自分と合わない人との仕事の進め方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

「学生と社会人の違いは、自分と合う人とだけ関わっていられるか、そうでないか」というような話を聞きます。これは独立して仕事をするというような選択をしない限り、ほぼ真実なのではないかと感じます。「仕事なんだから当たり前」というような声が聞こえてきそうですが、そうは言っても自分とは合わない人はいるわけです。

42e7d4fd8cfec65922cbfa76d4e1ebba_s

自分と合わない、は価値観の相違なのか?

「自分とは合わない」という言葉はよく聞く言葉ではありますが、その中身について吟味されていることがあまりないように思えます。そもそも「自分とは合わない」というのはどういうことなのか。例えば、自分の“価値観”と合わないという話なのか。そうであれば、自分と合う人というのは「自分の価値観と合っている人」となるのだろうか。実際に考えてみてください。あなたが「自分と合う」と感じるのは、あなたと価値観が合っているからですか?














いかがでしょうか?もちろん、自分と同じような価値観を持っている人を“自分と合う”と思うケースもあろうかと思いますが、全ての人が必ずしも“価値観”があっている人ではないのではないでしょうか。そう、自分と合う、合わないは、実は“価値観の差”ではないのではないかという疑問が出てくるわけです。では一体何の差なのでしょうか。

楽しみを目的とする人と勝つことを目的とする人が共存できるか

話は変わりますが、よくあるスポーツマンガか何かで強くなっていく系のものってありますよね。そういった際によくあるシーンとして描かれるのが、旧体制派と新体制派。その対立の中身は、純粋にスポーツを楽しみたい旧体制派と、勝つためにスポーツをする新体制派であることがほとんどなのではないかなと思います(両立を目指すように描いていることが多いですが)。実際にこの“楽しみたい”と思っている人と、“勝ちたい”と思っている人がチームの中で共存することは可能だと思いますか。

もちろん、気持ちの中では両立させたいと私も思いますが、本気で“勝つ”という方向に舵を切るのであれば、“楽しみたい”を第一優先にしたい人は排除すべきだと思います。勘違いしていただきたくないのは、楽しんではいけないというわけではない、という点です(勝つことが楽しいという人もいるでしょうし)。大事なのは、優先順位。“勝つ”を優先順位の1位に持ってくるかどうか、というところが握れなければ、“勝てるチーム”にはなれないでしょう。

目的を絶対的なものにしなければ議論は進まない

話を戻すと、自分と合わないかどうかというところの判断は、それぞれの人が考えている“目的”が違うと引き起こされる事象なのではないかという仮説が立ちます。その“目的”というのも、その人の持つ“価値観”に起因することが多いので、“価値観”を全面的に否定することはできませんが、影響があるのは間違いないでしょう。兎にも角にも、どういった“目的”でコトをするのか、というところをお互いに明確にすることが、お互いに気持ちよくコトを進められるのではないかと思います。

そして何より大事なのが、その“目的”こそが各人の“価値観”を上回る存在にしなくてはならないということです。その“目的”こそが何よりも優先すべき事項であり、個々人の“価値観”は二の次。それをルールにできなければこの理論は崩壊します。すると、物事を決めるときには「私は○○と思う」という発言ではなく、「目的に照らし合わせると○○だと思う」という発言に変化するはずです。議論というものは、個々人の価値観をぶつけ合っているだけでは絶対に前に進まないものなのです。

スポンサーリンク


関連記事

問題を全て自分で抱え込んでしまう人へ

皆さんにとって、コネってどういうイメージがありますか?そう、「あれってあの人のコネでそうなったんだよ

記事を読む

自社商品(サービス)に誇りが持てない方へ

塾講師が忙しいだけなら別にいいんです。しかしオーバーワークのしわ寄せは全て授業のクオリティーに影響し

記事を読む

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを目指すべき

2012年の8月に発売した“ドラクエ10”。それまではゲームを卒業していたのに、それでゲームに復帰し

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

残業はしたくないけど残業代は欲しい件

「長時間労働は悪だ!」「サービス残業なんてありえない!」という声と共に、長時間労働、残業に関する問題

記事を読む

定性的な目的にKPIを設定する方法

KPI(Key Performance Indicator) 目標達成プロセスの実施状況を計測

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑