未経験のことにどう向き合うか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)から学ぶのは、非常に難しく、「私たちは、歴史を参考にしながら、結局は経験からしか学べない」というのがより適切な言い方のような気がします。

出典:勝間和代オフィシャルメールマガジン1月28日発行号

e57113e019c460e65eea5f10211fb3a7_s

当事者にならなければ(経験しなければ)分からないという事実

ステマではありませんが(笑)、過去の勝間さんのメルマガでヒットしたものがあったので、今回はそれを紹介します。これ、本当にそうだな、と思います。自分自身が一番それを感じるのは、親としての自分を考えたときです。親の心子知らずとはよく言ったもので、当事者にならない限り、本当の意味で親の気持ちが分かることはない、ということだと思います。ましてや、小さい頃の子供に抱く感情と、大きくなってのそれとはまた違うと思うので、親と言っても完全に分かるわけでは全くありませんが・・・。

ともあれ、今日一番の強調したい部分としては、“当事者にならなければ絶対に分からない”というところ。親になったことがない人が親の気持ちが分からないように、その当事者にならずしてその人の気持ちが完全に分かることはないでしょう。まず、この“事実”を押さえておかなくてはならないと思う。

事実を認識した上で、どうすべきかを考える

ただ、だからといってその人の気持ちになることを諦めるかというと、それも違う。その気持ちを分かろうと色々と試行錯誤していくプロセスが大事なんじゃないかと。そのプロセスを踏まずして、分かったような気になっていたり、逆に分かるのを諦めるというのも違う話です。しっかりと事実は事実として捉え、その上でどう行動すべきか、ということを考えなければならないのでは、と思います。

よく考えてみると、今回のこのような話って、色んな所にあると思っています。例えば、人間はポジティブであるべき、というような話とか。もし、常にポジティブな人がいたとしたら、それは一つの才能だと思うけれども、多くの人はそうでないと思う。自分自身にネガティブな側面があるという“事実”をしっかり認識しながら、そのネガティブな側面がいかに“出ないような状態”を作るにはどうしたらいいか。そういったことを考えていく必要があるのではないかなと思います。ま、とはいえ言うは易し。実践は難しいことには変わりないですけどね。

スポンサーリンク


関連記事

全国大会で優勝する一つの方法

最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名に

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

努力が報われない理由

「こんなに努力しているのになんで評価されないんだ…」こんなことを思ったことはないでしょうか?これから

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

no image

将来に不安があるのに行動できない理由

○鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」著:勝見明 提言47:人は「してもらった満足

記事を読む

相談に求めるのは共感か、解決策か

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてど

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

今の受験勉強は意味ない?

<大人と子供 一緒に学べ> 「1+2=3」みたいなことを学んでもしょうがない。正解が1つではないも

記事を読む

ビジネスにおけるNGワード

「私は個人的に○○の方が良いと思う」このような発言を会社内でしている方はいらっしゃらないでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑