面接では第一印象が本当に重要

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 5.希望の面接を突破するために

Pocket

皆さんはリアルアキバボーイズ(RAB)というダンスグループをご存知でしょうか。見た目アキバ系、でも、ダンスが超ウマイ。


聞くと、うち3名は元日本代表のダンサーだという(笑)テレビ番組のプロデューサーも言っていましたが、“ギャップは鉄板”だということを正に示した例です。言うまでもないと思いますが“ギャップ”とは、そう思っていたことがそうでなかった時に使う言葉です。今回の場合、彼らの“見た目”と彼らの“能力”の2つの間に大きな“ギャップ”があったからこそ、僕らは驚き、感動したわけですね。

ギャップで損をしていないか

という話をしておきながらなんですが、この“ギャップ”、就活等の面接では逆に作用してしまっている人が多くいらっしゃいます。つまり、よく話を聞けば良い子なのに、そこまで引き出されず面接が終わってしまう、というような感じです。面接というのは、面接官も人間ですから、どうしても第一印象から入ってしまいます。「この学生はこんな学生なんじゃないかな」というように、過去出会ってきた学生さんの無意識の中のデータベースの中から、第一印象というものを持ってしまうのです。(これは全ての人に経験があると思いますが、なんとなく苦手、とか、なんとなく○○、というのは過去出会ってきた人の傾向から来るものだと思います)

第一印象から伝えたい自分を作る

なので、その第一印象がそれほどよくないと、そういう人だろうという一種の思い込みを少なからず面接官はしてしまいます。他の人から聞くとよくわかると思いますが、想像以上に自分というものは自分が思うようには周りに伝わっていないものです。「怖そう」とか、「暗そう」とか、別にそんな人ではないのに、そう見えてしまったりするケースが多くあります。(非常に勿体ない、ですね)長く付き合っていればそうでないとわかることも、面接という非常に短い時間ではその印象を拭い去ることは難しいです。まずは“第一印象”から整え、伝えたい自分を作る。これ、多くの方が思う以上に重要な部分です。

スポンサーリンク


関連記事

残念な面接官もいることを知る

日経ビジネスONLINEで、“こんな学生は採らない 人事が語る「残念な人」”という特集が組まれていま

記事を読む

面接で自分の発言に共感してもらう方法

面接において大事なのは、自分が話していることを面接官に“共感”してもらえているかどうかというポイント

記事を読む

面接官がムカつく理由

面接官にムカついた(ネガティブな感情にさせられた)。そんな経験をしたことのある方も多いのではないでし

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

面接の準備で8割合否が決まる

『準備8割、本番2割』この言葉を聞いたことはあるでしょうか。この意味は、結果というものは本番が2割で

記事を読む

【自己分析】リーダーシップがない人はいない

リーダーシップとは何か? 色んな本で言われていることだと思いますが、“リーダーシップ”とは周りの人

記事を読む

志望動機が言いづらい?それ間違いです。

「志望動機を教えてください」 多くの会社で聞かれるであろうこの質問、そういった意味で多くの求職者が

記事を読む

転職エージェントを比較する上で知っておきたいこと

転職をする時に転職エージェント(人材紹介会社)を利用する方は多いと思います。有名どころにはとりあえず

記事を読む

志望動機で“商品・サービスのファン”はありか

「私は人々に夢や希望を与えられる仕事をしたいと思っています。なので、第一志望は“オリエン○ルランド”

記事を読む

面接でコミュニケーション能力が高いと言ってはいけない

『コミュニケーション能力に自信があります!』というような話を面接でするのは微妙という話をしたことがあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑