自己PRを考える時に気をつけたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 5.希望の面接を突破するために

Pocket

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思いますが、これは就職活動にも当てはまります。例えば、人気企業の需要は高いですが、当然供給される求人枠は一定数なので、競争率が上がっているという感じですね。逆を言えば、人気がそれ程ない企業であれば、そう競争率は高くない、と考えることが出来ると思います。もちろん、そんな人気がそれ程ない企業に「入りたい!」と思えれば良いのかもしれませんが、中々そういった企業に出会えないというのも実情としてあるでしょう。今日はそういった企業と会える方法、という訳ではないのですが、そうするための一つの手段を提案したいと思います。

4d68e88c1aac16ccc8b6ed10a74d4bea_s

「行動力」「リーダーシップ」など、誰もが言いそうな強みを言うと競争が激しい

それは、世の中に供給の少ない“自分の強み”を考えるという視点で自分を振り返ってみるという方法です。もう少しどういったことかを詳しくお話ししましょう。皆さんはご自身の“自己PR(=強み)”でどんなお話をされますか?「行動力があります」「好奇心があります」「リーダーシップがあります」などなど。そんなお話しをされているのではないでしょうか?もちろん、そういったことを挙げて頂くことは構わないのですが、同じような事を言う学生さんが多いのも事実としてあるのです。(需要が多い状態ですね)こういった状態の中で目立つのは非常に大変です。余程の成果を上げているか、工夫をしてきたかのどちらかでしか評価されないでしょう。ではどうしたら良いか?

他の人がアピールしない、需要が多い強みがないかという視点で考えてみる

ここで出てくるのが、世の中に供給の少ない“自分の強み”を考えるです。例を挙げると、無意識に凄く気を遣えるとかですね。最初から無意識に出来た人はいないと思いますが、無意識のレベル、つまり、自分が苦だと思っていないレベルでやれていれば、それはもう立派な強みです。なので、今までの人生経験の中で、「そんな面倒くさいことよくやれるね」(=一般的に供給が少ないこと)と言われた経験の中で、別に面倒くさくないと思っている事柄こそが、あなた自身の最大の強みだったりします。その“強み”を最大限生かせる職業こそ、社会に対しての貢献度が高く、そして自分自身も楽しく働けることになるのではないでしょうか?

企業は、人々の面倒だと思うことを代替して行う仕組みです。そういった視点でご自身を省みることで、どう社会に貢献できるかが見えてくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


関連記事

転職理由の嘘と本音

転職理由・退職理由を聞かれるのが困る…転職の面接でそれらを聞かれた際、答え方に困る方は多いのではない

記事を読む

面接で結果だけが評価されない理由

学生に「あなたが学生時代一番頑張ったことはなんですか?」って聞くと、どうしても直近の印象深い経験や、

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

目標達成できない人が目標達成できる人になるには

“一年の計は元旦にあり”とよく言うものではありますが、今年の目標を立てられた方も多いのではないでしょ

記事を読む

今の若者の人生観の特徴

変化の激しい現代社会において、どんなキャリアパスを描き、仕事をしていくか。そんなことを高橋俊介さんと

記事を読む

目的を達成する方法②

突然ですが、今日はまず物語からお読み下さい(笑) あなたは勇者です。ある日王様から、盗賊にさらわれ

記事を読む

残念な面接官もいることを知る

日経ビジネスONLINEで、“こんな学生は採らない 人事が語る「残念な人」”という特集が組まれていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑