あなたの話が聞いてもらえない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

皆さんは魚を飼ったことはありますか?そう言っておきながらキヨカワ自身は実は経験がありません(苦笑)ですが、アロワナが大好きな友人がいて、魚を飼うということはどういう事なのかを聞いた事があります。それは、『魚そのものを飼うというよりは、水を飼うという感覚に近い』というものです。その時は『ふーん』程度にしか思っていなかったのですが、この話は奥が深いな、と思います。
7fbcafcbd512e35dabdebe3602fdc301_s

中身よりも空気感を作れる方が話を聞いてもらえる

なぜなら、非常に多くのシチュエーションでこの言葉が生きてくるからです。例えば、あなたの話を聞いてもらえるような“空気感”を作る事の方が大事、というような事です。面接やプレゼンテーションなどの場でも同じことだと思います。内容はもとより、自分の話を聞いてもらえるだけの“空気感”、これが非常に重要なんだと思います。

もう少しイメージし易い話をしましょう。例えば大学の講義。多くの教授の方々は「中身の濃い」話をたくさんされていらっしゃるとは思うのですが(そう信じたいですが)、聞きたい気持ちにさせてくれる講義はどのくらいあるでしょうか。多くの講義は眠くて仕方がない印象が拭えませんが、思わず夢中になり、前のめりで聞いてしまう、そんな講義も中にはあるはずです。それらの講義の差は何か、と言えば、恐らく中身の問題ではほとんどありません。むしろ、「聞きたい」と思わせるような“空気感”を作ることが上手い教授がそういった授業を展開できるのではないかと思っています。

相手の立場に立ち、仮説⇒実践⇒検証を繰り返す

このような“空気感”の作り方は、端的に言えば「相手の立場に立つ」ということが間違いなく重要だと思います。相手がどういったことに興味を持ち、どうすればこちらの話を聞いてくれるか、ということに対して仮説を立て、実践してみる。その繰り返しをしていくことで精度を上げていく、ということが必須なのではないかと思います。話の中身を充実させることは大事なことではあるものの、まずは相手に「話を聞いてもらえる状態を作る」ということをしないと、その後にある話はどんなに充実していても聞いてもらえていませんから。

スポンサーリンク


関連記事

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

褒めて育てることは良い事か

“子供が良いことをしたときに「えらいね、すごいね」と褒めるのではなくて、「○○してくれてありがとうね

記事を読む

“自分なりに考える”ことができない部下後輩がいると考える方へ

後輩や部下に「自分で考えてから相談しに来い」と言ったことはないでしょうか。そして、その後輩や部下なり

記事を読む

こんなマネージャーは失格だ②

「コミュニケーションが取れないマネージャーは存在価値なし」という強烈な言葉を残して昨日の記事を終えた

記事を読む

仕事上のコミュニケーション能力を高めるには

「コミュニケーション能力を高めたい!」と思っている方は非常に多いようです。そういった方が客観的にコミ

記事を読む

クラウドソーシング(業務委託)の課題

ランサーズやクラウドワークスといった“クラウドソーシング”と呼ばれる業界が流行り始めて久しいですね。

記事を読む

指示待ち人間の改善方法

“指示待ち人間” このように評価されて気持ちが良い人は恐らくほとんどいないでしょう。“指示待ち

記事を読む

感情が顔に出る損

昨日の点滴から体調は少なくとも回復傾向にあるものの、薬のせい(?)で大分ぼーっとしているような感じが

記事を読む

会社へのロイヤリティ(忠誠心)を高めるためには

出典:ヘイズ・ジャパン ヘイズ・ジャパンが職場へのロイヤリティ(忠誠心)調査というものの結果を

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑