就活での学歴差別が許せない人へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 6.価値観・世界観について

Pocket

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏

努力していない人ほど、「不公平だ」、「納得できない」と言う。「不公平だ」、「納得できない」、「理不尽だ」と、文句を言う人がいます。一方で、そういう文句を言わない人たちがいます。言わない人たちの共通点は、努力していることです。本来は、努力している人が努力の報われない時に、「納得行かない」、「不公平だ」と、言うはずです。ちっとも努力していない人が、「不公平だ」と言うのは、おかしいのです。

納得いかない、理不尽だと感じる人は、まだ努力が足りないのです。(中略)「自分ではそこその努力しているつもりなんです」と言う人は、少しはやっているという気持ちで自分自身を許しているのです。努力している人は、そこそこの努力では止まりません。そこそこの努力を本気で始めたら、120%の努力になっていきます。努力は、し始めると加速していくものです。そこそこの努力だと自己分析するのは、謙遜でもなんでもありません。これからやろうとする気持ちがあるだけで、実際には努力をしていないのです。

(本書p24-25)

努力をしてきたことはやはり裏切らない

就職活動において、「学歴の差別がある」と聞いたらどう思うでしょうか?「許せない」「もっとその人の内面をしっかり見るべき」なんていうように思われる方も多いかもしれません。良い学校に入るということだけで判断されるのは確かにおかしいかもしれませんが、間違いなく努力をどれだけしてきたかの一つの指標になっていることは間違いありません。なので、今は昔ほど学歴で完全に分けるような採用はしていませんが、採用担当者が一様にして、「やはり良い大学から良い学生が出現する確率は高い」と言っているのは間違いないことです。

変えられるのは自分だけ。そして変えられるのは今から。

でも、そんなことを受けて、「僕/私は良い大学に行っていないからダメだ」なんていうことを思う必要は全くありません。いわゆる有名大学ではない学生が良いところに内定する事例をいくつも知っているし、何より世の中の創業社長の出身校と有名大学との相関関係はありません。そういった人たちに共通することは何か?それは、やはり努力を本気でしているかどうかなんだと思います。

世の中はもとより、自分の周りを変えることは出来ません。変えられるのは自分だけです。

関連記事

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

将来、未来が不安な理由

「僕の友人に10ヶ月で世界80ヶ国を回ってきた友人がいるんだけれども、平均すると各国に3日程度しかい

記事を読む

no image

目的達成は犠牲の上

○鋼の錬金術師 著:荒川弘 このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

長谷川豊氏の少子化の原因考察について

“日本女性の3歩下がってついていく”という言葉、みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。それは

記事を読む

【株】テクニカル分析は本当に無意味か

今日は年末なので(!?)少し趣向を変えた記事を(笑)今日は金融リテラシーについて最近思うことを書いて

記事を読む

残業代を支払ってもらう権利主張について

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給

記事を読む

目的達成の障害となる意外なもの

出典:ワンピース 感情に走って反撃しそうになる ご存知ワンピースのワンシーン

記事を読む

投資より貯金は思考停止している証拠?

投資の話をすると、「いや、そもそも投資をするお金がないんです」という反応が返ってきます。そういう人に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑