有益な情報を無料で得る方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 6.価値観・世界観について

Pocket

「有益な情報は無料ではない」という話を以前のブログでもしたことがありますが、もう少しこの点について突っ込んで話をしていきたいと思います。「有益な情報は無料ではない」という言葉面だけ捉えてしまうと、有益な情報=有料というような図式ができてしまいそうですが、実はそうではありません。有益な情報を無料で得る方法はいくらでも存在します。

7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s

特定のお店の1日の売上を当てられますか?

突然ですが、「あなたがよく行くお店を思い浮かべてください。そして、そのお店の1日の売上はいくらかを当ててください」。このような質問が来た時、あなたは答えることはできるでしょうか。そしてこの答えというのは、あなたにとって有益な情報ではないかもしれませんが、人によっては有益な情報になりえるものなのではないでしょうか。そこにかかったコストはいくらですか?外で出入りを見ているだけだったらきっと無料ですよね(もちろん、カフェであればコーヒー代くらいはかかるかもしれません)。ほら、無料で有益な情報が得られるじゃないですか。

とまあ、恐らく多くの人がこの質問に答えられないと思うので、「やっぱり無料で有益な情報は得られないんじゃないか」と思われると思うのですが、お伝えしたいのはそういうことではありません。お伝えしたいのは、このような誰しも得られる情報から物事を解釈し、有益な情報に昇華させられる力を身に付ければ、無料で有益な情報を生み出すことができる、というわけです。特定の職種に一定期間以上就いていれば、多かれ少なかれこのような能力が身に付くはずです。多くの人はそれを当たり前として捉えて、有益な情報と捉えないかもしれませんが、有益な情報であると捉える人は間違いなくいるわけです。そう考えれば、有益な情報そのもの=有料ではないわけです。

能力を身に付ける時間とお金を、専門家に代替してもらうか否か

ここまでお話しすると、「じゃあそういった能力を身に付ければいいんですね」という発想に陥りがちですが、そこをどう捉えるか、ということこそ、有料で情報を買うか否か、という点になろうかと思います。つまり、有料で情報を買うということは、そのような能力を身に付ける時間を省く代わりに専門家にお金をお支払いして情報提供してもらう、ということなのです。言うなれば、そのお金は情報提供料というよりは、専門家のこれまでのlearning feeのようなものに近いかもしれませんね。そこを買うかどうか、という話なのです。

もちろん、その分野のことをしっかりと学び、能力をつけることが生きていく上で重要なことであれば学ぶということもありなのかもしれません。ただ、やはり人間の時間は有限なので、その時間をお金で買うという意味合いで考えれば、そこにお金を払わない理由はさほどないように感じます。もちろん、そのような専門家をどのように選ぶか、ということは非常に大事な側面ではありますけれども。

お金はよく考えて使うべきものではありますが、よく考える時間もコストであるわけです。お金を払って騙された、というのも一つの学びになります。計画的に使いたいけれども、最終的に賢く使えるようになることが非常に大事なのではないでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

no image

夢はどうやったら叶えられるか

「最後の授業」が教えてくれること あなたはランディ・パウシュ氏の「最後の授業」 を見たことはありま

記事を読む

願い事がないことのヤバさ

出典:ドラゴンボール 「さあ願いを言え、どんな願いも一つだけ叶えてやろう。」おなじみ(?で

記事を読む

過去に戻ることでやり直したいことは

「もし、あの時にこうしていれば…」なんていうこと、誰しも一つや二つはあるのではないでしょうか。どこか

記事を読む

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

自分の仕事の選び方、天職の見つけ方

<代表に私心いらない> 今、日本代表を率いる岡田武史監督は「our team」という哲学をチームに

記事を読む

挑戦(チャレンジ)を支えるリスクヘッジとは

皆さんは“空中ブランコ”を見たことがありますか?以前、シルクドソレイユを観に行ったことがあるのですが

記事を読む

働かなくてはならない理由

「迷惑をかけない」なんて綺麗事でしかない。じゃあ、自分が助けられている以上、自分は別の局面で他者を助

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

相互理解は異文化だけの話ではない

「相互理解」という言葉を聞いたことはあるでしょう。端的にその意味を言えば、“お互いにお互いのことを理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑