すべらない話のコツ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために

Pocket

「すべらない話をしてください!」と突然振られたとしたら、あなたはどうしますか?もちろん、話が上手な方はある程度のお話ができるかもしれませんが、多くの人は「何をどう喋ろう…」となるのではないでしょうか。そんな「すべらない話の作り方」のコツはコチラ。

1.「○○な話なんですけど」という出だしで話をセットアップする
2.「V.A.K」をその場にいるかのように体験しながら話す
3.「メラビアンの法則」を活用する
4.オチまでは、絶対に笑わない(絶対に!)
5.フリとは「モヤモヤをつくること」

(参照:「すべらない話・ウケる話」の上手な作り方・話し方の5つのコツ

型を守ることが物事の上達の第一歩

上記サイトでは、「すべらない話」をどう作り、どう話すかということに対する5つのコツが書いてあります。ある意味、この5つのコツは「すべらない話」を作り、話す上でのです。もっと言うと、この“型”は、人に自分の話に興味を持ってもらうための“型”だったりします。「話すのが苦手…」と思う人は、こういったところから話すことに対する苦手意識を取り除いていくのもいいかもしれません。(ちょっと応用して面接の練習にも非常に良いと思います)

915cfbd42aea98ff35544303e5c8f133_s

何か特定のことを上手くやりたいと思った時には、こういった“型”をまずは練習することから始めるのが一番だと思います。「守・破・離」という考え方がありますが、この“型”こそ最初の“守”でやるべきことです。それを「これでもか」という具合に徹底してやることが、まず最初の結果に繋がります。結果に繋がってくるからこそ努力が続けられる。こういった努力の“継続性”が上達というところに繋がってくる訳です。そうでなければ、人間は努力を止めてしまいがち。

ですから、何を始めるにもまずは“型”を守るこれこそが、何事も上達するコツだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

大人は本音を言わない

あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」

記事を読む

個人としてのリスク回避と企業人としてのそれは違う

前回のエントリーに続き、今回のテーマも“リスク”について。前回は、“個人”としてどのようなリスク回避

記事を読む

感情が顔に出る損

昨日の点滴から体調は少なくとも回復傾向にあるものの、薬のせい(?)で大分ぼーっとしているような感じが

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

メルカリのmerci box(メルシーボックス)について思うこと

フリマアプリを運営するメルカリが産休・育休あわせて約8ヶ月分の給与を100%保障する「merci b

記事を読む

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

収監前と後のホリエモンの変化

週末ふとテレビを付けると、ホリエモン(堀江貴文氏)が出ていました。見ていて改めて思うのは、“極めて合

記事を読む

一人で生きていける=自立は勘違い

“DIALOG IN THE DARK”というものをご存知でしょうか?こちらは原宿にある、あ

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

仕事の段取りで絶対に見逃してはならないこと

「仕事の段取りで、“進める手順”が“内容”よりも大事なことがある」 この事実をきちんと認識して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑