英語を活かす転職の需要は少ないという事実

公開日: : 最終更新日:2016/05/10 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

GWも明けましたね。何処かに出掛けられた方、ゆっくり過ごされた方、それぞれかと思います。2日と6日を休めばかなりの長期間のお休みになった今回のGWですが、このような長期のお休み且つこのGWという時期柄、自分自身のキャリアについて改めて考えるという方も多いようです(某転職サイトもこのGW明けを狙って?なのかCMをバンバン流していますしね)。そんな中だからなのか、こんな記事を見かけました。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

英語の需要は少なく、マネージャーや営業経験が欲しい

“英語は需要少 アラサーの転職市場で価値高める経験は2つ”。このタイトルで記事が上がっていたのは日経WOMAN。昨日の記事でも“重要なのは英語ではない”という旨の話をしていますが、ここでも改めてそれが言い直されているように思えます。いや、記事の話を正確に申し上げれば、「ビジネスシーンでの英語利用の十分な経験がないと、ほかの候補者との圧倒的な差別化にはなりません」という話。ただ単純にTOEICが何点だから~ということはあまり求められていないということです。

それよりも求められていることということとして、“マネージャー経験(部下の育成経験)”や“営業経験”というものが挙げられていました。恐らく多くの会社において、「確かにそのポジションは欲しいな…」と思うようなところではないでしょうか。何度も当サイトで申し上げていますが、転職するにしても何にしても大事な考え方として必要なのは“需要と供給”の考え方です。世の中から必要とされるスキルや経験(需要)に、自分自身のスキルと経験(供給)を考えた上で、需要の方が勝っているところをきちんと伸ばしていくことがこれからのキャリアを考えていく上では本当に重要なことです。

自分のキャリアを0から考えてもいい時期

このようなことを言いながらも、先日の記事でも申し上げたとおり、今は非常に転職等がしやすい環境にあることは間違いありません。ともすると、自分自身が今までは考えもしなかった企業から内定を貰うなんていうことも起きやすい時期であるわけです。そういった意味でも、異業種・異職種への転職さえ考えられる、自分のキャリアを0から考えてもいい時期のように思えます。そのようなことを考えた際に、本気でこれからどのように自分自身のキャリアを積んでいくべきかを真剣に考えてみる価値のある時期とも言えます。

今のこの景気はまず持って東京オリンピックまでです。それまでの時期にオリンピック後においての自分自身の身の振り方をしっかりと考えておくことが本当に大事な時期に差し掛かってきていると思います。目先でやりたい仕事を選ぶことも大事ですが、長期間に渡って働くつもりであるならば、オリンピック後のことを考えておくことはしておいて絶対に損はないことです。ご自身のキャリアについてしっかりと向き合ってみる一つの機会にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


関連記事

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

複数内定が出て迷うときに

最近、立て続けに転職相談を受けています。その転職相談の内容は、「A社からもB社からも内定をもらってい

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

不満でも会社を辞めずにいれば良い事あるのか

本当に残酷な転職マネー版グリム童話「ヤメ・ソーヤーの冒険」 不満だらけでも辞めずに残った男が手にす

記事を読む

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 前編

長期的に物事を見よう、という上で欠かせない要素の一つに、“世界経済の大枠の流れを掴む”という項目があ

記事を読む

自己分析におけるタイプ別診断の穴

昨日キャリア教育に関しての記事を上げ、“自己分析”というものにフォーカスされすぎている点を問題視しま

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑