組織内で正しいことが通らない一つの理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために

Pocket

○私が官僚1年目で知っておきたかったこと 著:久保田崇

t02200220_0300030011927374083

◆チームで働いていることを常に意識する◆

私の新人の頃の失敗に、自分1人の都合で一生懸命資料を作成して、それを上司にチェックをお願いしに行っても、上司はチラッと見ただけで資料の中身については何も意見を言ってくれないということがありました。それどころか、まったく違う仕事の話を延々とされたりしました。

らちがあかないので、その資料を直接、協議先の関係部署へ持っていったところ、「俺は聞いていないぞ(=事前の相談がないとは何事だ)」と言われて後回しにされ、1週間も待たされたことがありました。これは、、私が上司や関係部署を含めたチームの仲間と良好なコミュニケーションを取るということを怠っていたからです。新人当初はこのような失敗をたくさんしました。

(本書p20より)

物事の順序を無視してはいけない

これは、私自身が新卒の教育担当のとして指導していた際に非常に大事にしていた考え方の一つです。仕事というのは、どんなに正しい事でも、物事の順序を無視すると実現されないという事実をまず知ることが大事です。この点、料理に非常に似ていますね。料理の基本である「さしすせそ」ではないですが、入れる順番を間違えると悲劇が起こります(笑)

それに近しいものがこういった仕事上においても非常によく起きるのです。それは、仕事が一人で成り立っているのではなく、組織として成り立っていることに他なりません。「だったら一人で仕事をする方が良い」そういう人もいるかもしれません。ただ、仕事である以上、誰かと関わることは間違いないですし、独立等された方の方がこの事実はよりよく実感されるのではないかと思います。今の社会に所属する以上、これは付いて回る事柄だったりするのです。

暗黙のルールの存在を認め、少しずつ知っていく

こういった暗黙のルールがたくさん社会には存在しています。今回のルールもそうですが、恐らく多くのものは、頭では簡単に理解できるものですが、本当の意味で腹落ちして、それを踏まえて行動できるかどうか、というのには少々時間がかかります。とはいえ、まずはそういったことをしっかりと知ろうとすること。そういった姿勢が何よりも大事なんじゃないかと思います。

P.S.
それにしても、公務員という職業は想像以上に今回のテーマについてシビアに見られているようですね…

・上役は役職名で呼ぶ
・文章の細かい部分は、上司の好みに合わせる
・職員の年次を覚えておく

なんていう辺りは…(笑)いやいや、でも重要なことですね。

スポンサーリンク


関連記事

新卒で転職を考えるその前に

新卒の皆さまは入社して半年が経ちましたね。「右も左も分からないという状況だったものが、少し仕事に慣れ

記事を読む

社会人になって化ける人の条件

先日、就活をしていたサポートしていた子(現在社会人1年目)と会う機会がありました。実はその方は前職の

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

リシュ面を導入している企業はどうなのか

“リシュ面”という大学の履修及び成績を面接の中で聞いていき、学生に話を盛らせないための面接手法が流行

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

組織を改善・改革するためには

「なんでうちの会社は○○(不満)なんだ。」組織というものに所属している以上、100%満足していられる

記事を読む

ワークライフバランスの本当の意味

武石恵美子氏の「働く人のワーク・ライフ・バランスを実現するための企業・職場の課題」によると、イギリス

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑