「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイント?

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 3.マネジメント人材になるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「使える人材」と「使えない人材」を分けるポイントを探った。そしてわかったのは、「使える」と言われた新人はみな子どもの頃に親の手伝いをした経験があり、「使えない」新人はしたことがない、という事実だった。つまり「小さい頃お手伝いをしていたかどうか」が両者を分けたのだ。以後この会社では、「子どものときに親の手伝いをしたことのない人間は、採用してはならない」と決めたという。(中略)

現代の日本で親が子どもに第一に求めることは「勉強」だ。「勉強しなさい」と言われ続けた子どもたちは、「一番大事なのは勉強だ」と思い込む。たまに「お手伝いしなさい」と言われても「家事はお母さんの仕事でしょ」と反論する。受験生の親などは「子どもに勉強以外何もさせないことが自分の仕事」と心得ている。親子とも悪しき「勉強至上主義」に毒されているのだ。

しかし子どもの勉強も、家あってのもの。生活のために親のしている仕事こそ、何より大事なもののはずである。私に言わせれば子どもが一番にすべきことは勉強ではなく、親の手伝いである。つまり「お手伝い至上主義」だ。

(参照:子どもを将来仕事に困らない人間に育てるには、プレジデントオンライン )

illust3595

子供時代の価値観はなかなか抜けない

子供の頃にお手伝いをしていたかが「使える人材」か「使えない人材」かを分ける。もちろん、端的な表現として、というところだと思うけれども、理に適っている話にとても聞こえる。人間は基本的に“承認の動物”なので、自分がどうしたら“承認されるのか”ということを常に考えて行動していると思います。

そういった中で、今回のように何が“承認されるのか”ということを、子供時代に間違って教えてしまえば、その価値観は中々崩せなくなるというのも非常に頷けます。そういった意味で今、一人の子供の親として危機感を持っているのは、今の日本はまだまだ勉強至上主義なのかな、ということ。

本質が難なのかを考えられる力こそ社会で必要な力

もちろん、勉強そのものに対して意味がないとはもちろん言わない。けれども、本質的なことは小学校の「道徳」以外からは学べていなかったようにも思える。今振り返って一番大事だと思うのは、そういった 勉強を通じて、本質は何なのかを考える力だと思っています。理科は世の中の法則について学ぶ科目だと思うし、歴史は人の心理について学ぶ科目だと思う。そういったことを教えられず、単に暗記に走らせる教育と当時の自分は解釈していた。そこに対してものすごい危機感を感じる。

社会に出て思うことは、そういった“本質”をどこの場所にいても求められる、ということ。それまでどんなに点数が取るのが得意でも、社会に出て活躍できない理由はここにあると思っている。とはいえ、とにかく暗記のような勉強をしてきたからこそ、そういうところに気付きを持てたりするもので、そういったことが当たり前のこととして捉えられていたら、これほどまでにそこに強い想いなんかは存在しえないんだなと思うと、どういう教育が本当に良いのか分からなくなるのも事実としてありますね。…難しい(笑)。

スポンサーリンク


関連記事

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

人に頼らない人生は楽しいか

「アニメの「ドラえもん」の主人公は誰?」と聞かれて、あなたは何と答えますか?「ドラえもん」と答える人

記事を読む

新年の挨拶のネタで“箱根駅伝”を使う前に

あけましておめでとうございます。今日から仕事始めという方も多いのではないかと思いますが、皆様はどのよ

記事を読む

今の受験勉強は意味ない?

<大人と子供 一緒に学べ> 「1+2=3」みたいなことを学んでもしょうがない。正解が1つではないも

記事を読む

残業代を支払ってもらう権利主張について

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給

記事を読む

no image

選ぶことが怖いと感じる方へ

“選択と集中”という言葉が好きだ。この言葉を知ったのはいつだろう?と考えると、前職に入るきっかけにな

記事を読む

グループワークの適正人数は…

25人をチーム分けしてグループワークをさせます。さて、あなたならどのようにグループ分けするでしょうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑