同じ間違いを繰り返す理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について

Pocket

テストの結果を点数しか見ていない人は多い

皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあることであればともかく、基本的には避けて通れるならば通りたいもの、なんて思う人も多いのではないでしょうか。でも、テストが好きであろうとなかろうと、その結果がどうだったかはとても気になるものではありませんでしたか?点数に一喜一憂し、そして…それ以上は何もないというように済ませて来ていませんか?

61daf19019a721cc9a7ea51a10391f17_s

何が言いたいかと言うと、ほとんどの場合、振り返りをしていないのではないかと思います。もちろん、先生はテストの解説をするでしょう。でもそれは、次に同じような問題が出た時に答えられるようにしよう、ではなく、自分の点数がその点数で合っているのか、という所にのみ着眼しているようにさえ思えます。つまり、ほとんど振り返ってないわけです。

日本は“追試”というのを、点数が著しく低い子に対してやるのみで、それなりに点数が取れていれば無罪放免になります。この制度そのものが、今の学生の“PDCAサイクルの力のなさ”に繋がっている一つの大きな原因になっているような気がしてなりません。就活においても同様に、「私にフィードバックしてください!」という質問をよく受けます。そこである程度のフィードバックをするわけですが、それで終わりなのです。

結果しか見ていない人が同じ間違いを犯す

要するに、「結果を聞いて満足」なんだと思います。すると何が起こるかというと、何度も何度も同じ間違いを犯すのです。そんな馬鹿な、と思うかもしれませんが、就職活動の面接など、その典型です。“合格”や“不合格”といった結果を得て満足するのではなく、なぜ合格できたのか、また、なぜ不合格だったのか、そういったことに真摯に向き合えるかどうか、です。

残念ながらほとんどの面接のフィードバックを直接的に受けることは出来ませんから、その内容を周りの友人(理想は社会人)に話をして、何が良くて何が悪かったのかを振り返る必要があります。恐らくほとんどの就活生はこれをしていません。結果が出ていないのであればあるほど、これは必要です。さもないと、何度も何度も同じ間違いを犯すことになります。

多くの場合、“自分が欲しい結果”というものは簡単には出ません。いや、簡単に出るものをあまり欲しいと思わないでしょう。今一度この“PDCAの重要性”を認識して欲しいなと思います。

スポンサーリンク


関連記事

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

面接で話すネタがないと困っている人へ

今日は、面接で自分のことを話す際に非常に重要な要素である、経験・解釈・伝達についてお話をしたいと思い

記事を読む

身分不相応な憧れの企業から内定を取る方法

突然ですが、もしあなたが特定の誰かと「付き合いたい!」と思った時、今までどんな行動を取ってきましたか

記事を読む

【株】テクニカル分析は本当に無意味か

今日は年末なので(!?)少し趣向を変えた記事を(笑)今日は金融リテラシーについて最近思うことを書いて

記事を読む

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

どの分野の力を伸ばすべきかを見つける方法

みなさんご存知のイチロー。野球にかかわる多くの記録を塗り替えてきた彼を見て、皆さんはどんな気持ちにな

記事を読む

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

no image

何かを成し遂げたい時に覚えておきたいこと

○One piece (巻10) 著:尾田 栄一郎 「おれは剣術を使えねェんだコノヤロ

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

スカウトメールは嬉しい!?

転職サイトに登録していると届く“スカウトメール”。届くとついつい嬉しくなって開いてしまうことも多いか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑