多くの就活生が面接でやりがちな間違い

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

『今日はカレーが食べたいなぁ』そんなことをあなたが思ったとしましょう。『オーダー、カレー!』というビストロS○AP風な号令の下(笑)、一斉に作業が始まりました。制限時間いっぱいになり、出てきた作品をあなたは一つ一つ見て回ります。するとどうでしょう、カレーが調理されずに材料のままある作品や、調理が途中で終わっている作品、ひいてはカレーではない肉じゃがなど、テーマに関係のない作品ばかりが大半を占めています。そんな光景を見て、あなたはどう思いますか…?

a73e506d76d80f8ed48df49a99b02cd3_s

材料だけ提示して、「あとはそちらで判断して」と言われているよう

少なくとも気分が良いものではないでしょう。(少なくともSM○Pがそんな仕打ちをしたのを見たことはありません)今、あなたの感じたことを、多くの人事担当者が学生さんに対して思っていることです。エントリーシートや面接といった自分のことを語る場面において、多くの学生さんがやっているのは、『私はこんな能力(材料)を持ってるんだけど、どう?』みたいな。

何のために企業が求める人物像を提示しているのか考えて欲しいのですが、それこそ上記で言う、『オーダー』に他ならないのです。もっと言うと、企業がなぜその『オーダー』を出すのかという背景をきちんと把握して作品を考えられれば、相手に感動してもらえる可能性は高くなります。そういったことを踏まえながら、自分という材料をいかに調理し、提示するか。そこが求められているのに、材料のまま『あとはそちらで判断して下さい』とされているかのように錯覚するものが多い。時間がないからついつい自己PRがコピペになっているそんな方。バレバレですよ。ちゃんと調理してくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

【自己分析】リーダーシップがない人はいない

リーダーシップとは何か? 色んな本で言われていることだと思いますが、“リーダーシップ”とは周りの人

記事を読む

面接で「社会貢献」はNGワードか

『面接で“社会貢献がしたい”って言ったらダメですか?』そんな質問を受けたことがあります。その学生曰く

記事を読む

多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

企業研究とは“何”を調べることなのか “企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一

記事を読む

志望業界で就活することの危険性

同じ業界内の会社を回ることは正しいか 『私は○○業界と○○業界、そして○○業界を中心に見ています。

記事を読む

自己PRを考える時に気をつけたいこと

“需要と供給”という言葉を聞いたことはありますよね?商品の売買などでよく出てくる考え方の一つだと思い

記事を読む

no image

面接では第一印象が本当に重要

皆さんはリアルアキバボーイズ(RAB)というダンスグループをご存知でしょうか。見た目アキバ系、でも、

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

面接で自分がやりたいことを話す前に考えたいこと

最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談

記事を読む

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑