありますか?そう言っておきながらキヨカワ自身は実は経験がありません(苦笑)ですが、アロワナが大好きな友人がいて、魚を飼うということはどういう事なのかを聞いた事があります。それは、『魚そのものを飼うというよりは、水を飼うという感覚に近い』というものです。その時は『ふーん』程度にしか思っていなかったのですが、この話は奥が深いな、と思います。
7fbcafcbd512e35dabdebe3602fdc301_s

中身よりも空気感を作れる方が話を聞いてもらえる

なぜなら、非常に多くのシチュエーションでこの言葉が生きてくるからです。例えば、あなたの話を聞いてもらえるような“空気感”を作る事の方が大事、というような事です。面接やプレゼンテーションなどの場でも同じことだと思います。内容はもとより、自分の話を聞いてもらえるだけの“空気感”、これが非常に重要なんだと思います。

もう少しイメージし易い話をしましょう。例えば大学の講義。多くの教授の方々は「中身の濃い」話をたくさんされていらっしゃるとは思うのですが(そう信じたいですが)、聞きたい気持ちにさせてくれる講義はどのくらいあるでしょうか。多くの講義は眠くて仕方がない印象が拭えませんが、思わず夢中になり、前のめりで聞いてしまう、そんな講義も中にはあるはずです。それらの講義の差は何か、と言えば、恐らく中身の問題ではほとんどありません。むしろ、「聞きたい」と思わせるような“空気感”を作ることが上手い教授がそういった授業を展開できるのではないかと思っています。

相手の立場に立ち、仮説⇒実践⇒検証を繰り返す

このような“空気感”の作り方は、端的に言えば「相手の立場に立つ」ということが間違いなく重要だと思います。相手がどういったことに興味を持ち、どうすればこちらの話を聞いてくれるか、ということに対して仮説を立て、実践してみる。その繰り返しをしていくことで精度を上げていく、ということが必須なのではないかと思います。話の中身を充実させることは大事なことではあるものの、まずは相手に「話を聞いてもらえる状態を作る」ということをしないと、その後にある話はどんなに充実していても聞いてもらえていませんから。

スポンサーリンク


関連記事

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

先見性を養うためには

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

新入社員は無価値か!?

昨日に引き続き、もう一つ新入社員ネタを。新入社員が入ってくる時期なので新入社員関連の様々な記事が上が

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

問題と課題の違い、そして解決策より問題定義が重要な理由

ある飲食店が客離れに苦しんでいる。客離れだけでなく、客単価もどうやら落ちてしまっている。それに来店す

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

新年の挨拶のネタで“箱根駅伝”を使う前に

あけましておめでとうございます。今日から仕事始めという方も多いのではないかと思いますが、皆様はどのよ

記事を読む

社会人になって化ける人の条件

先日、就活をしていたサポートしていた子(現在社会人1年目)と会う機会がありました。実はその方は前職の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑