プレイングマネージャーってどうなの?

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 1.キャリア構築の大枠の考え方, 2.組織人として生きるために

Pocket

マネジメントをしながらも、一プレイヤーとしても活躍を求められる。いわゆるプレイングマネージャーという役割になりますが、この役割を担える人の求人数が増えているようです。企業側としてはもちろん、部下のマネジメントを求められるだけでなくプレイヤーとしても活躍してもらえれば直接的な利益に貢献することも多いでしょう。ただし…

2232372216543312d95b6826970b601f_s

プレイングマネージャーという言葉を気軽に使う企業は要注意

プレイングマネージャーという役割は、一時的な役割に留めるべきと私は強く主張したいと思います。それは、プレイングマネージャー本人にとってだけでなく企業にとっても、です。そもそもなぜ、プレイングマネージャーという役割が求められているかと言えば、「人がいない」ということによるものです。

その「人がいない」理由というのは企業ごとによって異なります。例えば、急成長しているベンチャーなどは、事業の拡大と人の採用のスピードが合わず、人が足りなくなることはよくあることです。そういった際にプレイングマネージャーをしてもらうことは一時的な役割としては必要でしょう。また、急成長とは逆に、売上が上がらず人を減らさざるを得ないという企業もプレイングマネージャーを求めます。なぜなら、1人に2人分以上の仕事を1人分の給与でなんとか補おうとするためです。双方とも、その役割を“一時的”と捉えているのであれば問題はありませんが、「それが当たり前」ともし捉えられていたら、長期的には問題が発生してくることが容易に予見できます。

プレイングマネージャーは、当然ですが業務量が確実に増えます。もちろん、そういった環境で働きたいという意思や、それによってもたらされる自身の成長のためと捉えられるのであれば良い機会かとは思いますが、長期的にその環境で働くということは多くの人はできません。特に女性がそのような環境に置かれれば、出産等のイベントを迎えた後の自分のキャリアが描けないのは至極当然でしょう。会社として、「プレイングマネージャーという役割が異常である」ということについて認識がなければ、残念ながらその会社が大きく発展していくことはないと言っても過言ではないと思っています。

責任は明確になるが、業務を明確に分ける方向へシフトすべき

日本でダイバーシティが進んでいかない理由は正にこの部分にあります。プレイヤーならプレイヤー、マネージャーならマネージャーの業務を明確化するということができない、という点に。曖昧にしておくことで、お互いにお互いの業務をカバーできる、と言えば聞こえは良いですが、責任を取る人間が不明確になります。そう、役割を明確にすれば、責任というものが明確にはなっていまいます。「責任を取る」というと非常に重く感じるものですが、それを重く感じるだろうと企業側が従業員に甘えている部分には間違いなくなっているのです。

「多様な働き方はしたいけれども責任は取りたくない」というのが理想かもしれませんが、それは残念ながら企業側としてもNGでしょう。そういった意味では多様な働き方を許容させるような動きをしていく必要がこれからはあるのではないでしょうか。責任、と言っても最悪クビというだけです。そのクビになったとしても生きていけるような力を、これからは付けていかなくてはならないのではないかと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 前編

長期的に物事を見よう、という上で欠かせない要素の一つに、“世界経済の大枠の流れを掴む”という項目があ

記事を読む

大人は本音を言わない

あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

組織を改善・改革するためには

「なんでうちの会社は○○(不満)なんだ。」組織というものに所属している以上、100%満足していられる

記事を読む

転職で年収が上がるのには条件がある

エン・ジャパンは2015年10月13日、「ミドルの転職後の年収」についてのアンケート調査結果を発表し

記事を読む

未経験のことにどう向き合うか

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)

記事を読む

将来食べていくのに困らない職業とは

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事が

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

リスクを取ることを怖いと思う方へ

「踏切を渡る時、電車の信号が“赤”だと安心するんですよね。それは“電車が来ない”ってことですから。逆

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑