就職に資格はどこまで役に立つのか

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために, 6.価値観・世界観について

Pocket

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M社のCMがとてもとてもキライです。「どんなにアピールしても、資格0」、だからダメ、みたいな。…すみません、世の中は真逆ですよ、と声を大にして言いたい。ハッキリ言いましょう。資格がないと法律で就いてはならないという職業を除き、資格を持っていることがアドバンテージになるかというと、ほとんどならないと言い切っても問題がないくらい、“資格”というのは関係がありません。でも、残念ながら多くの学生さん達は、「必要かもしれない」というように、少なからずあのCMに引っかかってしまうだろうという想像も付くからです。

その理由は大きく2つ。

d45af5afe74746ccc1dd73c20ffcb265_s

一つ目は、就職するのが難しいこと。

中々内定が取れない世の中になっていますから、なんか焦って“とりあえず”資格を取ろう、みたいな動きをする人は多くなるのではないかと思います。

二つ目は、学生自体が“一つの答え”を求める存在であること。

社会に出れば気付くことですが、世の中に“答え”というものが基本的に存在しないということを、基本的には理解せず、何か答えがあるはずと思っているのが学生さんだと思います。その“答え”が、目に見える“資格”というものにすがること。そう捉えてしまっても仕方がないかもしれないと、日本の教育を考えれば思います。そういった背景を踏まえてあのCMを打っているのですから、正直「どうなの?」と思います。

もちろん、その資格自体、悪いものだとは思いません。(むしろ、社会に出て実務を始めたときにはとても役に立つものでしょう)しかし、あたかも面接で絶対必要のように見せるのは確実に間違っています。少なくともこのブログをご覧になられた方は、就職活動のために資格を取ろうなんてことは思わないで下さい。

“資格”というのはあくまでツール。

最終的に見られているのはあなた自身に他なりませんよ。

P.S.
今年からか、別バージョンのCMもあって、そこでは“英語”よりもその資格の方が大事かのようなCMをしています。これについてもため息を付くばかりです。。。そんなその資格が素晴らしいですか?と思ってしまいます。

スポンサーリンク


関連記事

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

“本気”の伝え方、証明の仕方

その人が本気かどうかを測る方法 これまで数多くの面接をしてきましたが、ほとんどの場合、その面接のフ

記事を読む

面接で自分のやりたいことを言うときの注意点

先日、ある学生さん達の“業界研究中間発表会”なるものに参加してきました。「業界をしっかりと研究して、

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

面接で結果だけが評価されない理由

学生に「あなたが学生時代一番頑張ったことはなんですか?」って聞くと、どうしても直近の印象深い経験や、

記事を読む

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑