大人は本音を言わない

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について


あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」と豪語出来る人もいらっしゃるかもしれません。“周囲を気にせず本音で語る”というのは、もしかすると学生時代までの特権かもしれません。なぜなら、社会人は“周囲を気にせず本音で語る”という行為をしないようにしています。いや、正確に言えば、出来ないと言った方が正しいと思います。今日はそんな話。49dd8a2897151c58c838f037c9ac7336_s

本音で話すことには自分ごとだけでは済まないリスクが生じてくる

なぜ、社会人は“本音を語る”という行為が出来ないのか?それは、その“本音”を語ってしまうことでリスクが生じることが分かっているからです。社会人になると、良くも悪くも責任というものが伴います。新入社員の方は身に覚えがあると思いますが、会社に入って一番最初に結ぶのが“機密情報保持”の契約書のはずです。会社内で見聞きしている情報というのは、“機密情報”だ、ということを謳っているものですが、殆どの新卒社員はそのことを“真”の意味では理解せず、気楽に友達に喋ってしまっていたりします。もちろん全ての情報とは言いませんが、その情報の選別は、新卒の社員には残念ながら出来ないでしょう。(最初の一年というのは、実はそういったことを教えられます)

学生時代までは当たり前だったことが、社会人になると当たり前ではない。そんなことのオンパレードな一年のはずです。そういった一年を過ごすと、何かを話そうとする時、こんなことを思い浮かべます。「この人にこの話をしても大丈夫か?」そういったことを考え出すと、特に当たり障りのない方であれば、話さずにことを済ますようになります。もっと言うと、その目の前の人に“合わせて”、話しても大丈夫な情報に加工してから伝えるということを、無意識にやっていたりします。それは“本音”というものからは遠いものになることだって往々にしてあります。

本音を言いたくとも言ったら大変なことになることが分かっている

“本音”と“建前”というのはよく言ったもので、別に“建前”を言いたくて言っている訳ではないけれども、言わざるを得ない事情が社会人にはあるのです。こういった前提に立って世の中を見てもらうと、震災時の政府や東京電力の対応が、なぜそうなのか、ということが見えてきます。彼らは“本音”で語ることは出来ない。そんなことは容易に想像出来るのではないでしょうか?彼らの発言は良くも悪くも影響が非常に大きいものとなります。そんな中でどういった表現で、しかも間違いのないように話をするということがどれだけ難しいことか。彼らの対応が遅くなるのは、ある意味当たり前なのです。

この話を良くも悪くも操作できるのがマスメディアだったりします。マスメディアで流れている情報は、少なくとも彼らにとって都合の悪い情報は流れません。もっと言えば、マスメディアにスポンサーとして付いている企業等含め、彼らに都合の悪い情報は極めて流れにくくなっています。(NHKがそのような影響を受けないために企業からのスポンサーを取っていない、というのはそういった意味合いからですね。)だからこそ、様々なリソースから情報を取り、物事を多角的に見て自分で判断していく必要があるわけです。

幸い、インターネットの出現によって情報がどこからでも取れる環境があります。その環境がありながら物事を判断できないのは、残念ながら怠慢と言わざるを得ない社会になってきていることも事実です。情報にかく乱されず、確固たる自分を持てるような行動をしていきたいものです。

スポンサーリンク


関連記事

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを目指すべき

2012年の8月に発売した“ドラクエ10”。それまではゲームを卒業していたのに、それでゲームに復帰し

記事を読む

“チャンス”を逃さない方法

“チャンス”を逃さない方法はあるか 「“チャンス”を逃さない方法ってないのでしょうか?」こんな

記事を読む

夢の叶え方

ある早稲田大学の教授が“夢”を“YouME”と表記していました。分解するとYouとMeです。つまり、

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

no image

最高峰のチームの中でレギュラーを勝ち取る

○心を整える。 著:長谷部誠 ■外見は自分だけのものではない 高校時代、服部先生は

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

自己分析で“強み”を見つけるヒント

○最高の成果を生み出す 6つのステップ 著:マーカス・バッキンガム 仕事を始めたばかり

記事を読む

no image

目的達成は犠牲の上

○鋼の錬金術師 著:荒川弘 このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑