多くの人が勘違いしている企業研究のやり方

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 5.希望の面接を突破するために

Pocket

企業研究とは“何”を調べることなのか

“企業研究”、皆さんはどうやっていますか?“企業研究”とは一言で言うと、「企業を知ること」。これ以上でもこれ以下でもないのですが、企業の“何”を知れば良いんでしょう?

be905448a2809d0d8820be8f4e2aab40_s

事業内容はもとより、それを取り巻く環境(業界の状況)、他社との差別化のポイントなどなど…こういったものを知れば良いんでしょうか?そして、それを知ってどうしますか?

…こんな所に陥る就活生は多いのではないかと思います。もっと言うと、こういった“企業分析”をしっかりやってきたことをどうしてもアピールしたいがために、面接官に企業や業界知識で勝負しようとする学生さんもいます。ごめんね、勝てるわけないよ(笑)話を戻しましょう。“何”を知れば良いんでしょう?













いかがでしょうか?もちろん、答えは一つではないし、これから言うことも絶対解ではありませんが、キヨカワの解としては、その企業の持つ考え方や価値観を知ろうとします。

企業の持つ考え方や価値観を調べる方法

ある意味、事業内容や沿革、求める人物像などは、その企業がどんな考え方をし、どんな価値観を持っているのかということを推し量るための情報に過ぎないと思っています。各企業の持っている考え方/価値観をしっかりと腹落ちさせること、これが“企業を知ること”=“企業研究”だと考えます。

それを踏まえて自分の何をぶつけるか

各企業の“考え方”“価値観”を知り、それを踏まえてどう自分をぶつけるかを考える必要があります。伝統があり、それを守り続けている企業で、売上が横ばいである企業があれば、伝統をしっかりと尊重しつつ、その中で現状打破するような方策を考え、実施したような経験があれば、そのような経験を話すと共感される可能性は高いですね。このように、相手が何が求めているか、ということを探ることこそ企業研究です。それらを知るには非常に多くのヒントが存在していると思いますよ。

スポンサーリンク


関連記事

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

分析する自己と分析される自己が分裂する件

女子大生が就活の自己分析について激怒するツイートが拡散されているようですね。「自己分析って分析する自

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

スカウトメールは嬉しい!?

転職サイトに登録していると届く“スカウトメール”。届くとついつい嬉しくなって開いてしまうことも多いか

記事を読む

面接時の質問で求職者の評価が変わる

営業利益率を聞かれた面接官が思うこと 「御社の営業利益率は何%ですか?」こんな質問をして来た求職者

記事を読む

本番の面接で離職率の質問を聞いてはいけない

面接をしていると、離職率に関する質問を受けることがあります。ブラック企業という言葉が流行っているせい

記事を読む

面接官に質問例にある質問をすると…

良い社員になりそうな求職者が面接でよく聞く7つの質問ということで、下記の質問が挙げられていました。

記事を読む

「面接が苦手」を克服するためには

「面接が苦手」 声に出して言うかどうかはともかく、そういった意識のある方は多いのではないでしょうか

記事を読む

面接で話すネタがないと困っている人へ

今日は、面接で自分のことを話す際に非常に重要な要素である、経験・解釈・伝達についてお話をしたいと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑