弱者が目的達成する方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/04 1.キャリア構築の大枠の考え方, 6.価値観・世界観について

Pocket

<決断とは「他の可能性を切り捨てる」こと>
決断することが感嘆で効果的なら、ナイキのコマーシャルのように「Just Do It」、とにかくやってみようとする人が少ないのはなぜか。それは、「決断する」ことの真の意味を知らない人がほとんどだからだ。長い間「決断」という言葉を拡大解釈してきたため、「できればいいと思う」というレベルまで、決断の意味が薄まってしまったのだ。

「できれば禁煙したい」などと、すでに逃げ場を用意したような言い方は、真の意味での「決断」ではない。英語の「decision」(決断する)は、ラテン語の「~から」を意味する「de」と、「切断する」を意味する「caedere」からできた言葉で、「他の可能性を切り捨てる」という意味なのだ。だから、「決断する」とは、「目標を達成することに全力を注ぎ、それ以外の可能性はすべて切り捨てること」を意味する。

(参照:アンソニー・ロビンズの一瞬で「自分の夢」を実現する法p44-45)

弱者だと思うからこそ、決断し、選択と集中をする必要がある

私の好きな一節です。多くの日本人は、「可能性を広げる」ということは積極的にしている印象があるのですが、その逆である、「他の可能性を断って、一つに決める」ということに苦手意識を持っている方が多いように思えます。そもそも日本という国は非常に珍しい国で、普通の大学卒の人間がパイロットになれたりと、それまで何を学んできたかということに関係なく自由な職業に就けるという文化があります。このことからも分かるように、日本において大学に行くのは、潰しが利く状態にしていることに他ならないでしょう。

可能性を残しておく、ということ自体が悪いわけではありません。ただ、それによって力が分散し、一つに絞れていれば結果が出るものが、出ない状況を作っているとも言い換えることができると思います。決断とは、選択と集中です。言い方を変えれば、弱者の戦略でもあります。自分自身が強者(能力が高い)ならば、決断という弱者の戦略を取らずとも済むかもしれません。弱者と思うならば…もう言うまでもありませんね。「Just Do It」です。

スポンサーリンク


関連記事

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

新人研修での「採用ミス」発言

新人研修真っ最中のこの時期。某新人研修会社の代表が「皆さんの会社は採用ミス」と新入社員に対して発言し

記事を読む

転職のミスマッチを防ぐため?

転職によるミスマッチを防ぐために3ヶ月間のトライアル期間を設けて入社するかどうかを決める「TRYOU

記事を読む

面接で求職者に求められていること

採用担当者の立場になって考えるとは lifehackerのブログで、“採用担当者が求職者に心得てい

記事を読む

2016年1月から5月までの世界経済を振り返る 前編

長期的に物事を見よう、という上で欠かせない要素の一つに、“世界経済の大枠の流れを掴む”という項目があ

記事を読む

夢の叶え方

ある早稲田大学の教授が“夢”を“YouME”と表記していました。分解するとYouとMeです。つまり、

記事を読む

未経験者が教える立場にいる異常

世の中には転職をしたことがないのに転職のアドバイスをしたり、結婚をしたことのない人が結婚のアドバイス

記事を読む

リストラされないための備え

本日、今年に入って2度目のサーキットブレイカーが中国で発動されました。それだけでなく、昨日は北朝鮮に

記事を読む

公務員試験・就職浪人を考える前に

「ねえねえ、明日合コンがあるんだけど、来ない?」ある日、あなたはこんな誘いを受けました。そもそもそれ

記事を読む

no image

将来に不安があるのに行動できない理由

○鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」著:勝見明 提言47:人は「してもらった満足

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑