自己PRを考える時に気をつけたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 5.希望の面接を突破するために

Pocket

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思いますが、これは就職活動にも当てはまります。例えば、人気企業の需要は高いですが、当然供給される求人枠は一定数なので、競争率が上がっているという感じですね。逆を言えば、人気がそれ程ない企業であれば、そう競争率は高くない、と考えることが出来ると思います。もちろん、そんな人気がそれ程ない企業に「入りたい!」と思えれば良いのかもしれませんが、中々そういった企業に出会えないというのも実情としてあるでしょう。今日はそういった企業と会える方法、という訳ではないのですが、そうするための一つの手段を提案したいと思います。

4d68e88c1aac16ccc8b6ed10a74d4bea_s

「行動力」「リーダーシップ」など、誰もが言いそうな強みを言うと競争が激しい

それは、世の中に供給の少ない“自分の強み”を考えるという視点で自分を振り返ってみるという方法です。もう少しどういったことかを詳しくお話ししましょう。皆さんはご自身の“自己PR(=強み)”でどんなお話をされますか?「行動力があります」「好奇心があります」「リーダーシップがあります」などなど。そんなお話しをされているのではないでしょうか?もちろん、そういったことを挙げて頂くことは構わないのですが、同じような事を言う学生さんが多いのも事実としてあるのです。(需要が多い状態ですね)こういった状態の中で目立つのは非常に大変です。余程の成果を上げているか、工夫をしてきたかのどちらかでしか評価されないでしょう。ではどうしたら良いか?

他の人がアピールしない、需要が多い強みがないかという視点で考えてみる

ここで出てくるのが、世の中に供給の少ない“自分の強み”を考えるです。例を挙げると、無意識に凄く気を遣えるとかですね。最初から無意識に出来た人はいないと思いますが、無意識のレベル、つまり、自分が苦だと思っていないレベルでやれていれば、それはもう立派な強みです。なので、今までの人生経験の中で、「そんな面倒くさいことよくやれるね」(=一般的に供給が少ないこと)と言われた経験の中で、別に面倒くさくないと思っている事柄こそが、あなた自身の最大の強みだったりします。その“強み”を最大限生かせる職業こそ、社会に対しての貢献度が高く、そして自分自身も楽しく働けることになるのではないでしょうか?

企業は、人々の面倒だと思うことを代替して行う仕組みです。そういった視点でご自身を省みることで、どう社会に貢献できるかが見えてくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


関連記事

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

転職すべきかどうかのチェックポイント

私の基本的なスタンスとして転職を安易に薦めることはありませんが、良くも悪くも次のステージに向かった方

記事を読む

面接官が面接で印象に残る話

「面接で、どんな人が印象に残りますか?」こんな質問を受けることがあります。この問いに対しては色んな答

記事を読む

自己分析におけるタイプ別診断の穴

昨日キャリア教育に関しての記事を上げ、“自己分析”というものにフォーカスされすぎている点を問題視しま

記事を読む

勝てない相手に勝つ方法

そもそも戦略とは何か? 今日は“戦略”についてブログを書きたいと思います。そもそも“戦略”という言

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

在宅勤務の問題点 原因と解決策

「在宅勤務が普及しない理由は何だろう?」これだけITが発達し、かつてはできなかったかもしれない在宅勤

記事を読む

会社に不満があっても退職しない理由

2月9日付けの東洋経済オンラインで“日本人は世界一、自分の会社を嫌っている”という記事が上がっていま

記事を読む

面接で話すネタがないと困っている人へ

今日は、面接で自分のことを話す際に非常に重要な要素である、経験・解釈・伝達についてお話をしたいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑