先見性を養うためには

Pocket

先週いっぱいで仕事納めの方もいらっしゃったようですが、多くの方が今日が仕事納めのようですね。2015年もお疲れ様でした。同サイトについても本記事が年内最後の記事となります。また年明けよりよろしくお願いいたします。

さて、2015年最後の記事は、年末年始ということで“先見性”についての記事を書いていきたいと思います。

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

2016年はどんな年になるでしょうか。世間ではそんな話題で持ちきりですね。未来のことなんて誰にも分からないはずなのですが、ビジネスにおいて、ひいては、リーダーには“先見性”という力が求められているわけです。“先見性”を持つにはどうしたらいいのかということを改めて考えてみたいと思います。

賢者になれなくても歴史を知ろうとする努力が大事

まずはじめによく言われていることから。それは、“歴史を学ぶこと”です。“歴史は繰り返す”とよく言いますが、人は同じ過ちを必ずする生き物であることを歴史が証明しています。“愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”と言いますが、残念ながら多くの人は愚者であることが多い。最終的には“愚者”かもしれないけれども、“賢者になろうとする努力”=“歴史を知ろうとする努力”は“先見性”を養うという意味では非常に重要なポイントの一つであることは間違いないでしょう。

トレンドを絶対に軽視しない

次に挙げられることは、“トレンドを軽視しない”ということ。先の株の記事でも言及いたしましたが、世の中は“慣性の法則”が必ず働いていると思います。一度特定の“トレンド”が起こると、簡単にその“トレンド”が逆回転することはそうないということです。ビジネスにおいて気にしなくてはならない日本における最大の“トレンド”は、“少子高齢化”です。今後ビジネスを展開する上で、この“トレンド”だけは無視して通れません。その“トレンド”を踏まえてどのように動くか、それをしっかりと踏まえて動く必要があります。

最後はご自身の専門分野に落とし込む

最後に挙げられることは、上記2点を踏まえた上で、ご自身の専門分野がどのようになっていくのかということを、ご自身の頭で考えることです。私の専門分野である“人事”という分野で言えば、間違いなく“人不足”がどの企業でも起こってくることは間違いなく、売り手市場がこれから先、少なくともオリンピックくらいまでは続くようになるかと思います。また、長時間労働等の社会問題を解決するよう、ワークシェアリングの方向に徐々に向かうことになるだろうという予想はしています。ただ、それによって各人の収入減ということも想定され、今後その点について各人が考えなくてはならないフェーズになるのではないか、なんていうことを考えているところではあります。

これらはもちろん私の“予想”でしかありません。ただ、そういった“予想”をベースとして、今後どのようなビジネスが成り立ちそうか、その上で今何をしておくべきなのか、そして、それらをしっかりと実行していくことが何より大事なことのように思えてなりません。

まとめ

“先見性”というのは、歴史で起きたことを認識しながら、トレンド(大枠)を掴み、自分の専門分野に落とし込んでいくという一連の作業のように思えます。年末年始ということで、このようなことを考えられる良い機会ではないでしょうか。是非、2016年も実りある1年にしていただければと思います。良いお年をお過ごしください。

スポンサーリンク


関連記事

願い事がないことのヤバさ

出典:ドラゴンボール 「さあ願いを言え、どんな願いも一つだけ叶えてやろう。」おなじみ(?で

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

転職活動は在職中にこだわった方が良い理由

「仕事を辞めるのは、絶対に次(転職先)が決まってから」と言う方は多いと思います。実際にその通りだと思

記事を読む

新卒が会社を辞める前に知っておくべき事実

294,500,000円があったら何を買いますか? 294,500,000円。この数字が何を意

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

英語を活かす転職の需要は少ないという事実

GWも明けましたね。何処かに出掛けられた方、ゆっくり過ごされた方、それぞれかと思います。2日と6日を

記事を読む

海外で働くのに本当に英語は必須なのか?

「日本では当たり前だった『あうんの呼吸』が通じない。自分の中途半端な英語で、従業員と成長課題などを話

記事を読む

メディアリテラシーと海外経験

カンボジアの首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップに移動して2日目。シェムリアップの

記事を読む

歳をとる度に気をつけたいこと

先日の出張の帰りの新幹線の中で、どこからともなくゲームの音が聞こえてきました。「子供かな…」と思って

記事を読む

“自分なりに考える”ことができない部下後輩がいると考える方へ

後輩や部下に「自分で考えてから相談しに来い」と言ったことはないでしょうか。そして、その後輩や部下なり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑