自分と合わない人との仕事の進め方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 3.マネジメント人材になるために

Pocket

「学生と社会人の違いは、自分と合う人とだけ関わっていられるか、そうでないか」というような話を聞きます。これは独立して仕事をするというような選択をしない限り、ほぼ真実なのではないかと感じます。「仕事なんだから当たり前」というような声が聞こえてきそうですが、そうは言っても自分とは合わない人はいるわけです。

42e7d4fd8cfec65922cbfa76d4e1ebba_s

自分と合わない、は価値観の相違なのか?

「自分とは合わない」という言葉はよく聞く言葉ではありますが、その中身について吟味されていることがあまりないように思えます。そもそも「自分とは合わない」というのはどういうことなのか。例えば、自分の“価値観”と合わないという話なのか。そうであれば、自分と合う人というのは「自分の価値観と合っている人」となるのだろうか。実際に考えてみてください。あなたが「自分と合う」と感じるのは、あなたと価値観が合っているからですか?














いかがでしょうか?もちろん、自分と同じような価値観を持っている人を“自分と合う”と思うケースもあろうかと思いますが、全ての人が必ずしも“価値観”があっている人ではないのではないでしょうか。そう、自分と合う、合わないは、実は“価値観の差”ではないのではないかという疑問が出てくるわけです。では一体何の差なのでしょうか。

楽しみを目的とする人と勝つことを目的とする人が共存できるか

話は変わりますが、よくあるスポーツマンガか何かで強くなっていく系のものってありますよね。そういった際によくあるシーンとして描かれるのが、旧体制派と新体制派。その対立の中身は、純粋にスポーツを楽しみたい旧体制派と、勝つためにスポーツをする新体制派であることがほとんどなのではないかなと思います(両立を目指すように描いていることが多いですが)。実際にこの“楽しみたい”と思っている人と、“勝ちたい”と思っている人がチームの中で共存することは可能だと思いますか。

もちろん、気持ちの中では両立させたいと私も思いますが、本気で“勝つ”という方向に舵を切るのであれば、“楽しみたい”を第一優先にしたい人は排除すべきだと思います。勘違いしていただきたくないのは、楽しんではいけないというわけではない、という点です(勝つことが楽しいという人もいるでしょうし)。大事なのは、優先順位。“勝つ”を優先順位の1位に持ってくるかどうか、というところが握れなければ、“勝てるチーム”にはなれないでしょう。

目的を絶対的なものにしなければ議論は進まない

話を戻すと、自分と合わないかどうかというところの判断は、それぞれの人が考えている“目的”が違うと引き起こされる事象なのではないかという仮説が立ちます。その“目的”というのも、その人の持つ“価値観”に起因することが多いので、“価値観”を全面的に否定することはできませんが、影響があるのは間違いないでしょう。兎にも角にも、どういった“目的”でコトをするのか、というところをお互いに明確にすることが、お互いに気持ちよくコトを進められるのではないかと思います。

そして何より大事なのが、その“目的”こそが各人の“価値観”を上回る存在にしなくてはならないということです。その“目的”こそが何よりも優先すべき事項であり、個々人の“価値観”は二の次。それをルールにできなければこの理論は崩壊します。すると、物事を決めるときには「私は○○と思う」という発言ではなく、「目的に照らし合わせると○○だと思う」という発言に変化するはずです。議論というものは、個々人の価値観をぶつけ合っているだけでは絶対に前に進まないものなのです。

スポンサーリンク


関連記事

新規プロジェクトの進め方で外してはならないこと

“複数の人を巻き込んで1つのプロジェクトを成功させる。”企業においてルーティンで行われていることも含

記事を読む

組織を改善・改革するためには

「なんでうちの会社は○○(不満)なんだ。」組織というものに所属している以上、100%満足していられる

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

面接でストレス耐性を見抜くよう腐心している方へ

「ストレスに強い人が欲しい」みなさんの中で、この意見に反対の人はどれくらいいるでしょうか? おそらく

記事を読む

多くの企業で副業・兼業が禁止されている理由

もっと兼業や副業を認めて、多くの人が複数の働き方ができるようにすることだ。ここでいう兼業には、他の会

記事を読む

残業はしたくないけど残業代は欲しい件

「長時間労働は悪だ!」「サービス残業なんてありえない!」という声と共に、長時間労働、残業に関する問題

記事を読む

専業主婦の妥当な年収の記事を受け

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた

記事を読む

no image

組織の譲れない価値観の作り方

多様性のマネジメントは大変難しいもので、究極的には相容れない価値観もあります。だから私は、逆説的かも

記事を読む

メルカリのmerci box(メルシーボックス)について思うこと

フリマアプリを運営するメルカリが産休・育休あわせて約8ヶ月分の給与を100%保障する「merci b

記事を読む

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑