褒めて育てることは良い事か

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 3.マネジメント人材になるために

Pocket

“子供が良いことをしたときに「えらいね、すごいね」と褒めるのではなくて、「○○してくれてありがとうね」と言うようにしている。 ”

これ、なぜそうするかというと、「えらいね、すごいね」と褒めるのは良いのですが、これを続けていると「褒めないとやらない」「見ていないところではやらない」となる傾向もあるそうです。

一方、「~してくれてありがとう」というのは「他者に貢献した行為に感謝している」ので、なにか人の役に立つことをしよう、という意識付けができるそうです。

実際、そのうちの子はこうして育てるようにしたところ、「ね、なにか私にできることある?」が口癖になっているとのこと。

微妙な違いですし、もちろん子育てに100%の正解はないでしょうが、人の幸せだったり成功だったりには、他の人への貢献やら感謝やらが不可欠だったりするので、こういう考え方は素敵だな、と思いました。

IDEA*IDEA 百式管理人のライフハックブログ より)

5600106012ecf2e1e03bcc30e91913c2_s

褒められることに依存する人

この話、素敵だなと心から思います。確かに、「えらいね、すごいね」という言葉はその本人に対して、本人のために言う言葉であって、そういった所にモチベーションを持ってしまうと、そうされない時にはそういった行動が起こせないというのも納得がいきます。「僕は褒められて伸びるタイプです」なんて言う人がいますが、そこに“依存”していて、褒められなければ何も出来ないのは違いますね。

なにか私にできることある?と聞ける人に

それに対し、「~してくれてありがとう」は、その本人に対して、他者のために言う言葉です。モチベーションが自分ではなく他者にある人は強いと思います。モチベーションが自分にあると自分が満足したら終わりですが、他者にあると充足することがありませんから。(その分大変ですけどね)

口癖が「ね、なにか私にできることある?」になるのは相当素敵です。この話は“子育て”にはもちろんのこと、マネジメント上も同じだと思います。部下に、期待通りのパフォーマンスを出してもらえるかは“業務の仕組み化”の話だと思いますが、期待以上のパフォーマンスを出してもらえるかは、このような分野の話になるでしょう。そんな話はまた後日。

スポンサーリンク


関連記事

新規プロジェクトの進め方で外してはならないこと

“複数の人を巻き込んで1つのプロジェクトを成功させる。”企業においてルーティンで行われていることも含

記事を読む

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

ダイバーシティ問題を解決する方法とその副作用

女性の社会進出をダイバーシティと呼んでいるきらいのある日本ですが、本来のダイバーシティの意味はもっと

記事を読む

クラウドソーシング(業務委託)の課題

ランサーズやクラウドワークスといった“クラウドソーシング”と呼ばれる業界が流行り始めて久しいですね。

記事を読む

こんなマネージャーは失格だ②

「コミュニケーションが取れないマネージャーは存在価値なし」という強烈な言葉を残して昨日の記事を終えた

記事を読む

企業でダイバーシティを受け入れる手段

ジェイソン:セールスフォースさんで言うと、多分そのままセールスクラウドを使う割合とかは、結構具体的な

記事を読む

ベアーズ執行役員のエントリーに思うこと

家事代行サービスのベアーズの執行役員の方が実名で書かれた“女性に読んでほしくない女性のマネジメントに

記事を読む

権限委譲の正しいやり方

権限委譲 与えられた(業務)目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する力を与えること

記事を読む

AKBがついに組織論・マネジメント論の参考に

最近はテレビで見ない日はないAKB48。ちょっと前までは、「あぁ、アキバのオタクアイドルでしょ」くら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑