研修がつまらないと思っている人へ

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 2.組織人として生きるために

Pocket

Googleの収益モデルは何か?

皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知ですか?ユーザーとしての皆さんがお金を“Google”に支払っている、ということはほとんどないでしょう。では、どのように収益を上げているのか?当たり前ですが“Google”はボランティア団体ではありません。














いかがでしょうか?“Google”は主に“広告”で成り立っています。そう、検索結果の上部や右側、また下部に出ている“広告”というやつですね。広告業界では当たり前のことですが、あまり一般ではないようです。最近はこういったインターネットを始めとし、フリーペーパーなど、“タダ”で取得出来るかのように錯覚させられることが世の中に増えてきています。(前に“FREE~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 ”という書籍も流行りましたね)

3d30a07a20eb2404c596f87b933244ec_s

大学の一講義はいくらかを計算したことはありますか?

ただ、ユーザーにとって“FREE”に見えているだけであって、本来的には“FREE”ではなく、他の誰かがその費用をどこかで負担しているのです。自分が負担している感覚がないと、そのこと自体を非常に軽く扱ってしまいます。大学の講義をサボる、というのもこれと同じでしょう。学費を講義数で割ると、大体1つの講義が5,000円くらいします。毎回5,000円を払って講義を受けている実感はあるでしょうか?

企業で研修があることは当たり前ではありません

実は、企業の多くの新入社員教育担当者の悩みは、実はここにあります。研修してもらうのが当たり前。そんな感覚で研修を受ける社員が多い。申し訳ないけれども、企業という場所は“学ぶ場”ではありません。今まで皆さんが“学んで”これたのは、皆さんがお金を払っていたからです。企業に入ればお金を貰うわけです。

研修が受けられることを絶対に当たり前と思わない方が良いですね。まず、研修が受けられることを感謝し、自分が支払っている時のように真剣になれるか。そういった姿勢が益々問われる世の中になってきていると思います。

P.S.
「自分自身をより成長させるには自分に投資しなくてはならない」当たり前のことですが、これが意外と腹落ちしていない人が多いように思えます。タダでなんでも貰おうという感覚しかない人は、恐らく成長出来ないでしょう。easy come, easy goなんて言葉がありますが、簡単に手に入るものは簡単に手放します。

スポンサーリンク


関連記事

社会人になって化ける人の条件

先日、就活をしていたサポートしていた子(現在社会人1年目)と会う機会がありました。実はその方は前職の

記事を読む

新卒で転職を考えるその前に

新卒の皆さまは入社して半年が経ちましたね。「右も左も分からないという状況だったものが、少し仕事に慣れ

記事を読む

忙しい人が実践している時間の作り方

○官僚に学ぶ仕事術 著:久保田崇 自分がコントロールできることに集中する 世の中には自分

記事を読む

自分のやり方にこだわる危険性

○Works No.105 早稲田の監督就任1年目のことだった。10番というチームの司令塔とな

記事を読む

歳をとる度に気をつけたいこと

先日の出張の帰りの新幹線の中で、どこからともなくゲームの音が聞こえてきました。「子供かな…」と思って

記事を読む

今の時代に求められるリーダーシップの型

イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は

記事を読む

ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを目指すべき

2012年の8月に発売した“ドラクエ10”。それまではゲームを卒業していたのに、それでゲームに復帰し

記事を読む

仕事で自立した(一人前になった)と認められるには

皆さんの「自立」の定義ですが、自分で何でも出来るようになる力だと思っていませんか?確かに、自分で何で

記事を読む

組織を改善・改革するためには

「なんでうちの会社は○○(不満)なんだ。」組織というものに所属している以上、100%満足していられる

記事を読む

デーブ氏の「違和感がある」報道に対して

「サンデージャポン(TBS)」でデーブ・スペクター氏がSMAPの解散騒動に対して、報じているのは週刊

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑