将来、未来が不安な理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 6.価値観・世界観について

Pocket

「僕の友人に10ヶ月で世界80ヶ国を回ってきた友人がいるんだけれども、平均すると各国に3日程度しかいれない計算になるんだよね。よく3日坊主~なんて言うけれども、3日ってすごいと思う。3日とはいえ、その国の風景、空気を知っていることで、その土地に対しての親近感が持てるし、何かそこでニュースがあった時には、より意識が向くと思う。

ちょっと話を変えましょう。アメリカに15年住んでいる人と、3日しかいなかった人、そして、行ったことがない人がいたとしましょう。15年住んでいる人と3日そこにいた人の距離と、3日そこにいた人と行ったことがない人の距離って、後者の方が遠い感覚って分かりますかね。ちょっとでも経験をしたことある人と、経験が全くない人では、雲泥の差があるんです。だから怖がらずに何でも経験すること。一度経験すれば、次に経験する時はある程度想像できる。そうやって経験がないことを減らしていけば、怖いことってないと思う。」

75f794c0621f1a2d864e69b33074ebc3_s

一度経験したことが怖さを軽減してくれる

上記は、以前母校で“キャリアアップセミナー”なるものがあったので参加してきて、その時とある社長さんがお話されたのですが、とても良い話だったので共有させて頂きました。私もアメリカに行く前は、「銃で打たれたらどうしよう」などという心配をしておりましたが…そこに過度に心配する必要ないですね。

もちろん、全く心配する必要がないとは言い切れませんが、ある意味日本で、交通事故に遭うかもしれないから外出しないくらい意味のない心配だと今は思います。多くの経験はそれくらいのもので、それをやったからといって死ぬものなんてほとんどないでしょう。だからまずはやって(経験して)みるということが本当に大事、ということを改めて認識します。

お化けが怖い理由と将来、未来が不安な理由は同じ

お化けが怖い、というものもこれと同じ理論ですね。要するに、よく分からないもの、未知のものだから恐怖を感じるのです。もしお化けというものが科学的に解明されて、ということがあれば怖さは間違いなく軽減されることでしょう。そういう意味では、将来、未来に不安を感じるのもそうですね。見えないからこそ怖い。でも、楽しみでもあるのではないでしょうか。そのために色々と食わず嫌いをせずに経験をしていく、ということは本当に大事な考え方のように思えてなりません。

スポンサーリンク


関連記事

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

相互理解は異文化だけの話ではない

「相互理解」という言葉を聞いたことはあるでしょう。端的にその意味を言えば、“お互いにお互いのことを理

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

なぜ、ワンピースのルフィは海軍に追われるのか?

皆さんご存知のワンピースのルフィ。ちょっと皆さんに聞きたいのですが、「なぜ、ワンピースのルフィは海軍

記事を読む

no image

何かを成し遂げたい時に覚えておきたいこと

○One piece (巻10) 著:尾田 栄一郎 「おれは剣術を使えねェんだコノヤロ

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

サービス残業は当たり前か!?

「残業代は月給に含まれているようで出ないんです」このような話をよく聞きます。残業をしても残業代が出な

記事を読む

「運が悪い」理由

起こったことを受け入れられることを“幸せ”と言い、起こったことを受け入れられないことを“不幸”と言う

記事を読む

英会話スクールで英語が喋れるようにならない理由

“PDCA”この言葉は、多くの方が聞いた事のある言葉だと思います。念のため“PDCA”というものをW

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑