面接では第一印象が本当に重要

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 5.希望の面接を突破するために


皆さんはリアルアキバボーイズ(RAB)というダンスグループをご存知でしょうか。見た目アキバ系、でも、ダンスが超ウマイ。


聞くと、うち3名は元日本代表のダンサーだという(笑)テレビ番組のプロデューサーも言っていましたが、“ギャップは鉄板”だということを正に示した例です。言うまでもないと思いますが“ギャップ”とは、そう思っていたことがそうでなかった時に使う言葉です。今回の場合、彼らの“見た目”と彼らの“能力”の2つの間に大きな“ギャップ”があったからこそ、僕らは驚き、感動したわけですね。

ギャップで損をしていないか

という話をしておきながらなんですが、この“ギャップ”、就活等の面接では逆に作用してしまっている人が多くいらっしゃいます。つまり、よく話を聞けば良い子なのに、そこまで引き出されず面接が終わってしまう、というような感じです。面接というのは、面接官も人間ですから、どうしても第一印象から入ってしまいます。「この学生はこんな学生なんじゃないかな」というように、過去出会ってきた学生さんの無意識の中のデータベースの中から、第一印象というものを持ってしまうのです。(これは全ての人に経験があると思いますが、なんとなく苦手、とか、なんとなく○○、というのは過去出会ってきた人の傾向から来るものだと思います)

第一印象から伝えたい自分を作る

なので、その第一印象がそれほどよくないと、そういう人だろうという一種の思い込みを少なからず面接官はしてしまいます。他の人から聞くとよくわかると思いますが、想像以上に自分というものは自分が思うようには周りに伝わっていないものです。「怖そう」とか、「暗そう」とか、別にそんな人ではないのに、そう見えてしまったりするケースが多くあります。(非常に勿体ない、ですね)長く付き合っていればそうでないとわかることも、面接という非常に短い時間ではその印象を拭い去ることは難しいです。まずは“第一印象”から整え、伝えたい自分を作る。これ、多くの方が思う以上に重要な部分です。

スポンサーリンク


関連記事

自分にしかできない仕事がしたいですか?

「誰でも出来るようなルーティン・ワークではなく、自分にしか出来ないような仕事がしたいんです!」面接時

記事を読む

no image

面接で「一日の仕事の流れ」を聞いてはいけない理由

「一日の仕事の流れを教えて下さい」。面接をしていてこの質問をされることは本当に多いですね。社会に出て

記事を読む

面接で見ているのは実績?プロセス?

「私は○○で全国大会に出場し、ベスト○という成績を収めました!」こういったことを話せる学生さんは、面

記事を読む

面接で弱みを聞かれた時の返し方

本日のテーマは“自分の“弱み”を“強み”に転じる”ということ。「今からその“弱み”を克服するために頑

記事を読む

面接における本音と建前

嘘ばっかりなんですよ、就職活動って。本当に真面目に採用のホームページ作るんだったら、「弊社が求める人

記事を読む

自分のアイデアを採用してもらう方法

「自分のアイデアを形に出来るような仕事がしたい!」そんなことを考えて面接で話をされる方をたまに見掛け

記事を読む

キャリアプランの答え方は気をつけろ

こんな風にキャリアプランを言っていませんか? キャリアプランの作り方: ①現状を把握する ②5

記事を読む

目的を達成する方法②

突然ですが、今日はまず物語からお読み下さい(笑) あなたは勇者です。ある日王様から、盗賊にさらわれ

記事を読む

面接で好奇心をアピールする際には注意を

「色んな事に興味があるので、色んな仕事に興味を持っています」「自分の可能性を広げられるような仕事に就

記事を読む

3年以内の転職の是非

厚生労働省が大卒の3割が3年で会社を辞めてしまうという調査結果を発表しました。「最近の若者は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑