自己PRを考える時に押さえておきたいポイント

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために

Pocket

あなたの得意なことはなんですか?サッカーやバスケのようなスポーツを挙げる人もいれば、歌や楽器の演奏などの音楽関連のものを挙げる人、また、人をまとめることや誰かの面倒を見ることが得意、という人もいるかもしれません。そして多くの場合、上記のような事柄を面接で自己PRとして言う。そういった就職活動をしている人も多いのではないでしょうか?もちろん、これらの事柄を自己PRで話すな、という話をしている訳ではありません。しかし、それらの話をする前にちょっとだけ立ち止まって欲しいのです。

dd49e0bbb1e700ad1f7a4189e298da6d_s

得意は、比較対象が変わると得意と言えなくなる可能性がある

…とその話をする前に、得意なことの話に少し戻ります。ちなみに皆さんが挙げた得意なことですが、なぜ、皆さんはそれらを得意と感じるのでしょうか?答えは実はシンプルで、今まで関わってきた人たちの中で、その事柄を評価してもらえることが多かったからではないでしょうか?例えば、サッカーが得意と思っている人は、今まで関わってきた人の中で、サッカーが上手いと評価されてきた、だから、得意と思うのではないでしょうか?

このように、人は比較対象がないとそれが良いのか悪いのかが分かりません。だから、得意と思っているということは、今までの人と比べてきて、その中で自分が評価されやすいものは何なのか、という視点で物事を考えているに他ならないのです。もっと言えば、サッカーが得意と言っている人が、レアルマドリードに入ったらどうなるでしょう?そういった中でも「サッカーが得意」と言い続けることが出来そうでしょうか?多くの人は難しいのではないかと思います。つまり、たとえ自分が得意と思っていることでも、比較対象が変われば変わるということを念頭に置いておく必要がある訳です。

自分のアピールしようとしていることは相手が求めていることなのか

さて、本題の就職活動の話に戻るのですが、冒頭の話をする前に、その得意なことを求めている会社なのか?また、仮に求めているとして、同じような魅力をアピールしてくる他の人と比較してどうか?ということを考えて欲しいのです。これらが“先方”にとってどう映るか、というところが非常に重要なところで、自分が得意かどうかというところは実はあまり関係のないところだったりします。つまり、自分が魅力的であるかどうかは自分が決めるのではなく、相手が決めるのですから。

この部分が分からずに、とりあえず数打ちゃ当たる的な就職活動をやっている学生さんを沢山見ます。それでは運に任せているのと同じです。相手が何を求めているか?これを本気で見極めていこうとする人が、いざ仕事をする際にも活躍できると思っています。ちなみにここでいう本気とは、自分一人の力だけでなく、色んな人の力を借りてでも、相手のことを知ろうとすること。自分だけが頑張ればいいという時期は就職活動前までです。是非、その辺りを頭の片隅に入れて、就活を進めていってください。

スポンサーリンク


関連記事

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

面接官が面接で見ているポイント

○<就活>廃止論 著:佐藤孝治 学生の中にも表面だけ見たら成功している人はたくさんいま

記事を読む

志望動機で“商品・サービスのファン”はありか

「私は人々に夢や希望を与えられる仕事をしたいと思っています。なので、第一志望は“オリエン○ルランド”

記事を読む

面接に遅刻したら

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で

記事を読む

no image

面接では第一印象が本当に重要

皆さんはリアルアキバボーイズ(RAB)というダンスグループをご存知でしょうか。見た目アキバ系、でも、

記事を読む

面接で見ているのは実績?プロセス?

「私は○○で全国大会に出場し、ベスト○という成績を収めました!」こういったことを話せる学生さんは、面

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

面接時の質問で求職者の評価が変わる

営業利益率を聞かれた面接官が思うこと 「御社の営業利益率は何%ですか?」こんな質問をして来た求職者

記事を読む

リンクアンドモチベーションの提示する4つのP

リンクアンドモチベーションの方が“人材が組織に求め、組織が人材に提供できる4つのP”という考え方を記

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑