夢の叶え方②

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について

Pocket

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目

Bbmzew-CMAA0A8g

(参照:SLAM DUNK 22巻 )

プロになりたければプロにアドバイスを受けろ

「脚本家になりたい」そんな夢を持っている人が知り合いにいました。大学で脚本をずっと書いてきている人間なので、箸にも棒にも、という訳ではないと思いますが、大学で学んだだけで脚本家になれる、なんていう甘い世界ではないことも事実でしょう。そんな彼にキヨカワがアドバイスしたのは、「プロにアポイントを取って見てもらう」ということ。

この行動を取る上で、彼は大きな2つの障害を乗り越えなくてはならなくなります。1つは、「見ず知らずのプロにアポイントを取る」という障害。見ず知らずの人にアポイントを取りに行く、という行為は、“本気さ”がなければやれない行為です。その程度のことも出来ない人間に叶えられる夢ではない、ということをある意味突きつけた形です。

自分がどれだけできないかが認識できてはじめて上級者に近づける

そしてもう1つは、「プロからのダメ出しで現実を直視させられる」という障害。当然ですが、一発OKが出る訳はありません。冒頭のSLUMDUNKのように現実を直視し、自分自身の現時点がどこなのか、プロになるということはどういうことなのか、ということが分かって始めてプロ(上級者)に近づけると思います。

夢を持つのはとても良いことです。が、その夢を叶えられる人とそうでない人との差は、ここにあると思います。・・・と、実は彼、そのようなステップを踏んで脚本家としてデビューしたのでした。それはもう「すごい」の一言です。

スポンサーリンク


関連記事

「給料が少ない」が理由で転職するのは

転職理由の一つとして「給料が少ない」という話をされる方は多いようです。もちろん、お金は多いに越したこ

記事を読む

起業するなら“いつ”がいいのか

最近は女子高生が起業するなど、学生が起業するブームがまた来ているようです。「一度企業に就職してから起

記事を読む

これから求められる付加価値の高い人材とは

○フラット化する世界 著:トーマス・フリードマン 以前のブログで、“同一労働・同一賃金

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新

記事を読む

スタートアップ企業に転職すると起こる衝撃

大手企業からベンチャー企業やスタートアップ企業へ転職するとどうなるのか。もちろん、それぞれの企業の定

記事を読む

過去に戻ることでやり直したいことは

「もし、あの時にこうしていれば…」なんていうこと、誰しも一つや二つはあるのではないでしょうか。どこか

記事を読む

企業選びの軸に是非入れて欲しいこと

後輩が入ってくることは当たり前ではない 「後輩が入ってきて当たり前」このような感覚は、学生時代まで

記事を読む

問題を全て自分で抱え込んでしまう人へ

皆さんにとって、コネってどういうイメージがありますか?そう、「あれってあの人のコネでそうなったんだよ

記事を読む

SMAP解散事件をケーススタディとして捉える

SMAPが解散しないことになりましたね。青春時代をSMAPと共に歩んできたと言っても過言ではない世代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑