副業で稼ぐ近未来の当たり前

公開日: : 最終更新日:2016/01/08 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

“ウバライゼーション”という言葉をご存知でしょうか。ウーバー(Uber)というタクシー配車サービスで、タクシードライバーでない人間もドライバーとして登録ができ、乗りたい人とドライバーをマッチングさせるというサービスです。日本では東京の一部のみ(2016年1月現在)のようですが、世界的には非常に広まっているサービスの代表格。

このサービスの着眼点としては、“使っていない車”“余っている時間”をスマホなどのデジタルツールによって必要とされる人をつなげられているという点です。サービス内容は違いますが、Airbnbのサービスについても同じことが言えます。こういったビジネスが台頭してきている現象を、“ウバライゼーション”と呼ぶそうです。

05c6b73c-0921-11e2-9c10-00262d0af68e_original

“空いている何か”をデジタルで繋げる

UberやAirbnbが代表的な“ウバライゼーション”のように思われていますが、要は“空いている何か”を有効活用してきているビジネスはこれまでにも存在しています。例えば、航空会社が空いている席を格安で提供するというのも、空気を運ぶより(空席のまま飛ぶより)良いという側面からでしょう。

また、航空会社のような分かりやすい例だけでなく、日本駐車場開発という企業が行っているのは、駅前などに位置し、駐車場を持つ企業に対して営業をかけ、使っていない駐車スペースをまとめ借りし、周辺のコインパーキングよりも安く貸し出すようなサービスで上場している企業があったりします。このように、“空いている何か”を有効活用するような流れは、ここ数年で爆発的、しかも世界的に進みつつあるのが昨今のトレンドではあります。

法規制があることは多いが、ユーザーに確固たるニーズがあれば流行る

ただ、Uberなどのサービスが手放しで世界に受け入れられているかと言えば、そうではないのが実態です。多くの国で、それぞれの法規制に引っかかっており、それらとの兼ね合いをどのように付けていくのかがこれからの課題です。しかし、法規制がどのようなものであろうとも、そこにユーザーに確固たるニーズが存在してくれば、法規制があろうとも行政が無視することはできなくなるでしょう。その最たる例が現在のAirbnbですね(2020年のオリンピックに向けて、圧倒的に宿泊施設が足りない)。

このような流れを受けて、多くの企業が“ウバライゼーション”の発想を持ってサービスを展開していくことになるでしょう。そういった“ウバライゼーション”に基づいたサービス、「私には関係ない」と思ってしまうと、非常に大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

サービス初期段階で“提供者”になれば、大きな先行者利益も

“ウバライゼーション”のビジネスの多くは、CtoC(コンシューマー トゥ コンシューマー)であることも非常に多くあります。もちろん、あなた自身がそのサービスの“利用者”になることはもちろんですが、サービスの“提供者”にもなり得るということです。副業というものが基本的には認められないのが正社員ではありますが、場合によってはこのようなサービスを利用してお金を稼いでいくということが当たり前の時代が来る可能性が出てきているとも考えられます。企業に定年まで勤めることが当たり前と考えられていた時代ではもうないのが事実である以上、このような選択肢をきちんと把握しておくということは非常に重要なことではないでしょうか。

また、これはサービスの“提供者”になる上で非常に重要なことですが、そのサービスが流行る前にいかに早く“提供者”になるかというのは非常に重要です。もちろん、そのサービスが流行るかどうかはもとより、そのサービス自体が法規制によって禁止されるという可能性もあります。そのような様々なハードルを越えてはじめて流行るようになるわけですが、そういった際の先行者利益は非常に大きいものになるのです。なので、そういったサービスが始まった際には、「とりあえずやってみる」ということは非常に大事なことになってくるでしょう。

とりあえずやってみることの重要性

「とりあえずやってみる」ことは、実は先行者利益を得られる可能性を得るということに留まりません。先行者であれば、それをこれからやってみたいと思う人に対して、それらのアドバイスができる人にもなり得ます(実はそういった形で儲けられる可能性もあるわけです)。ゴールドラッシュで一番儲けたのは、実際に金を掘る人ではなく、その周辺産業(スコップ等の製造メーカーや、作業服(ジーンズなど)の製造メーカー)こそ儲かったという話もあるわけです。

このように、“ウバライゼーション”に着目し、「とりあえずやってみる」ことはどのように転んだとしても大事なことのように思えます。私も引き続き、世の中の“ウバライゼーション”化に着目し、必要とあればこちらで発信して参りたいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

SMAP解散事件をケーススタディとして捉える

SMAPが解散しないことになりましたね。青春時代をSMAPと共に歩んできたと言っても過言ではない世代

記事を読む

転職のミスマッチを防ぐため?

転職によるミスマッチを防ぐために3ヶ月間のトライアル期間を設けて入社するかどうかを決める「TRYOU

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

成功の近道は若いうちからの挑戦

○石川遼が2位に浮上、首位は朴相賢…男子ゴルフ ゴルフ・トップ杯東海クラシック第2日(2日・愛

記事を読む

どうしても完璧主義になってしまう人へ

突然ですが、皆さんはドラクエⅢをやったことはありますか?キヨカワ世代だと、ファミコンカセットでよくふ

記事を読む

スタートアップ企業に転職すると起こる衝撃

大手企業からベンチャー企業やスタートアップ企業へ転職するとどうなるのか。もちろん、それぞれの企業の定

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

投資より貯金は思考停止している証拠?

投資の話をすると、「いや、そもそも投資をするお金がないんです」という反応が返ってきます。そういう人に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑