面接で話すネタがないと困っている人へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 5.希望の面接を突破するために

Pocket

今日は、面接で自分のことを話す際に非常に重要な要素である、経験・解釈・伝達についてお話をしたいと思います。経験とは、どんな経験をしてきたか解釈とは、それらの経験をどう解釈しているか、そして、伝達とは、その解釈をどのように伝えるかです。“経験”や“伝達”が大事、という理由は誰もがピンと来る所だと思いますが、“解釈”というものはいまいちピンとこない方も多いかもしれません。しかし、この“解釈”こそが、もしかすると、この3つの中で最重要項目と言っても過言ではないでしょう。具体的な質問を通じてちょっと考えてみましょう。

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

あなたは社会人としての期待を大きく膨らませ、某銀行に新入社員として入社しました。しかし、入社して以来、あなたに任される仕事は来る日も来る日もコピー取りばかり。そんな日々が1年以上続きました。そうした状況に置かれたあなたは何を感じるでしょうか?













同じ経験をしていても、解釈の力で世界が違って見える

さて、いかがでしょうか?恐らく多くの方は、「こんな仕事やってられるか」と思うと思います。つまり、「こんな仕事やってられるか」と“解釈”した訳ですね。しかし、中にはこう“解釈”する方もいらっしゃる訳です。「コピーしている時間で内容に目を通せば、社内の誰が誰と会っていて、誰がこの銀行にとっての重要顧客なのか、そういったことがうかがい知れるじゃないか!なんてラッキー!!」実はこれ、本当に某銀行の頭取の方の実話で、このコピー取りを終える頃には一通りの顧客リストがこの方の頭の中に入っていたそうです。

言うまでもありませんが、そういった“解釈”が出来れば、当然、他の場面でも他の方と違った“解釈”が出来、どんどん差が付いていくことになります。これはもしかすると残念なお知らせかもしれませんが、面接官から見ると、殆どの新卒の方はそれ程大きな差のある“経験”をしていません。差が付いているのはむしろこの“解釈”の部分だったりします。

ご自身の今までの“経験”をどう“解釈”するかそういった視点で、もう一度自己分析してみるのも面白いかもしれませんよ。

スポンサーリンク


関連記事

志望業界で就活することの危険性

同じ業界内の会社を回ることは正しいか 『私は○○業界と○○業界、そして○○業界を中心に見ています。

記事を読む

面接でコミュニケーション能力が高いと言ってはいけない

『コミュニケーション能力に自信があります!』というような話を面接でするのは微妙という話をしたことがあ

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

面接後の質問時間を安易に考えてはいけない

○面接官がガッカリする転職希望者の逆質問 面接官への質問は本当に聞きたいことだけを聞くべきで、

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

面接で話せる“すごい経験”がない人へ

"Think Globally, Act Locally."この言葉、よく環境問題を語る上で使われる

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

面接で好奇心をアピールする際には注意を

「色んな事に興味があるので、色んな仕事に興味を持っています」「自分の可能性を広げられるような仕事に就

記事を読む

異業種への転職に年齢制限?

転職活動をしていると、必ずしも今と同じ業種、職種で転職しようという方は少ないのではないでしょうか。い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑