就職に資格はどこまで役に立つのか

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について


就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M社のCMがとてもとてもキライです。「どんなにアピールしても、資格0」、だからダメ、みたいな。…すみません、世の中は真逆ですよ、と声を大にして言いたい。ハッキリ言いましょう。資格がないと法律で就いてはならないという職業を除き、資格を持っていることがアドバンテージになるかというと、ほとんどならないと言い切っても問題がないくらい、“資格”というのは関係がありません。でも、残念ながら多くの学生さん達は、「必要かもしれない」というように、少なからずあのCMに引っかかってしまうだろうという想像も付くからです。

その理由は大きく2つ。

d45af5afe74746ccc1dd73c20ffcb265_s

一つ目は、就職するのが難しいこと。

中々内定が取れない世の中になっていますから、なんか焦って“とりあえず”資格を取ろう、みたいな動きをする人は多くなるのではないかと思います。

二つ目は、学生自体が“一つの答え”を求める存在であること。

社会に出れば気付くことですが、世の中に“答え”というものが基本的に存在しないということを、基本的には理解せず、何か答えがあるはずと思っているのが学生さんだと思います。その“答え”が、目に見える“資格”というものにすがること。そう捉えてしまっても仕方がないかもしれないと、日本の教育を考えれば思います。そういった背景を踏まえてあのCMを打っているのですから、正直「どうなの?」と思います。

もちろん、その資格自体、悪いものだとは思いません。(むしろ、社会に出て実務を始めたときにはとても役に立つものでしょう)しかし、あたかも面接で絶対必要のように見せるのは確実に間違っています。少なくともこのブログをご覧になられた方は、就職活動のために資格を取ろうなんてことは思わないで下さい。

“資格”というのはあくまでツール。

最終的に見られているのはあなた自身に他なりませんよ。

P.S.
今年からか、別バージョンのCMもあって、そこでは“英語”よりもその資格の方が大事かのようなCMをしています。これについてもため息を付くばかりです。。。そんなその資格が素晴らしいですか?と思ってしまいます。

スポンサーリンク


関連記事

メディアリテラシーの必要性を改めて

「報道ステーションはニュースじゃない、“ニュース・ショー”だ」。この話は先日公開された「激論!長谷川

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

ありのままの自分で面接に臨んではいけない

面接をしていると、こんな考えを持っている方によく会います。「ありのままの自分を見て欲しい/ありのまま

記事を読む

リンクアンドモチベーションの提示する4つのP

リンクアンドモチベーションの方が“人材が組織に求め、組織が人材に提供できる4つのP”という考え方を記

記事を読む

no image

将来に不安があるのに行動できない理由

○鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」著:勝見明 提言47:人は「してもらった満足

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

no image

大切なものを失うと何かを得る

○ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン 何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りない

記事を読む

面接でコミュニケーション能力が高いと言ってはいけない

『コミュニケーション能力に自信があります!』というような話を面接でするのは微妙という話をしたことがあ

記事を読む

企業が新卒に求める能力より重要なもの

5年前の南アフリカでのワールドカップ。パラグアイ戦でPKとなり、最後の最後で駒野選手が外し、日本は敗

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑