クビにならないように上司に反対する方法

公開日: : 最終更新日:2016/05/13 2.組織人として生きるために

Pocket

ライフハッカーの記事で“クビにならないように上司に反対する方法”という記事が上がっていました。ポイントは5つ。1.時間と場所を考慮する。2.最初はポジティブに。3.質問する。4.結果にフォーカスする。5.最終決定は尊重する。もちろんこれらについて大きな異論はありません。しかし、最も重要なことが抜けている気がしています。それは…

fbcc3544e3c404bf0e171e33807c171b_s

正論は相手に負の感情を抱かせる

その上司との人間関係、もっと言えば、信頼関係の程度です。どの程度の信頼関係がその上司と作られているかということによって、伝え方を変えなければなりません。その関係性を無視し、「ロジカル(論理的)ならば問題ないでしょう」というようなコメントが同記事に見られましたが、信頼関係がそれほどない状態且つロジカルであればあるほど、その意見は絶対に通らなくなると断言できます。なぜ、そのようなことが起こるのか、具体的な事例を用いて説明していきましょう。

まず、ロジカル(論理的)に正しい(と思われる)意見というのは、言い換えると“正論”とも置き換えられると思います。そしてこの“正論”というのは、使い方を間違えると凶器になります。例えば、あなたが少し大きめのボリュームで音楽を電車内で聴いていたとします。そしてそれを「うるせえよ!」と注意されたとします。どう感じるでしょうか。もちろん、非は100%あなたにあります。ただ、「うるせえよ!」とまで言われる筋合いはなく、ついつい感情的になってしまうのではないでしょうか。これと同様に、正しいことを言うことは時として人を傷付け、思わぬ負の感情を産むことになります。

信頼関係がない状態で正論を言うことは“泣きっ面に蜂”

そしてその発言をしてきた人間が、自分との信頼関係が薄い人間だったらどう思うでしょうか。例えば、先の電車の例で言えば、知り合いにそのように言われることと、赤の他人にそう言われること、どちらがまだ許せるかと言えば、多くの場合は“知り合いから言われる”方になろうかと思います。それはなぜかと言えば、その“知り合い”の方が信頼関係がある程度構築されているからです。その“信頼関係”がない赤の他人から言われることは非常に負の感情を抱きやすいことが想像できるのではないでしょうか。正に泣きっ面に蜂状態です。

さて、本題に戻りましょう。今回の関係は上司と部下の関係で、部下が上司に反対するというケースです。当たり前ですが、上司は部下よりも上の立場です。そして、その関係性が上手くいっていれば、信頼関係がある程度築けているのであれば、多少ストレートな物言いをしたとしても大丈夫かもしれません。しかし、そうでない場合はどうなると思いますか。そう、確実に上司は負の感情を抱きます。そしてそれが正しいことであればあるほどその負の感情は増幅し、その後の信頼関係を回復していくことからは更に遠くなることは想像できるのではないでしょうか。

相手との温度感が分かるまでは最大限の配慮を

上司に対して何か物を言わなくてはならないという局面があるのは組織の中にいれば当然あることでしょう。ただ、それを言う前に、きちんとその上司との関係性を把握することです。想像以上に上司は部下に気を遣っていて、思っている以上に信頼関係自体は築けていないなんていうケースもあります。その辺りの温度感が分からないうちは、最大限様々なことに気を遣った上で何か物を言うようにされることをおすすめします。

スポンサーリンク


関連記事

会社を辞めると決めた時に知っておきたい8つのこと

「会社を辞める」ということは多くの方にとって一大決心になろうかと思います。その「辞める」という意思を

記事を読む

新年度のご挨拶代わりに

本日は4月1日ということで、本日から新年度、新しい生活が始まるという方も多いかと思います。また、自分

記事を読む

リシュ面を導入している企業はどうなのか

“リシュ面”という大学の履修及び成績を面接の中で聞いていき、学生に話を盛らせないための面接手法が流行

記事を読む

残業代を支払ってもらう権利主張について

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給

記事を読む

仕事に行きたくない時の対処法

「仕事に行きたくない」仕事をしているとこのように思うこともあるでしょう。この感覚が一時的なものであれ

記事を読む

デーブ氏の「違和感がある」報道に対して

「サンデージャポン(TBS)」でデーブ・スペクター氏がSMAPの解散騒動に対して、報じているのは週刊

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑