あなたの話が聞いてもらえない理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

皆さんは魚を飼ったことはありますか?そう言っておきながらキヨカワ自身は実は経験がありません(苦笑)ですが、アロワナが大好きな友人がいて、魚を飼うということはどういう事なのかを聞いた事があります。それは、『魚そのものを飼うというよりは、水を飼うという感覚に近い』というものです。その時は『ふーん』程度にしか思っていなかったのですが、この話は奥が深いな、と思います。
7fbcafcbd512e35dabdebe3602fdc301_s

中身よりも空気感を作れる方が話を聞いてもらえる

なぜなら、非常に多くのシチュエーションでこの言葉が生きてくるからです。例えば、あなたの話を聞いてもらえるような“空気感”を作る事の方が大事、というような事です。面接やプレゼンテーションなどの場でも同じことだと思います。内容はもとより、自分の話を聞いてもらえるだけの“空気感”、これが非常に重要なんだと思います。

もう少しイメージし易い話をしましょう。例えば大学の講義。多くの教授の方々は「中身の濃い」話をたくさんされていらっしゃるとは思うのですが(そう信じたいですが)、聞きたい気持ちにさせてくれる講義はどのくらいあるでしょうか。多くの講義は眠くて仕方がない印象が拭えませんが、思わず夢中になり、前のめりで聞いてしまう、そんな講義も中にはあるはずです。それらの講義の差は何か、と言えば、恐らく中身の問題ではほとんどありません。むしろ、「聞きたい」と思わせるような“空気感”を作ることが上手い教授がそういった授業を展開できるのではないかと思っています。

相手の立場に立ち、仮説⇒実践⇒検証を繰り返す

このような“空気感”の作り方は、端的に言えば「相手の立場に立つ」ということが間違いなく重要だと思います。相手がどういったことに興味を持ち、どうすればこちらの話を聞いてくれるか、ということに対して仮説を立て、実践してみる。その繰り返しをしていくことで精度を上げていく、ということが必須なのではないかと思います。話の中身を充実させることは大事なことではあるものの、まずは相手に「話を聞いてもらえる状態を作る」ということをしないと、その後にある話はどんなに充実していても聞いてもらえていませんから。

スポンサーリンク


関連記事

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

職場のパワハラ、セクハラ、モラハラ対処法

パワハラ、セクハラ、モラハラなどなど、職場で起こる問題は尽きません。それらの件数がここ最近増えてきて

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

自社商品(サービス)に誇りが持てない方へ

塾講師が忙しいだけなら別にいいんです。しかしオーバーワークのしわ寄せは全て授業のクオリティーに影響し

記事を読む

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

残業代を支払ってもらう権利主張について

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

「あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?」 の著者に思うこと

“「あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?」 配属先も未定なのに何を答えろというのか”

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑