未経験のことにどう向き合うか

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について

Pocket

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といったのはビスマルクの言葉ですが、歴史(=他者の経験や失敗)から学ぶのは、非常に難しく、「私たちは、歴史を参考にしながら、結局は経験からしか学べない」というのがより適切な言い方のような気がします。

出典:勝間和代オフィシャルメールマガジン1月28日発行号

e57113e019c460e65eea5f10211fb3a7_s

当事者にならなければ(経験しなければ)分からないという事実

ステマではありませんが(笑)、過去の勝間さんのメルマガでヒットしたものがあったので、今回はそれを紹介します。これ、本当にそうだな、と思います。自分自身が一番それを感じるのは、親としての自分を考えたときです。親の心子知らずとはよく言ったもので、当事者にならない限り、本当の意味で親の気持ちが分かることはない、ということだと思います。ましてや、小さい頃の子供に抱く感情と、大きくなってのそれとはまた違うと思うので、親と言っても完全に分かるわけでは全くありませんが・・・。

ともあれ、今日一番の強調したい部分としては、“当事者にならなければ絶対に分からない”というところ。親になったことがない人が親の気持ちが分からないように、その当事者にならずしてその人の気持ちが完全に分かることはないでしょう。まず、この“事実”を押さえておかなくてはならないと思う。

事実を認識した上で、どうすべきかを考える

ただ、だからといってその人の気持ちになることを諦めるかというと、それも違う。その気持ちを分かろうと色々と試行錯誤していくプロセスが大事なんじゃないかと。そのプロセスを踏まずして、分かったような気になっていたり、逆に分かるのを諦めるというのも違う話です。しっかりと事実は事実として捉え、その上でどう行動すべきか、ということを考えなければならないのでは、と思います。

よく考えてみると、今回のこのような話って、色んな所にあると思っています。例えば、人間はポジティブであるべき、というような話とか。もし、常にポジティブな人がいたとしたら、それは一つの才能だと思うけれども、多くの人はそうでないと思う。自分自身にネガティブな側面があるという“事実”をしっかり認識しながら、そのネガティブな側面がいかに“出ないような状態”を作るにはどうしたらいいか。そういったことを考えていく必要があるのではないかなと思います。ま、とはいえ言うは易し。実践は難しいことには変わりないですけどね。

スポンサーリンク


関連記事

個人としてのリスク回避と企業人としてのそれは違う

前回のエントリーに続き、今回のテーマも“リスク”について。前回は、“個人”としてどのようなリスク回避

記事を読む

職場のお局さんはうざいか

業務の本質とはそこまで関係のないような必要以上に細かい指摘をしてきたり、関係のない嫌味を言ってきたり

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

目的達成の障害となる意外なもの

出典:ワンピース 感情に走って反撃しそうになる ご存知ワンピースのワンシーン

記事を読む

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

組織で提案を通す方法

コトを進める前に人間模様マップを作成してみる 出典:東洋経済 東洋経済オンラインで“成功する

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

新卒で転職を考えるその前に

新卒の皆さまは入社して半年が経ちましたね。「右も左も分からないという状況だったものが、少し仕事に慣れ

記事を読む

no image

物事を効率的に行うことが必ず善か

“効率的” 効率がよいさま。無駄がないさま。 出典:goo辞書 この言葉が好きな方は多いので

記事を読む

メルカリのmerci box(メルシーボックス)について思うこと

フリマアプリを運営するメルカリが産休・育休あわせて約8ヶ月分の給与を100%保障する「merci b

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑