AKBがついに組織論・マネジメント論の参考に

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 3.マネジメント人材になるために

Pocket

最近はテレビで見ない日はないAKB48。ちょっと前までは、「あぁ、アキバのオタクアイドルでしょ」くらいにしか捉えていなかった人も多いはずですが、すっかり日本中を巻き込んだものになってしまっています。

159806d1729444a63a757b412fbbe79b_s

ファンに何枚も同じCDを買わせるような手法はどうなんだ、など、色々と賛否両論ある彼女らですが、賛否両論のある状態を作っていることも秋元康氏によるものなんじゃないかと思わせられるほど、色んな意味で同氏の凄さを感じます。

先日、ある人事関連のセミナーでもこのAKBの話が取り上げられ、AKB組織論とでも言いましょうか、彼女たちがAKB48という組織でどのように結果を出しているかという観点で物事が離されていたので、今日はそれを共有したいと思います。そのポイントは3つ。1.一人ひとりが主役、2.徹底したチーム制、3.総選挙制度。

1.一人ひとりが主役

もう卒業しましたが、前田敦子さんの有名な言葉。「私を嫌いになっても、AKBは嫌いにならないで下さい」というもの。「謙虚だな」と思いきや、実際に嫌っている一定の層がどうやらいるらしいです。これは歴代のアイドルには見られなかった傾向。(誰が好き、ということはあっても、誰が“嫌い”ということまではないという)

その代わりに、AKBには前田敦子さんだけではなく、他にも同じくらい支持される女の子たちがたくさんいて、そのそれぞれの子たちが自分自身の得意分野で主役になっていっているというところが、今までのアイドルグループとは大きく違う点ですね。(他のグループは、グループとして出演することが多くありますが、AKBの場合はバラバラにいろんなところに顔を出しています)絶対的エースのような存在を作らず、自分自身の得意分野で主役になれる仕組みを作っている、それがまずはAKBの組織づくりの上手い1つ目の点です。

2.徹底したチーム制

こういったアイドルグループはよく、表面的に仲が好さそうでも裏の人間関係はドロドロなんていう話を聞きますが、AKBは“徹底したチーム制”を敷くことでこれを回避しているそう。例えばチケットやCDの売上のノルマを課された時、達成できていないメンバーがいるチームは“連帯で責任を取らされる”仕組みになっているようです。更に、“寝食を共に”し、常日頃から一体感を持たせるようにしているよう。恋愛禁止令というのも上記から紐付いてくるもので、全てはチームの一体感を大切にするための施策だという。徹底して一体感を出させる、これが2つ目の上手い点です。

3.総選挙制度

2.のチーム制によって、どうも仲が良いAKBのようですが、年に1度、総選挙というもので現実をしっかりと突き付ける仕組みを持っています。仲が良いとどうしても出てくる“なぁなぁ感”。けれども、彼女たちがやっているのは“ビジネス”なので、妥協は許されない。そんな“なぁなぁ感”を吹き飛ばし、年に1度、緊張を走らせる瞬間を作っているのも上手いところ。順位によってはメディアに出れる、出れないなどの、まるで箱根駅伝のようにずばっと切ってしまうのも、現実の厳しさを教えている気がします。総選挙で現実を直視させる、これが3つ目の上手い点です。

恐らく、これ以外にも色々と組織をまとめていく上での施策はあるでしょう。が、表面的に見えるものでもこういったことを10代の女の子を中心の組織でやってのける秋元氏の凄さを感じざるを得ません。歌云々はともかく、引き続きAKBの動きをウォッチしていきたいと思いました。

スポンサーリンク


関連記事

“自分なりに考える”ことができない部下後輩がいると考える方へ

後輩や部下に「自分で考えてから相談しに来い」と言ったことはないでしょうか。そして、その後輩や部下なり

記事を読む

どんなタイプのリーダーにも必要な力

カンボジアでの研修も6日目。今日は首都プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップに移動し、研

記事を読む

成長して成功する方法

“世界最強の製造業” GEの勝ち続けるための人材育成と企業文化という記事がニュースイッチというサイト

記事を読む

「あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?」 の著者に思うこと

“「あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?」 配属先も未定なのに何を答えろというのか”

記事を読む

管理職はボトムアップ型、トップダウン型いずれであるべきか

昨今の管理職はトップダウン型よりもボトムアップ型が圧倒的に多いそうです。部下の気持ちをきちんと把握し

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

ベアーズ執行役員のエントリーに思うこと

家事代行サービスのベアーズの執行役員の方が実名で書かれた“女性に読んでほしくない女性のマネジメントに

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

no image

組織の譲れない価値観の作り方

多様性のマネジメントは大変難しいもので、究極的には相容れない価値観もあります。だから私は、逆説的かも

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑