転職で年収が上がるのには条件がある

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

エン・ジャパンは2015年10月13日、「ミドルの転職後の年収」についてのアンケート調査結果を発表した。専門性やリーダーシップ、グローバル対応力などを持つ人材の場合、転職すると年収アップに成功することが多いと報告している。
mn_career_15101701a
同調査の対象は、人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を利用している転職コンサルタント187人。ミドル層の転職後の年収について尋ねたところ、「上がるケースが多い」(16%)、「どちらかというと上がるケースが多い」(49%)と答えた。

(参照:ミドル層の転職、7割弱が年収アップか

世の中の需要と供給をしっかりと考えた上で転職を

エンジャパンの発表ですし、これからボーナスの時期を迎えるに当たり、転職希望者を募る意味合いが大きい印象がありますね(苦笑)とはいえ、これをきっかけに転職を考えるというのも悪い話ではないかもしれません。ただ、年収が上がるから今、というような安直な考え方は辞めたほうが賢明です。これからどうキャリアを積んでいくか、ということを見据えた上で考えましょう。

どうキャリアを積んでいくかを考える上で非常に重要な指針は、需要と供給です。年収が上がる、下がる、というのは、詰まるところこの“需給”なのです。需要があり、供給の少ない職種には高い給料が支払われ、そうでない職種は下げられるという極めて単純な論理です。10年後になくなる職業~というような話を以前しておりますが、これも需給なわけですね。

実力が伴わないうちに転職回数が増えることが最も避けるべきこと

あともう一つ、キャリアを日本企業で積むか、外資も含めてか、というところも重要なファクターになろうかと思います。外資に行くつもりはない、と考えていらっしゃるならば、転職の回数は抑えた方が良いでしょう。良くも悪くも、出来る限り長く働いて欲しいし、転職が多い人は信用置けない、というのが多くの日本企業です。逆に、外資の場合は完全に実力が試されます。転職が多くても実力が認められれば採用されるケースは多いですが、逆に実力がないと判断されればリリースされます。(最近は外資でも日本企業化している会社も多いようです。そこは受験段階で見極めたいですね)

問題なのは、これらのスタンスが決まらず、実力が伴わないうちに転職回数が増えてしまうことです。もちろん、やってみないと分からないことはあると思います。しかし、回数が増えてからだと非常に厳しい状況になってしまいます。そういった“暗黙のルール”を認識しつつ、どうキャリアを積んでいくかを考えてみることは非常に有意義なことかと思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

転職・起業と嫁ブロック

“嫁ブロック”という言葉が今年は流行語になりそうなくらい色々なところで使われていますね。昨年に続き、

記事を読む

仕事を辞める決断をする前に知っておくべき事実

ある程度掘れば温泉が出るという事実 多くの方が好きであろう“温泉” 関東地方であれば

記事を読む

“忙しい”が仕事の悩みの方へ

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ時間に家を出て、毎日同じ時間の電車に乗る。そして毎日同じ時間に出社し、

記事を読む

自分の人生を考える上で外せないこと

ここ数日、学生さんたちの前でお話しする機会がたくさんありました。写真は昨日高校生80名程度の前でキャ

記事を読む

日本の労働環境の今後

欧米では一般化している同一労働・同一賃金という考え方。特に経済が成熟化している欧州では常に仕事<

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

複数内定が出て迷うときに

最近、立て続けに転職相談を受けています。その転職相談の内容は、「A社からもB社からも内定をもらってい

記事を読む

ベンチャー、スタートアップへの転職を考えている方へ

ここ最近の転職市場は活況ですね、どんな記事を見ても“売り手市場”の文字が並んでいます。この転職市場が

記事を読む

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

「給料が少ない」が理由で転職するのは

転職理由の一つとして「給料が少ない」という話をされる方は多いようです。もちろん、お金は多いに越したこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑