日本人が冒険心を持てない理由と対策

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 4.グローバル人材になるために

Pocket

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹介していました。これは20代に限らず、恐らく今生きているほとんどの年代において世界一低いのだろうとは思います。なぜ、こんなことになってしまったのか、原因を探っていきたい。

maita151201-chart02
出典:Newsweek

恵まれていること、教育、そして周りの人々

原因は大きく3つあると考えます。1つ目は、物質的に恵まれている状態であることです。もちろん格差というものは各個人間には存在するものの、他の諸外国の方々と比較して多くの場合、恵まれています。万能ではありませんが生活保護の制度もありますし、憲法で定めている最低限の生活レベルというもの自体が、諸外国と比較して高いことは間違いありません。何より「現状維持で構わない」というような言葉が出てくる人が多いというのも、今の生活自体に満足していて、それ以上を冒険してでも手に入れたいと思うような思考にならないことはごくごく普通のことでもあろうかと思います。

2つ目は、教育です。ご存知の通り、日本の教育システムは問題の答えを覚えて回答するというスタイルのものが主流となっています。つまり、回答は必ず正解か不正解かとなり、いわゆる減点方式となっています。このような教育システムであれば、「いかに不正解(失敗)を出さないか」ということが長年に渡って刷り込まれており、その感覚を払拭することなど日本の教育を受ける以上、非常に難しいわけです。

最後3つ目は、上記2点の影響を受けている人が周りに溢れているということです。「自分がよくコミュニケーションを取る10人の平均が自分」という話をしますが、自分がよくコミュニケーションを取る10人に、「失敗するから止めたほうが良いよ」というような話をされれば、当然冒険などするわけがありません。そのような人で塗り固められた環境では、冒険心など生まれるわけがないのです。

日本人に冒険心は必要なのか

では、冒険心がないままでも良いのかというと、これからの時代においては非常に難しくなると私個人としては思っております。その背景にあるのは、日本が経済成長していないからに他なりません。日本が経済成長していない理由はHello to the First Visitorでも紹介しておりますので割愛しますが、これから“時代に合わせて変化していく”ということが何よりも重要なキーワードになっていきます。その“変化”というものに対応していく力こそ“冒険心”であるわけですが、その“冒険心”というものが世界最低なわけです。

では、明日からその“冒険心”を持とう!と思っても、持てるわけではないですし、何よりこれまで“冒険”をしてこなかった人が突然“冒険心”を発動するのは、バク転をやったことがない人が突然バク転をやろうとするくらい危険なものだとも思います。ではどうすれば良いのか。

健康のために禁煙すべきと分かっていながら禁煙ができない人と同じ

まず始めるべきは、自分が致命傷を絶対に負わない範囲で“冒険心”を発揮していくことです。そして、その範囲を少しずつ広げていく、ということを繰り返し行っていくこと以外にありません。重要なのは、“範囲を少しずつ広げていく”という点。いつまでも同じくらいのリスクを負っているだけでは、成長はありません。

また、これが企業においては、トップまたはそれに準ずるような人ほどこれについて腹落ちさせ、従業員に“冒険心”を持たせる範囲を広げていく努力をしていく必要があります。もっと言えば、これができない人材は出世できないくらいの覚悟を持たなければならないと思います。企業経営において、冒険心を持って“挑戦”していかなければならないことは自明の理であることはよくご存知のはず。それでもできないのは、健康のために禁煙すべきと分かっていながら禁煙ができない人と同じようなものです。つまり、本気で将来のことを考えて行動していないのです。

最後に、自分ではどうしても“冒険心”を持てないという方に、“冒険心”を持っている人に頼る、ということをオススメして終わろうと思います。全てを自分でやる必要はない、という話を同サイト内で再三してきておりますし、そういった方がいても良いとは思います。ただ、頼ろうともせず現状維持をしようとすればするほど、これからの時代は生きづらくなる、ということは覚えておいた方が良い事だと思います。

スポンサーリンク


関連記事

日本がアジアの国々と共に発展するために必要なこと

早いものでプノンペンに来て5日目。明日はアンコールワットのあるシェムリアップに移動するので、プノンペ

記事を読む

先見性を養うためには

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015

記事を読む

投資より貯金は思考停止している証拠?

投資の話をすると、「いや、そもそも投資をするお金がないんです」という反応が返ってきます。そういう人に

記事を読む

新年の挨拶のネタで“箱根駅伝”を使う前に

あけましておめでとうございます。今日から仕事始めという方も多いのではないかと思いますが、皆様はどのよ

記事を読む

毎日がつまらない中年男性72%

嵐の大野くんが出演しているドラマ「世界一難しい恋」を妻が昨日見ていたのを横目で見ていました。内容につ

記事を読む

楽な仕事・楽な業界へ転職するのはありか

今の仕事が激務すぎて楽な仕事・業界はないものか…と探した経験がある方もいらっしゃるかもしれません。昨

記事を読む

何かが足りないのは良い事だ

皆さんは京都にある龍安寺 の石庭をご存知でしょうか?多くの人は修学旅行か何かで一度は訪れているのでは

記事を読む

成功の近道は若いうちからの挑戦

○石川遼が2位に浮上、首位は朴相賢…男子ゴルフ ゴルフ・トップ杯東海クラシック第2日(2日・愛

記事を読む

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑