多くの就活生が面接でやりがちな間違い

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

『今日はカレーが食べたいなぁ』そんなことをあなたが思ったとしましょう。『オーダー、カレー!』というビストロS○AP風な号令の下(笑)、一斉に作業が始まりました。制限時間いっぱいになり、出てきた作品をあなたは一つ一つ見て回ります。するとどうでしょう、カレーが調理されずに材料のままある作品や、調理が途中で終わっている作品、ひいてはカレーではない肉じゃがなど、テーマに関係のない作品ばかりが大半を占めています。そんな光景を見て、あなたはどう思いますか…?

a73e506d76d80f8ed48df49a99b02cd3_s

材料だけ提示して、「あとはそちらで判断して」と言われているよう

少なくとも気分が良いものではないでしょう。(少なくともSM○Pがそんな仕打ちをしたのを見たことはありません)今、あなたの感じたことを、多くの人事担当者が学生さんに対して思っていることです。エントリーシートや面接といった自分のことを語る場面において、多くの学生さんがやっているのは、『私はこんな能力(材料)を持ってるんだけど、どう?』みたいな。

何のために企業が求める人物像を提示しているのか考えて欲しいのですが、それこそ上記で言う、『オーダー』に他ならないのです。もっと言うと、企業がなぜその『オーダー』を出すのかという背景をきちんと把握して作品を考えられれば、相手に感動してもらえる可能性は高くなります。そういったことを踏まえながら、自分という材料をいかに調理し、提示するか。そこが求められているのに、材料のまま『あとはそちらで判断して下さい』とされているかのように錯覚するものが多い。時間がないからついつい自己PRがコピペになっているそんな方。バレバレですよ。ちゃんと調理してくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

残念な面接官もいることを知る

日経ビジネスONLINEで、“こんな学生は採らない 人事が語る「残念な人」”という特集が組まれていま

記事を読む

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

スカウトメールは嬉しい!?

転職サイトに登録していると届く“スカウトメール”。届くとついつい嬉しくなって開いてしまうことも多いか

記事を読む

志望業界で就活することの危険性

同じ業界内の会社を回ることは正しいか 『私は○○業界と○○業界、そして○○業界を中心に見ています。

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

面接で好奇心をアピールする際には注意を

「色んな事に興味があるので、色んな仕事に興味を持っています」「自分の可能性を広げられるような仕事に就

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑