夢の叶え方②

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について

Pocket

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目

Bbmzew-CMAA0A8g

(参照:SLAM DUNK 22巻 )

プロになりたければプロにアドバイスを受けろ

「脚本家になりたい」そんな夢を持っている人が知り合いにいました。大学で脚本をずっと書いてきている人間なので、箸にも棒にも、という訳ではないと思いますが、大学で学んだだけで脚本家になれる、なんていう甘い世界ではないことも事実でしょう。そんな彼にキヨカワがアドバイスしたのは、「プロにアポイントを取って見てもらう」ということ。

この行動を取る上で、彼は大きな2つの障害を乗り越えなくてはならなくなります。1つは、「見ず知らずのプロにアポイントを取る」という障害。見ず知らずの人にアポイントを取りに行く、という行為は、“本気さ”がなければやれない行為です。その程度のことも出来ない人間に叶えられる夢ではない、ということをある意味突きつけた形です。

自分がどれだけできないかが認識できてはじめて上級者に近づける

そしてもう1つは、「プロからのダメ出しで現実を直視させられる」という障害。当然ですが、一発OKが出る訳はありません。冒頭のSLUMDUNKのように現実を直視し、自分自身の現時点がどこなのか、プロになるということはどういうことなのか、ということが分かって始めてプロ(上級者)に近づけると思います。

夢を持つのはとても良いことです。が、その夢を叶えられる人とそうでない人との差は、ここにあると思います。・・・と、実は彼、そのようなステップを踏んで脚本家としてデビューしたのでした。それはもう「すごい」の一言です。

スポンサーリンク


関連記事

就職先・転職先の選び方

数ある企業の中から就職先や転職先を選ぶというのは初めて就職する方にはもちろん、一度社会に出た方であっ

記事を読む

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

成功の近道は若いうちからの挑戦

○石川遼が2位に浮上、首位は朴相賢…男子ゴルフ ゴルフ・トップ杯東海クラシック第2日(2日・愛

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

転職先は研修制度が充実している企業を選ぶべきか

質問者:トップ20パーセントには全てを尽くし、真ん中70パーセントにはトップになる方法を教える。下位

記事を読む

リストラされないための備え

本日、今年に入って2度目のサーキットブレイカーが中国で発動されました。それだけでなく、昨日は北朝鮮に

記事を読む

日本人が冒険心を持てない理由と対策

Newsweekで日本の20代の冒険志向が断トツ世界一低い、という不名誉な称号を得てしまったことを紹

記事を読む

no image

弱者が目的達成する方法

<決断とは「他の可能性を切り捨てる」こと> 決断することが感嘆で効果的なら、ナイキのコマーシャルの

記事を読む

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑