選ぶことが怖いと感じる方へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 6.価値観・世界観について


“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけになったフォーカス!という本に教えられたことを思い出しました。資源やお金、そして時間は有限。有限であるそれらを何に投資するかを選択し、投資を集中させるか。起業という資源もお金もない環境にいるからなのか(笑)、これを意識しないことがないです。昨日、これを強く意識させる出来事がありました。


選択を誤ったとしても死ぬわけではない

「選択と集中」という話をした後で、「選択をするって勇気がいることじゃないですか?」と聞かれたんです。確かに、日本の教育自体があまり選択をさせず、可もなく不可もない状態にして社会に送り出しているんですよね。大学も選択をさせているようで、特定の分野を除けばどこに行こうと就職活動に差はないですし(文系に行けば殆ど変わらないですし)だから、選択するということが異常に苦手なんだろうなと感じました。

…よく考えれば、僕もそうでした。ただ、そこから選択が出来るようになったのは、自分の資源(お金や時間、能力など)を特定の分野に集中させる事の方が、明らかに成長スピードが速いということと、たとえ間違ったものに集中させたとしても(失敗しても)、死ぬ訳ではないし(笑)、集中させた経験が必ず生きてくるということが実感できているからだと思います。

よく人生は選択の連続と言います。中途半端にあれやこれややることはあまりオススメしません。自分の目的を明確にして、そこに自分の資源を投資する。どこに投資するかは、自分自身の力と世の中の需要と供給を考えて、ですね。選択と集中社会人として成功する一つの秘訣かもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

英会話スクールで英語が喋れるようにならない理由

“PDCA”この言葉は、多くの方が聞いた事のある言葉だと思います。念のため“PDCA”というものをW

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

厳しい指導と優しい指導

研修や面接等、どんな場面においても「厳しい」と言われがちな私です(苦笑)。もちろん、その自覚症状はあ

記事を読む

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

no image

物事を効率的に行うことが必ず善か

“効率的” 効率がよいさま。無駄がないさま。 出典:goo辞書 この言葉が好きな方は多いので

記事を読む

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

相互理解は異文化だけの話ではない

「相互理解」という言葉を聞いたことはあるでしょう。端的にその意味を言えば、“お互いにお互いのことを理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑