面接で嘘が見抜かれる理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

「あなたが好きです、付き合ってください!」なんてことを“初対面の人”に突然言われたらどう思いますか?…好みのタイプだったらOKするかも…なんて言う人もいるかもしれませんが(笑)、まぁ、ちょっと気を付けた方が良いですよね。

だって、あまり信用がおけないじゃないですか。信用がおけないのは、そもそもその人のことをあまり知らない、ということがまず来るとは思いますが、人を好きになるプロセスをすっとばしているというところにあるんじゃないかと思います。

120

必ず“行動”が先に来て、“言葉”が後に来る

“人を好きなるプロセス”とは、要するに「好き」と言うまでに起こす行動のことで、積極的に話しかけたり、メールしたり、電話したり、といったことです。もちろん、それをした後に付き合えるかどうかは別として、少なくともそういった“行動”があって初めて、「あなたが好きです、付き合ってください!」に信憑性が出てくるわけです。

このように、「好きです」という“言葉”と、話しかけたりといった“行動”これらの順番がいかに大事か、ということが分かると思います。つまり、必ず“行動”が先に来て、“言葉”が後に来るということですね。

行動を語れば、伝えたいことは自然と伝わる

面接をしていると、この順序が逆、というか、“言葉”だけで勝負しようという人が非常に多くいらっしゃいます。初対面で告白する時に、どんな美辞麗句を並べようとも中々上手くいかないように、“言葉”だけでは残念ながら響かないのです。なので、必ず必要なのが“行動”です。むしろ、“行動”をしていると、何を言わんとしているかが「言葉」で伝えずとも、伝わるということが起こってきます。それが“伝わったら”、「言葉」でわざわざ言う必要はなくなるのです。

「私は12年間、雨でも雪でも毎朝5時に起きて5kmランニングする生活を続けています。」なんていうことを言えば、それ以上何も言わなくとも「継続力がある」「根性がある」ということが“勝手に伝わる”のです。このように、自分が伝えたいことが“伝わる行動”をどれだけ経験し、語れるか。そういった話こそが説得力のある話になるんだと思います。

スポンサーリンク


関連記事

分析する自己と分析される自己が分裂する件

女子大生が就活の自己分析について激怒するツイートが拡散されているようですね。「自己分析って分析する自

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

面接で質問する時の注意点

「何か質問はありますか?」どんな選考においてもこう聞かれることは多いでしょう。「何もありません」は正

記事を読む

「趣味は読書」じゃダメですか。に思うこと

はてなで“「趣味は読書」じゃダメですか。 ”という記事が話題になっているようです。就活の面接でそう言

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

面接官がムカつく理由

面接官にムカついた(ネガティブな感情にさせられた)。そんな経験をしたことのある方も多いのではないでし

記事を読む

面接は第一印象で決まる?

「面接は開始○秒で決まる!」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?開始○秒ということはほとん

記事を読む

面接で話すネタがないと困っている人へ

今日は、面接で自分のことを話す際に非常に重要な要素である、経験・解釈・伝達についてお話をしたいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑