未経験のことにどう向き合うか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)から学ぶのは、非常に難しく、「私たちは、歴史を参考にしながら、結局は経験からしか学べない」というのがより適切な言い方のような気がします。

出典:勝間和代オフィシャルメールマガジン1月28日発行号

e57113e019c460e65eea5f10211fb3a7_s

当事者にならなければ(経験しなければ)分からないという事実

ステマではありませんが(笑)、過去の勝間さんのメルマガでヒットしたものがあったので、今回はそれを紹介します。これ、本当にそうだな、と思います。自分自身が一番それを感じるのは、親としての自分を考えたときです。親の心子知らずとはよく言ったもので、当事者にならない限り、本当の意味で親の気持ちが分かることはない、ということだと思います。ましてや、小さい頃の子供に抱く感情と、大きくなってのそれとはまた違うと思うので、親と言っても完全に分かるわけでは全くありませんが・・・。

ともあれ、今日一番の強調したい部分としては、“当事者にならなければ絶対に分からない”というところ。親になったことがない人が親の気持ちが分からないように、その当事者にならずしてその人の気持ちが完全に分かることはないでしょう。まず、この“事実”を押さえておかなくてはならないと思う。

事実を認識した上で、どうすべきかを考える

ただ、だからといってその人の気持ちになることを諦めるかというと、それも違う。その気持ちを分かろうと色々と試行錯誤していくプロセスが大事なんじゃないかと。そのプロセスを踏まずして、分かったような気になっていたり、逆に分かるのを諦めるというのも違う話です。しっかりと事実は事実として捉え、その上でどう行動すべきか、ということを考えなければならないのでは、と思います。

よく考えてみると、今回のこのような話って、色んな所にあると思っています。例えば、人間はポジティブであるべき、というような話とか。もし、常にポジティブな人がいたとしたら、それは一つの才能だと思うけれども、多くの人はそうでないと思う。自分自身にネガティブな側面があるという“事実”をしっかり認識しながら、そのネガティブな側面がいかに“出ないような状態”を作るにはどうしたらいいか。そういったことを考えていく必要があるのではないかなと思います。ま、とはいえ言うは易し。実践は難しいことには変わりないですけどね。

スポンサーリンク


関連記事

「好き」を仕事にすべきか否か

“好き”を仕事にすべきか否か 「“好き”を仕事にすべきか否か」。今日はこのテーマについて話をしてい

記事を読む

やりがいのある仕事を選ぶには

「仕事に対して、お金とやりがい、どちらを望みますか?」このような質問に対して、皆さんはどのようにお答

記事を読む

怒られた(クレーム)時の対応法

「“怒る”と“叱る”は違う」なんていうことを様々なところで聞きますが、人間は感情の動物ですからどうし

記事を読む

就活で内定が出ない理由

仕事柄、就活生から就活の相談に乗ることが多々あります。そんな時、ほぼ共通して話をしているのが、“貢献

記事を読む

どの分野の力を伸ばすべきかを見つける方法

みなさんご存知のイチロー。野球にかかわる多くの記録を塗り替えてきた彼を見て、皆さんはどんな気持ちにな

記事を読む

no image

夢はどうやったら叶えられるか

「最後の授業」が教えてくれること あなたはランディ・パウシュ氏の「最後の授業」 を見たことはありま

記事を読む

英会話スクールで英語が喋れるようにならない理由

“PDCA”この言葉は、多くの方が聞いた事のある言葉だと思います。念のため“PDCA”というものをW

記事を読む

職場のパワハラ、セクハラ、モラハラ対処法

パワハラ、セクハラ、モラハラなどなど、職場で起こる問題は尽きません。それらの件数がここ最近増えてきて

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

大企業に在籍しながらベンチャーを経験する

レンタル移籍と聞くと「サッカーか」と思ってしまいますが、この考え方がビジネスの場にも登場してきている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑