英語を活かす転職の需要は少ないという事実

公開日: : 最終更新日:2016/05/10 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

GWも明けましたね。何処かに出掛けられた方、ゆっくり過ごされた方、それぞれかと思います。2日と6日を休めばかなりの長期間のお休みになった今回のGWですが、このような長期のお休み且つこのGWという時期柄、自分自身のキャリアについて改めて考えるという方も多いようです(某転職サイトもこのGW明けを狙って?なのかCMをバンバン流していますしね)。そんな中だからなのか、こんな記事を見かけました。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

英語の需要は少なく、マネージャーや営業経験が欲しい

“英語は需要少 アラサーの転職市場で価値高める経験は2つ”。このタイトルで記事が上がっていたのは日経WOMAN。昨日の記事でも“重要なのは英語ではない”という旨の話をしていますが、ここでも改めてそれが言い直されているように思えます。いや、記事の話を正確に申し上げれば、「ビジネスシーンでの英語利用の十分な経験がないと、ほかの候補者との圧倒的な差別化にはなりません」という話。ただ単純にTOEICが何点だから~ということはあまり求められていないということです。

それよりも求められていることということとして、“マネージャー経験(部下の育成経験)”や“営業経験”というものが挙げられていました。恐らく多くの会社において、「確かにそのポジションは欲しいな…」と思うようなところではないでしょうか。何度も当サイトで申し上げていますが、転職するにしても何にしても大事な考え方として必要なのは“需要と供給”の考え方です。世の中から必要とされるスキルや経験(需要)に、自分自身のスキルと経験(供給)を考えた上で、需要の方が勝っているところをきちんと伸ばしていくことがこれからのキャリアを考えていく上では本当に重要なことです。

自分のキャリアを0から考えてもいい時期

このようなことを言いながらも、先日の記事でも申し上げたとおり、今は非常に転職等がしやすい環境にあることは間違いありません。ともすると、自分自身が今までは考えもしなかった企業から内定を貰うなんていうことも起きやすい時期であるわけです。そういった意味でも、異業種・異職種への転職さえ考えられる、自分のキャリアを0から考えてもいい時期のように思えます。そのようなことを考えた際に、本気でこれからどのように自分自身のキャリアを積んでいくべきかを真剣に考えてみる価値のある時期とも言えます。

今のこの景気はまず持って東京オリンピックまでです。それまでの時期にオリンピック後においての自分自身の身の振り方をしっかりと考えておくことが本当に大事な時期に差し掛かってきていると思います。目先でやりたい仕事を選ぶことも大事ですが、長期間に渡って働くつもりであるならば、オリンピック後のことを考えておくことはしておいて絶対に損はないことです。ご自身のキャリアについてしっかりと向き合ってみる一つの機会にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


関連記事

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

プレイングマネージャーってどうなの?

マネジメントをしながらも、一プレイヤーとしても活躍を求められる。いわゆるプレイングマネージャーという

記事を読む

副業で稼ぐ近未来の当たり前

“ウバライゼーション”という言葉をご存知でしょうか。ウーバー(Uber)というタクシー配車サービスで

記事を読む

仕事を辞める決断をする前に知っておくべき事実

ある程度掘れば温泉が出るという事実 多くの方が好きであろう“温泉” 関東地方であれば

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 後編

2016年1月から5月までの世界経済を振り返るシリーズ?も本日で最後です。最後の記事は“振り返る”と

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

転職活動は在職中にこだわった方が良い理由

「仕事を辞めるのは、絶対に次(転職先)が決まってから」と言う方は多いと思います。実際にその通りだと思

記事を読む

何かが足りないのは良い事だ

皆さんは京都にある龍安寺 の石庭をご存知でしょうか?多くの人は修学旅行か何かで一度は訪れているのでは

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑