自分のやり方にこだわる危険性

Pocket

○Works No.105
works105
早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔となるポジションに、現在でもトップリーグで活躍する、ある優秀な4年生がいた。彼の唯一の弱みはタックル。普通であれば「できないことはやらなくていい」と言う僕だが、彼のポジションは、走りこんでくる敵をタックルで止めることが重要な仕事の1つだった。彼自身も「できるようになりたい」と切望していたこともあり、一緒に練習を重ねた。

(中略)

人を成長させようとするとき、リーダーが決めることは2つ。1つは“What(何を学ばせるのか)”と、“How(どのように学ばせるか)”だ。この例でいえば、“What”はタックルであり、“How”はタックルダミーから始めた一連のステップである。

“What”はいわば目標設定。多くのマネージャーはここに力を注ぐ。しかし、どのように教えるか、目標に到達させるかにはそれほど知恵を絞っていない。さらに問題は、先の例のように目標を達成できなかったときの“振り返り”である。

それなりに力を注いで育成に当たっていればこそ、「やっぱりこの選手にタックルは向かないんだ」「目標が高すぎたのかもしれない」など、“What”ができなかったことばかりを反省する場合がほとんどではないか。しかし、僕は“How”の振り返りこそ欠かせないと思う。つまり、目標を達成できなかった理由を目標そのものに求めるだけでなく、目標の目指し方を失敗した可能性も検討すべき、ということだ。

(本書p70-71 中竹竜二氏「若手を腐らせるな」)

目的地(WHAT)にたどり着く方法は一つではない

今日フォーカスして欲しいのは指導される側の視点。「タックルが出来るようになりたい!」という“What”に対して、一つの“How”で何とかしようとする人は多い気がします。なぜ一つの“How”になってしまうかと言うと、自分ひとりでその“What”に取り組むことが、ある意味“美徳”であり、そうする人が多いからです。学生時代の勉強は、ひとりで成果を上げることが求められていますが、社会人になるとその考えは全く異なることは以前にも書きましたが、この“How”に関しても、人に相談した数だけの“How”が見つかることは言うまでもありません。そう、別に一つの“What”に辿り着く道は一つだとは限らない訳です。

自分のやりかた(HOW)にこだわることの危険性

これ、当たり前に聞こえるかもしれませんが、就活生だけでなく多くの社会人が悩むポイントだと思います。自分ひとりで就活(仕事)して、その結果を受けて凹むそんなことになっていませんか?“結果を出す”という一つの“What”を得るのに、今の皆さんの方法が全てではない訳です。そう、やり方“How”によっては“結果”に辿り着けていたかもしれない。そう考えると、自分のやり方“How”だけにこだわることがいかに危険なことか。

自分を信じることは大事ですが、今までの学生までの勉強と仕事は全く違うものだということを、改めて認識する必要があります。自分のやり方“How”にこだわらず、結果を得るための“How”を探す。こういった考えが重要だと思います。

スポンサーリンク


関連記事

面接官が面接で印象に残る話

「面接で、どんな人が印象に残りますか?」こんな質問を受けることがあります。この問いに対しては色んな答

記事を読む

組織を改善・改革するためには

「なんでうちの会社は○○(不満)なんだ。」組織というものに所属している以上、100%満足していられる

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント②

「あなたの“強み”は何ですか?」これもよく聞かれる質問だと思います。「私は行動力と精神的なタフさがあ

記事を読む

ありのままの自分で面接に臨んではいけない

面接をしていると、こんな考えを持っている方によく会います。「ありのままの自分を見て欲しい/ありのまま

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

収監前と後のホリエモンの変化

週末ふとテレビを付けると、ホリエモン(堀江貴文氏)が出ていました。見ていて改めて思うのは、“極めて合

記事を読む

成長する方法

突然ですが、「10人、あなたがよく話すなぁと思う人を思い浮かべてください」 ち ょ っ

記事を読む

朝、時間通りに出社することは当たり前なのか

今朝の東京は雪で大変でしたね。私も今日はお客様先に朝から向かう必要があり、ただでさえ混んでいる時間帯

記事を読む

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

面接で好奇心をアピールする際には注意を

「色んな事に興味があるので、色んな仕事に興味を持っています」「自分の可能性を広げられるような仕事に就

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑