残業代を支払ってもらう権利主張について

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給与カットか、リストラをして良いなら、残業代を支払える」と回答した。(中略)残されたのは若手と中堅社員たちだった、残業代も普通に支払われるようになった。めでたしめでたし…ではなかった。会社の業績はそれから徐々に下がる。彼らは必死に頑張ったが、人手不足によるサービスの質の低下と、エースが持たせていた取引先の離反が続く。慌てて新規事業に手を出しても、エース不在では立ち上げるものも立ち上がらない。(中略)結局3年持たず、その会社は消滅した。

(参照:サービス残業を撲滅、残業代を払う事になった結果、その会社の辿った顛末とは。

6d9fa5b19d4efe8f735205d1cdb4283f_s

権利を主張するのは良いけれども…

近いうちに大きな問題に発展するであろうと考えられている“残業代未払い問題”。もちろん、未払いであることが問題ではない、ということを言いたいわけではありません。しかし、その権利を主張する前に一度立ち止まろう、という話です。

上述した話は、決して珍しい話ではありません。多くの会社はそれほど余裕を持って経営をしているわけではないので、残業代を求められれば上記のような「給与カットか、リストラをして良いなら、残業代を支払える」という提案がされるのはごく自然です。(もちろん、中には経営者が利益を貪っている、という企業もあろうかと思いますが、そういった会社は遅かれ早かれ退場させられることになるので、一旦割愛します)

会社は継続しなければ全てがパアになる

そうしてリストラを選べば、エース級の社員から辞めていくということもどこでも起こっていることで、珍しくありません。そういった事例がいくつも見られるからこそ、残業代を払わずになんとかやっている、という企業がどうしても増えてしまうわけです。トレードオフではないですが、何かを得ようと思えば何かを失うわけで、「残業代を得るために何を差し出しますか?」ということに、権利を主張される方は向き合う必要があるわけです。

「そんなの経営者が無能だからだろ」と仰る方もいるかもしれません。…確かにそうかもしれません。ただ、そうならば、そんな無能な経営者の会社を選んだのは誰だったのかを考える必要があるのではないでしょうか。嫌ならば去る、ということが一従業員ならば可能です。経営者はそれができません。それをトータルで考えた上で、主張すべき権利は主張すべきです。会社というものは結局、継続させなければ、そこに関わるすべてのことがパアになるわけですから。

スポンサーリンク


関連記事

仕事がつまらない理由

仕事はじめから1週間。昨日まで3連休と、今日会社に行くのが嫌だったという方は多かったかもしれません。

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

専業主婦の妥当な年収の記事を受け

最近、マイナビウーマンで「専業主婦の妥当な年収はいくらか」というアンケートで、女性が200万と答えた

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

忙しい人が実践している時間の作り方

○官僚に学ぶ仕事術 著:久保田崇 自分がコントロールできることに集中する 世の中には自分

記事を読む

本を読まない人はバカなのか

「最近、どんな本を読みましたか?」なんでも、この質問が仕事ができる人かどうかを判断する一つの方法らし

記事を読む

新卒で転職を考えるその前に

新卒の皆さまは入社して半年が経ちましたね。「右も左も分からないという状況だったものが、少し仕事に慣れ

記事を読む

夢を見つける方法

「夢を持とう!」というようなことを言う人は多いように思います。確かに、夢というものが人に活力を与え、

記事を読む

【就活解禁時期変更を受けて】経団連はバカなのか?

週末、経団連が就活の解禁時期を8月から6月へ変更する方針であることを発表していました。これを受けて、

記事を読む

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑