面接官がムカつく理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために

Pocket

面接官にムカついた(ネガティブな感情にさせられた)。そんな経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。原因として、面接官が悪いケースも当然あるのですが、面接官が敢えてそのような感情を誘引するような質問をしている可能性もあります(そういうのを圧迫面接と言うのでしょうか)。

abd26c0d8b3974ccba3d6ad9c8f97160_s

面接官は感情的にさせることで本音を引き出そうとしている

まず前提のお話として、世の中にはちゃんとした面接官とそうでない面接官がいる、ということからお話したいと思います。面接では聞いてはいけない質問というものがあります(詳しくは是非google先生にお聞きください)。それをきちんと踏まえた上で質問ができる人とそうでない人です。残念ながら世の中の多くの面接官はそのようなルールをきちんと学んでいないので、そうでない面接官がマジョリティというのが実情であったりします。そういった実情からも想像できるかと思いますが、ある意味面接時の質問は無法地帯です。そのような面接で感情的になったことがない、という方は非常に恵まれている方であるのかもしれません。

また、たとえちゃんとした面接官であっても面接のルールに則って求職者の感情を誘引するような質問をしてくる可能性があります(圧迫面接が近しいかもしれませんが)。このような事実からもお分かりになる通り、面接というのは感情的にさせられる可能性が非常に多くある場所なのです。

そのような環境ですから「ネガティブな感情にさせられた」からと選考を辞退すると決断される方も多いようです。もちろん、それはそれで一つの企業の見方ですから否定するつもりはありません。ただ、もしそれを同じく“感情的”に判断されているのであれば、少し考えを改めた方が良いかもしれません。面接官としても求職者の本音が見たいと思っ ていますし、敢えて感情的にさせるような質問をしてその時の反応を見たいと思っている可能性もあります(ルールを守っているかどうかは別にして)。また、求職者にネガティブな感情を持たれるのは、企業側としてはリスクが非常に高い時代でもあります(ネットに簡単に書き込めてしまいますから)。求職者側も面接で本音をきちんと言わないように、面接官側もいかに本音を引き出すかということに必死ではあるのです。

感情的になったことを見せない役者になるか、事前準備をするか

このような実情を踏まえてどうすべきかという話をすれば、“事前準備”の一言に尽きます。圧迫面接のようなことがあるのか、というようないわゆる受験者からの口コミというものも参考にされてももちろん良いのですが、基本的には相手の“価値観”をきちんと把握するように努めるべきです(企業研究に関する記事は別記事でたくさん上げているので、そちらをご参考に)。すると、質問の意図はその“価値観”にあったものが基本的には来るはずなのです。事前にそういった準備をしておくと、心に余裕ができます。感情的になるというのは、心に余裕がなくなる状態になっている、ということなのですから。

何の準備もなく感情的にさせられるような質問をされると、人間ですから感情的になる時もあるでしょう。そんな時に「感情的にならないよう努力しなさい」というのは中々難しいところではないでしょうか。その場で感情的に見えないような役者になる、という努力でももちろん良いかもしれませんが、事前準備の努力の方を個人的にはオススメしたいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

企業が新卒に求める能力より重要なもの

5年前の南アフリカでのワールドカップ。パラグアイ戦でPKとなり、最後の最後で駒野選手が外し、日本は敗

記事を読む

公務員試験・就職浪人を考える前に

「ねえねえ、明日合コンがあるんだけど、来ない?」ある日、あなたはこんな誘いを受けました。そもそもそれ

記事を読む

就職に資格はどこまで役に立つのか

就職活動が始まる時期だからか、“資格系”のCMが目立つようになりました。非常に個人的な話ですが、某M

記事を読む

面接に遅刻したら

面接で遅刻する…ということはあってはならないことではありますが、電車の遅延をはじめとした不測の事態で

記事を読む

面接で好奇心をアピールする際には注意を

「色んな事に興味があるので、色んな仕事に興味を持っています」「自分の可能性を広げられるような仕事に就

記事を読む

“本気”の伝え方、証明の仕方

その人が本気かどうかを測る方法 これまで数多くの面接をしてきましたが、ほとんどの場合、その面接のフ

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

志望業界で就活することの危険性

同じ業界内の会社を回ることは正しいか 『私は○○業界と○○業界、そして○○業界を中心に見ています。

記事を読む

【就職活動】インターンシップに参加すべきか

2017年卒の就活の面接解禁日が6月1日と確定しました。ご存知の通り、6月1日はあくまで経団連加入企

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑