方向性を考える上で大事なこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について


金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成します。

1. 自己の立ち位置を知る
鋭い倫理感と科学的知見をもって,人類の歴史学的時間と地政学的空間の中に立つ自己の位置,自己の使命を主体的に把握する能力

2. 自己を知り,自己を鍛える
自己を知り,その限界に挑戦し,知的冒険と心身の鍛錬を通して常に自己の人間力を磨き高めていく能力

3. 考え・価値観を表現する
論理的構成力や言語表現力を駆使して概念やアイデアを明確に表現し,かつ自己の感性や価値観を的確に他者に伝える能力

4. 世界とつながる
他者への深い共感に基づいて異文化と共生し,各人にとっての自国と郷土の文化への自覚と誇りをもって,世界と積極的につながっていく能力

5. 未来の課題に取り組む
科学技術の動向,自然環境変動,持続可能性などの多角的視座から地球と人類,国際社会と日本の未来を総合的に予測し,未来の課題に取り組んでいく能力 

(参照:大学改革とキャリア教育

5f32df08af3a854d732cd09590040146_s

抽象的で包括的なものは方向性とは言わない

金沢大学は上記のような方向性でキャリア教育を行っていく、という記事が上がっていました。上記についてもそうですが、教育機関というのはどうしてもこのような抽象的で包括的な話に終始してしまうような印象が拭えません。もちろん教育機関ですから、中立的な立場に立ち、学生自ら選び取らせるというようなことを促す機関であるべきではあると感じますが、あまりに色がない、どうとでも取れそうな内容に感じられるのです。(もしこの大学のキャリア教育の担当になったとしたら、間違いなくどう指導したら良いか迷うと思います。)

方向性を決める、ということは、どの方向には行かないと決めるということとも同義であると思います。上記の話は、どの方向に行かないと決めているのでしょうか?そのような方向性を決めづらい機関であることは間違いありませんが、そのスタンスこそ学生に“選ぶ力”を育めていないのではないかと感じます。

“選ぶ”とは“選ばないこと”を決めること

そう、“選ぶ力”、すなわち、“選ばない道を選ぶ力”をしっかりと付ける必要があるように感じます。なので、上記の1~3はともかく、4、5については、そう学生が“選んだ”先にある話です。社会に出る前の段階で特に5というのは考えづらいでしょう。4というのも、もちろんこれからの時代では大事なことではあるものの、必須ではないとは思います。もちろん、4がある意味当該大学の“選んだもの”だ、というのであれば良いのですが、どこの大学でも言っていて、変わらないですよね。それであれば“アジア”にフォーカス、もっと言えば、個別具体的な国名でも良いのかもしれないわけです。

そうすると、それ以外の可能性を否定することにはなります。それが学生から機会を奪う可能性も確かにあります。ただ、それなしに表面的なことをやっていたところで、何がキャリア教育か、と思うわけです。もちろん、このことに対しての明確な“答え”があるとは思いません。ただ、そういった答えのない中で、何を“答え”とするのか、ということは各大学が真剣に考えなくてはならないことなのではないかと強く感じるところではあります。

スポンサーリンク


関連記事

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

どうしても完璧主義になってしまう人へ

突然ですが、皆さんはドラクエⅢをやったことはありますか?キヨカワ世代だと、ファミコンカセットでよくふ

記事を読む

個性が発揮できる仕事がしたい?

そうさ 僕らも 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になれ

記事を読む

毎日がつまらない中年男性72%

嵐の大野くんが出演しているドラマ「世界一難しい恋」を妻が昨日見ていたのを横目で見ていました。内容につ

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

重大な決断をする前に確認したいこと

キヨカワは以前、自転車で車と接触未遂事故を起こしまして、急ブレーキで後輪が持ち上がり、自転車から投げ

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

夢の叶え方

ある早稲田大学の教授が“夢”を“YouME”と表記していました。分解するとYouとMeです。つまり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑