選ぶことが怖いと感じる方へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 6.価値観・世界観について


“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけになったフォーカス!という本に教えられたことを思い出しました。資源やお金、そして時間は有限。有限であるそれらを何に投資するかを選択し、投資を集中させるか。起業という資源もお金もない環境にいるからなのか(笑)、これを意識しないことがないです。昨日、これを強く意識させる出来事がありました。


選択を誤ったとしても死ぬわけではない

「選択と集中」という話をした後で、「選択をするって勇気がいることじゃないですか?」と聞かれたんです。確かに、日本の教育自体があまり選択をさせず、可もなく不可もない状態にして社会に送り出しているんですよね。大学も選択をさせているようで、特定の分野を除けばどこに行こうと就職活動に差はないですし(文系に行けば殆ど変わらないですし)だから、選択するということが異常に苦手なんだろうなと感じました。

…よく考えれば、僕もそうでした。ただ、そこから選択が出来るようになったのは、自分の資源(お金や時間、能力など)を特定の分野に集中させる事の方が、明らかに成長スピードが速いということと、たとえ間違ったものに集中させたとしても(失敗しても)、死ぬ訳ではないし(笑)、集中させた経験が必ず生きてくるということが実感できているからだと思います。

よく人生は選択の連続と言います。中途半端にあれやこれややることはあまりオススメしません。自分の目的を明確にして、そこに自分の資源を投資する。どこに投資するかは、自分自身の力と世の中の需要と供給を考えて、ですね。選択と集中社会人として成功する一つの秘訣かもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

面接で求職者に求められていること

採用担当者の立場になって考えるとは lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得てい

記事を読む

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

長谷川豊氏の少子化の原因考察について

“日本女性の3歩下がってついていく”という言葉、みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。それは

記事を読む

正論が受け入れられない理由

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ち

記事を読む

多くの企業で副業・兼業が禁止されている理由

もっと兼業や副業を認めて、多くの人が複数の働き方ができるようにすることだ。ここでいう兼業には、他の会

記事を読む

学んだことが継続できない理由

みなさんは“unlearn”という言葉を聞いたことはあるでしょうか。はい、“un(否定)”と“lea

記事を読む

no image

目的達成は犠牲の上

○鋼の錬金術師 著:荒川弘 このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑