転職で年収が上がるのには条件がある

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方

Pocket

エン・ジャパンは2015年10月13日、「ミドルの転職後の年収」についてのアンケート調査結果を発表した。専門性やリーダーシップ、グローバル対応力などを持つ人材の場合、転職すると年収アップに成功することが多いと報告している。
mn_career_15101701a
同調査の対象は、人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を利用している転職コンサルタント187人。ミドル層の転職後の年収について尋ねたところ、「上がるケースが多い」(16%)、「どちらかというと上がるケースが多い」(49%)と答えた。

(参照:ミドル層の転職、7割弱が年収アップか

世の中の需要と供給をしっかりと考えた上で転職を

エンジャパンの発表ですし、これからボーナスの時期を迎えるに当たり、転職希望者を募る意味合いが大きい印象がありますね(苦笑)とはいえ、これをきっかけに転職を考えるというのも悪い話ではないかもしれません。ただ、年収が上がるから今、というような安直な考え方は辞めたほうが賢明です。これからどうキャリアを積んでいくか、ということを見据えた上で考えましょう。

どうキャリアを積んでいくかを考える上で非常に重要な指針は、需要と供給です。年収が上がる、下がる、というのは、詰まるところこの“需給”なのです。需要があり、供給の少ない職種には高い給料が支払われ、そうでない職種は下げられるという極めて単純な論理です。10年後になくなる職業~というような話を以前しておりますが、これも需給なわけですね。

実力が伴わないうちに転職回数が増えることが最も避けるべきこと

あともう一つ、キャリアを日本企業で積むか、外資も含めてか、というところも重要なファクターになろうかと思います。外資に行くつもりはない、と考えていらっしゃるならば、転職の回数は抑えた方が良いでしょう。良くも悪くも、出来る限り長く働いて欲しいし、転職が多い人は信用置けない、というのが多くの日本企業です。逆に、外資の場合は完全に実力が試されます。転職が多くても実力が認められれば採用されるケースは多いですが、逆に実力がないと判断されればリリースされます。(最近は外資でも日本企業化している会社も多いようです。そこは受験段階で見極めたいですね)

問題なのは、これらのスタンスが決まらず、実力が伴わないうちに転職回数が増えてしまうことです。もちろん、やってみないと分からないことはあると思います。しかし、回数が増えてからだと非常に厳しい状況になってしまいます。そういった“暗黙のルール”を認識しつつ、どうキャリアを積んでいくかを考えてみることは非常に有意義なことかと思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

就職先・転職先の選び方

数ある企業の中から就職先や転職先を選ぶというのは初めて就職する方にはもちろん、一度社会に出た方であっ

記事を読む

選ぶ力ってなんだ?

「選ぶ力がない。」このようなことを学生に対してだけでなく、社会人であっても感じることが多々あります。

記事を読む

転職のミスマッチを防ぐため?

転職によるミスマッチを防ぐために3ヶ月間のトライアル期間を設けて入社するかどうかを決める「TRYOU

記事を読む

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

no image

弱者が目的達成する方法

<決断とは「他の可能性を切り捨てる」こと> 決断することが感嘆で効果的なら、ナイキのコマーシャルの

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

在宅勤務の問題点 原因と解決策

「在宅勤務が普及しない理由は何だろう?」これだけITが発達し、かつてはできなかったかもしれない在宅勤

記事を読む

目標・目的達成に対して最大の障害とは

「海外と繋がるような仕事がしたい。」これが私が自分で起業した理由の一つです。今ようやくその芽が出よう

記事を読む

自分の仕事の選び方、天職の見つけ方

<代表に私心いらない> 今、日本代表を率いる岡田武史監督は「our team」という哲学をチームに

記事を読む

副業で稼ぐ近未来の当たり前

“ウバライゼーション”という言葉をご存知でしょうか。ウーバー(Uber)というタクシー配車サービスで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑