多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために


企業研究とは“何”を調べることなのか

“企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一言で言うと、「企業を知ること」。これ以上でもこれ以下でもないのですが、企業の“何”を知れば良いんでしょう?

be905448a2809d0d8820be8f4e2aab40_s

事業内容はもとより、それを取り巻く環境(業界の状況)、他社との差別化のポイントなどなど…こういったものを知れば良いんでしょうか?そして、それを知ってどうしますか?

…こんな所に陥る就活生は多いのではないかと思います。もっと言うと、こういった“企業分析”をしっかりやってきたことをどうしてもアピールしたいがために、面接官に企業や業界知識で勝負しようとする学生さんもいます。ごめんね、勝てるわけないよ(笑)話を戻しましょう。“何”を知れば良いんでしょう?













いかがでしょうか?もちろん、答えは一つではないし、これから言うことも絶対解ではありませんが、キヨカワの解としては、その企業の持つ考え方や価値観を知ろうとします。

企業の持つ考え方や価値観を調べる方法

ある意味、事業内容や沿革、求める人物像などは、その企業がどんな考え方をし、どんな価値観を持っているのかということを推し量るための情報に過ぎないと思っています。各企業の持っている考え方/価値観をしっかりと腹落ちさせること、これが“企業を知ること”=“企業研究”だと考えます。

それを踏まえて自分の何をぶつけるか

各企業の“考え方”“価値観”を知り、それを踏まえてどう自分をぶつけるかを考える必要があります。伝統があり、それを守り続けている企業で、売上が横ばいである企業があれば、伝統をしっかりと尊重しつつ、その中で現状打破するような方策を考え、実施したような経験があれば、そのような経験を話すと共感される可能性は高いですね。このように、相手が何が求めているか、ということを探ることこそ企業研究です。それらを知るには非常に多くのヒントが存在していると思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

自己PRを考える時に押さえておきたいポイント

あなたの得意なことはなんですか?サッカーやバスケのようなスポーツを挙げる人もいれば、歌や楽器の演奏な

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

自己分析で“強み”を見出した時の落とし穴

この顔に見覚えはありますでしょうか?そう、「ちびまる子ちゃん 」の山田くんです。「山田!」と

記事を読む

志望動機で“商品・サービスのファン”はありか

「私は人々に夢や希望を与えられる仕事をしたいと思っています。なので、第一志望は“オリエン○ルランド”

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

面接官に共感してもらう話し方

「私の強みは、『好奇心に対する行動力』です。高校までは部活一筋で、毎日毎日同じ事を週7日間やっていま

記事を読む

転職理由の嘘と本音

転職理由・退職理由を聞かれるのが困る…転職の面接でそれらを聞かれた際、答え方に困る方は多いのではない

記事を読む

面接で弱みを聞かれた時の返し方

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑

記事を読む

「趣味は読書」じゃダメですか。に思うこと

はてなで“「趣味は読書」じゃダメですか。 ”という記事が話題になっているようです。就活の面接でそう言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑