【株】テクニカル分析は本当に無意味か

公開日: : 最終更新日:2015/12/28 6.価値観・世界観について

Pocket

今日は年末なので(!?)少し趣向を変えた記事を(笑)今日は金融リテラシーについて最近思うことを書いていきます。これからの時代を生き抜いていくには金融リテラシーが必須ということも言われていますし、キャリア構築の上でも全く関係ない話ではないと思います(こじつけ)。

ecd1cd298cd3f810b4b0b7676ad031bb_s

テクニカル分析は無意味だと思っていた

みなさんは“テクニカル分析”という言葉を聞いたことはあるでしょうか。そう、株とかそういったものをチャート化して、ロウソク足とかを見ていくアレです。ここでテクニカル分析について詳しいことを話すつもりはないのですが、個人的にこのテクニカル分析というものに対して無意味、というのは言い過ぎかもしれませんが、“本質的ではない印象”を持っていました。「チャートを見てその株の一体何が分かると言うのか」と思っていたわけです。

この“テクニカル分析”というものの対義語として“ファンダメンタル分析”というものがあります。これは何かと言うと、その株価にとって本質的に評価される価格を割り出し、それよりも安いのか高いのかで売買を決めていくという考え方です。こちらの方がより本質的な印象があって、株をやるにしてもこちらを押さえる必要はあるなと思っていました。ところが、この“ファンダメンタル分析”、難しいんですよね。例に漏れず中途半端な状態になっていることは正直否めません(苦笑)。

テクニカル分析は“トレンド”という本質を掴むためのテクニック

そんな“ファンダメンタル分析”を途中で半ば挫折してしまった私ではありますが、最近“テクニカル分析”の中にある“本質的な側面”に今さらながら気付きました。それを端的に言うと、“慣性の法則”です。要するに、クルマは急に止まれないというやつですね。株価の慣性の法則を“トレンド”と言いますが、その“トレンド”をいかに掴むためにテクニカルな手法をいくつも用意されていると考えれば良いかもしれません。“トレンド”という何の変哲もない、ともすれば見逃しがちな言葉が実は非常に重要だったことに気付いたのです。

具体的な話をしましょう。「安く買って高く売る」これは素人だろうと玄人だろうと当たり前のことだろうかと思いますが、その株価が安いのか、高いのかということを素人は“直近の株価と比較して”というようにやっているように思えます。つまり、それまで1株1,000円だったものが900円になれば買う、そんな感じです。もちろん、それは“ファンダメンタル分析”の結果、900円が割安ということが算出された上でならば良いのかもしれないですが、素人はそこまで考えずに買ってしまうわけです。これが素人が株に負ける理由かと思います。

一方で“ファンダメンタル分析”はもとより、“テクニカル分析”において“トレンド”をしっかり把握しながら株価を見れば、900円が果たして買いなのかということは、その株価だけを見て判断することは絶対にないわけです。1,000円から900円に落ちたのは、どういう事情からなのか、またその“トレンド”はどのようになっているのかをしっかりと認識した上で判断していく必要があるのだと思います。

慣性の法則のような基本的かつ本質的なことを軽視しない

このように、言っていることは非常に当たり前だとは思いますし、このようにやれば必ず儲かるというものでもありません。ただ、この事実を知らずして株に手を出すことは、ギャンブル以外の何者でもないとは感じるわけです。そう、株というのはギャンブルではなく、しっかりと事前知識を身につけた上で臨めば、きちんとリターンを得られる手法であると思うのです。

慣性の法則というのは、小学校か中学校で習う世の中の至る所で見られる法則です。このような基本的かつ本質的なことを軽視せず、しっかりと認識した上で世の中に対峙する必要が益々あるのではないかなと思います。

p.s.
ちなみに、サラリーマンが投資するならFXより株をオススメします。その理由が株は分離課税でFXが総合課税であるということ。つまり、株は特別徴収で利益の20%しか取られませんが、FXは総合課税なのでご自身の給与にプラスされて所得税やら住民税やらが計算されます(特にこの住民税が非常に厄介です)。もっと言えば、幼稚園の補助等も受けられなくなるなど(収入制限で)の弊害も起こってきますので、サラリーマンの方は特にご注意を。

スポンサーリンク


関連記事

市川市の保育園の開園断念問題

市川市の保育園の開園が住民の反対により断念されたというニュースが大きく報道されていますね。報道上では

記事を読む

夢を見つけることよりも大事なこと

「あなたがもし、宇宙飛行士になれるチャンスがあったとしたら、なりたいと思いますか―」この質問にYES

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

お金を払わずに自分の欲しいものを手にいれる方法

突然ですが、「あなたが今欲しいものは何ですか?」 ち ょ っ と 考 え て く

記事を読む

騙されたくない人はチャンスを失っている!?

騙されたくない=チャンスを失っている!? 「騙されたい人?」と聞かれて、「騙されたい!」と胸を張っ

記事を読む

no image

将来に不安があるのに行動できない理由

○鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」著:勝見明 提言47:人は「してもらった満足

記事を読む

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

面接で求職者に求められていること

採用担当者の立場になって考えるとは lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得てい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑