面接で自分のやりたいことを言うときの注意点

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

先日、ある学生さん達の“業界研究中間発表会”なるものに参加してきました。「業界をしっかりと研究して、自分自身の志望動機を固めていこう!」という趣旨で行われていたのですが、こんな悩みを発表していた学生さんがいました。「自分がやりたいことを、その業界はあまり求めていないようなのですが、どうしたらいいでしょうか?」

その学生さんは昨今売上が落ち込んでいる“洋画”の売上回復、平たく言えば、もっと多くの人に“洋画”を見て欲しい、そんなことを仕事にしたいと思い映画業界を志望しているものの、今の映画業界は“邦画”に力を入れるばかりで、自分のやりたいことが出来る会社があまりないことに気付き、どうしたら良いでしょうかということに悩んでいる、というものです。…この悩みに対して、皆さんならどうお答えになるでしょうか?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

企業は需要と供給のバランスの中で商品・サービスを提供している

こういった類の悩みを相談された時、まず真っ先に聞きたいのは「この話、どこまで本気で、どこまでの覚悟を持ってやりたいと思っていますか?」ということ。“洋画”の売上が低迷している、という点に問題意識を持つこと自体は素晴らしいと思います。しかし、その問題に対して人生の全てを賭け、これ以外のものは全て捨てられる覚悟があるかどうかまで考えた方が良いです。「そんな極端な…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、上記を達成するには、それくらいの覚悟がなければ難しいと思います。

なぜなら、この問題を解決するということは、社会の需要と供給のバランスを変えるということとイコールだからです。もう少し噛み砕きましょう。“洋画”の売上を上げたいということは、“ガラケー”の売上を上げたいということに近しい気がします。“ガラケー”には確かに利点がありますが、“スマホ”の方の利点の方が魅力的に感じるからこそ多くの人が“スマホ”を使っているワケですね。これをまた“ガラケー”に多くの人を向けさせるパワーって大変なものではないでしょうか?恐らく、この学生さんが考えていたのは、“洋画”を色んなところでPRして、“洋画”を色んな人に知ってもらう、それで“洋画”が広まれば良いな…というくらいだと思います。…断言します。それでは絶対に“洋画”の売上は回復しません。(事実、回復してませんよね)

本気でやりたいならば、企業に頼らず自分で行動していった方が良い

だからこれを最初に聞きます。「この話、どこまで本気で、どこまでの覚悟を持ってやりたいと思っていますか?」と。本気で、覚悟を持ってやりたいのであれば、今からでも何らかの行動を起こせるはず。“洋画普及の会”みたいなNPOを作ってみるのもいいかもしれない。それさえも行動できないならば、やるべきではないでしょう。“企業”というのは、社会に対して大きな影響を与えられる存在です。そこに“就職”するというのは、これもまた社会に大きな影響を与えられるようになります。そういった意味で、企業で働くということは、社会問題を解決するのにも非常に有効な手段ではあります。

しかし、企業というのは、あなたがやりたいことをやらせてあげるために存在しているわけではなく、社会(消費者)が求めていることを提供することであり、お金を貰いながら自分の好きなことをやるということは、相手との利害関係が一致してはじめて叶うことなのです。ココが、学生と社会人の大きな差だと思っています。これから皆さんが就職活動で出会う面接官は、当たり前ですが皆社会人です。これを踏まえた上で是非、面接に臨んでいただければと思います。

スポンサーリンク


関連記事

自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と

記事を読む

“本気”の伝え方、証明の仕方

その人が本気かどうかを測る方法 これまで数多くの面接をしてきましたが、ほとんどの場合、その面接のフ

記事を読む

面接で「社会貢献」はNGワードか

『面接で“社会貢献がしたい”って言ったらダメですか?』そんな質問を受けたことがあります。その学生曰く

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

面接で弱みを聞かれた時の返し方

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑

記事を読む

多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

企業研究とは“何”を調べることなのか “企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一

記事を読む

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑