専業主婦の妥当な年収の記事を受け

Pocket

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた方が一番多かったことに対し、男性が0円と答えた方が多かったという結果を公表していました。基本的に「0円なんてありえない!」という想定通り発言が相次ぐ中、「主婦労働は0円が正しい」とその風潮を真っ向からぶった切るようなタイトルが目に飛び込んできました。

874b0bb333b38e492871ae7281ea70b7_s

前提が合っていないからかみ合わない

同記事の内容を読んでみると、「主婦労働は仕事のように“やってもやらなくてもいいこと”ではなく、誰もが“やらなくてはならないこと”であり、重要なことではあるものの、お金に換算されるべきものではない」というような趣旨になっていました(これでは少し言葉足らずなので、詳細を知りたい方は同タイトルで検索してみてください)。まあ、このような前提を聞いたとしても、「0円た正しい」という答えは間違っていますね。「金額で換算すべきではない」とすべきでしょう。つまり、このタイトルは完全に“釣り”だったわけです(見事にひっかかりました・笑)。

さて、今回、「主婦労働は0円が正しい」という私の感覚としてはあり得ない意見が出てきたことに対して、その発言の背景を知ることが文章を通じてできたわけですが、多くの場合、そのような背景、言い換えれば前提となっていることを知ることもなく、表面的な「主婦労働は0円が正しい」ということだけが一人歩きする傾向があります。そうなってしまうとどうなるかと言えば、私と同じように「それはあり得ない」と思っている人からは一切支持されないどころか、聞く耳をそもそも持たれなくなります。もし、そのような人と何か議論をしたとしても、議論は一切かみ合わないまま議論にならないでしょう。

前提を無視した表面的な意見は無意味

さて、今日の本題。“表面的な意見”がいかに意味を成さないかということが今回の記事を通じてお分かりになるのではないかなというところです。なぜ、そのような意見が出てきているのか、その前提となっているのは何なのか、ということが明確にならなければ、その“表面的な意見”の真意は見えてこないわけです。もっと言えば、表面的な意見は合っていても、同床異夢といった言葉が表すよう、それぞれの真意はまったく別の所にあったりすることもありますし、逆もまた然りです。だからこそ、一つの意見に対して、なぜ、そのような意見が出てきているのか、その前提となっているのは何なのかということを明確にする必要が絶対的にあるわけです。

このようなことがよくできない現場というのが、“会議”という場です。一人ひとりの前提がバラバラであるからこそ、的外れな意見が出たり、決まるべきことが決まらないというようなことが起こってきます。これを時間の無駄と言わずになんと言うでしょうか。とはいえ、一つ一つの意見に対して、「そのような意見にある前提は何か?」というように聞いていくのも時間がかかって仕方がありません。ではどうすれば良いでしょうか。

前提を共有することは、目的を明確にすること

その答えは単純な答えになりますが、「会議の目的は何なのか」ということが会議参加メンバーに周知徹底されているかどうかという点になろうかと思います。以前のブログでも挙げていますが、「個人的に○○と思う」というような、“個人的”という言葉を会議体で出すのは非常にレベルが低いと言わざるを得ません。それは言うなれば、「自分の前提で意見を言うのであれば」と同義であり、「会議の目的に沿っていない可能性があるが」という発言とも同義なわけです。会議においては、「会議の目的である○○を達成するためには○○ではないでしょうか」という発言になるはずです。

まとめると、人が発信する意見というのは、必ず何らかの背景、前提が存在するということです。そして、それらをまとめなくてはならないような会議のような場では、一人ひとりの前提を確認するというよりは、目的という前提をあらかじめ提示し、その上で会議を実施すべきです。さもなければ、いつまで経っても一人ひとりの前提が異なったまま議論が進み(場合によっては進まない状態で)、何か決まったような、決まっていないような状態を生み出します。

これは海外の方と何かする際にも役に立つ考え方ですね。なにせ、彼らとは前提が違うことが当然ですから。

スポンサーリンク


関連記事

新卒が会社を辞める前に知っておくべき事実

294,500,000円があったら何を買いますか? 294,500,000円。この数字が何を意

記事を読む

日本の労働環境の今後

欧米では一般化している同一労働・同一賃金という考え方。特に経済が成熟化している欧州では常に仕事<

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

自主性を発揮させる環境の作り方

「自主性というものが日本のスポーツには欠けているのかなとつくづく思いました」と切り出し た五郎丸。「

記事を読む

社会に出て役に立つ海外インターン先

WedgeのインターネットサイトであるWedgeInfinityで、“タイで輝くイマドキ大学生”とい

記事を読む

海外で働く必要性はどこまであるか

日本人が海外で働く必要ってあるの?結論から言うと、何か目的でもない限り必要ないと僕は思っています。G

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

チームでの物事の進め方

社会に出ると“チームで物事を進める”ことが非常に多くなります。そのような“チームで物事を進める”機会

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑