自己分析で“強み”を見つけるヒント②

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 5.希望の面接を突破するために

Pocket

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあります」「私は物事を広く深く知る探究心があります」「私は人と人とを繋ぎ、ニーズを調整する力があります」「私は諦めずに挑戦できる力があります」等々色々な答えがあると思います。

9e2c968dd7159233a004ca513acfe5c4_s

自分の強みが発揮された、されなかったシーンを考える

今日はこの内容云々の話ではなく、それらの力があなた自身にある、ということを前提として少し考えて頂きたいことがあります。それは、「その力を発揮出来た出来事と、発揮出来なかった出来事があると思います。その差は自分自身で何だと思いますか?」という問いです。さて、自己分析の時間です。











いかがでしょうか?ここで皆さん自身の答えを出すことは出来ないので、一例を出して考えてみましょう。例えば上記の、「私は諦めずに挑戦できる力があります」という“強み”をアピールしたい場合、残念ながら「どんな事柄についても諦めずに挑戦出来てきたか?」という問いに、“YES”と答えられる人はいないでしょう。(いたら全ての分野でNo.1を取るようなスーパーマンですね)では、どんな時に上記のような力を発揮出来てきたのか、と考える訳です。

強みが発揮できた状態の共通点が何なのかが重要

まず考えるべきは、その力を発揮できたエピソードを複数、そして、発揮(すべきだったかもしれないが)出来なかったエピソードを複数考えてみます。そして、それらのエピソードを見比べて、共通点が何なのかということを探していくのです。そうすると、恐らくですが、特定のコンディション(状態)の時に、自分自身がやる気になり、その力を如何なく発揮出来たのだと思います。

そのコンディション(状態)に自分自身を持っていけるかどうかが、自分自身のモチベーションを上げられるかどうかであり、それを満たせる企業に入ることが恐らく、楽しく働けるか否かになってくる“かも”しれません。(断定は出来ませんが)これが各人のモチベーションの源なんじゃないかとキヨカワは思っています。

P.S.
社会人になっても自身の“モチベーションコントロール”に役に立つと思います。そのコンディションを自分で作れる、そんな力があると、仕事を楽しく出来ると思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

新卒が会社を辞める前に知っておくべき事実

294,500,000円があったら何を買いますか? 294,500,000円。この数字が何を意

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

ありのままの自分で面接に臨んではいけない

面接をしていると、こんな考えを持っている方によく会います。「ありのままの自分を見て欲しい/ありのまま

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

朝、時間通りに出社することは当たり前なのか

今朝の東京は雪で大変でしたね。私も今日はお客様先に朝から向かう必要があり、ただでさえ混んでいる時間帯

記事を読む

面接官の顔色が突然変わる原因

「さっきまでにこやかだった面接官の顔色が突然変わった」こんな経験はないでしょうか?また、たとえ顔色が

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

【自己分析】自分の強みの見つけ方

先日、こんな就活生に会いました。「私、たとえ私が悪くなくても、謝るということに対して抵抗がないんです

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

面接官への質問時間を戦略的に

「最後に、何か質問はありますか?」この質問が面接において最後にされる質問となることが多いと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑