相談に求めるのは共感か、解決策か

公開日: : 2.組織人として生きるために

Pocket

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。人に何かを相談する時、その相談した後の結果としてどちらを求めているのかというのが冒頭の質問になります。よく女性が相談する際は共感を求めている~的な話があるようですが、これは女性に限った話では全くありません。そして、このどちらを選んでいるかによって、その相談先は必ず変えなくてはならないということの認識が薄いと悲劇を生むことになります。

d851158c9e4bd5f58771f7b3ca2fded0_s

相談に求めるのは共感か、解決策か

もしあなたが自分の話に共感してもらいたいがために誰かに相談する際、どんな人を選びますか。きっとその方はあなたの身近な存在であり、基本的にあなたの味方になってくれる、そんな人を選ぶのではないでしょうか。では、もしあなたが自分の悩みに具体的な解決策を求めたいと思ったときには誰に相談しますか。先の共感してくれる人と同じ人を選ぶでしょうか、それとも、また別の解決策を提示してくれそうな人を選ぶでしょうか。この質問にどのように答えるかによって、あなた自身がその悩みについて本当に求めていることが分かるような気がします。

具体的な解決策を求めたいと思って身近な存在に相談するというのは、解決策よりも共感を求めている可能性が高いのではないでしょうか。身近な存在に相談するということ自体が相談者の安心感を生み、相談することによって肩の荷を降ろしたい心理状況が伺えます(そして、解決策については解決策は二の次ではないかと思います)。一方、その悩んでいることが深刻なもので、その悩みを本気で解決したいと思えば、その道のプロに相談するのが一番早い解決方法になるでしょう。

身近な存在でない人に相談すれば、共感されない可能性はそれなりにある

プロに相談するほど悩みを本気で解決したければそれはそれで問題はないのですが、問題になるのは“プロに相談するほどの覚悟はない(お金は払えない)けれども、それなりの解決策を得たい”という場合です。分かりやすいのが、就職活動の相談を大学のOBにするような場合でしょうか。このような時に、「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」ということをきちんと自分の中で整理ができていないと、相談をする側も相談をされる側も気持ちよくはない状態で相談が終わることになります。

どういうことかということを端的に申し上げれば、この類の相談には共感を求めてはならないということです(もちろん、解決策よりも共感して欲しいですというような話を初めにすれば良いですが…違いますよね?)。相談者の身近な存在であればまだしも、そうでない存在からのアドバイスになれば、その話に相談者が共感できない可能性はそれなりにあると思います。このような前提があるということを無視して、そのアドバイスに対し「私はそう思いません」と言ってしまうとどうなるか。そう、悲劇の始まりです。

相談する側もされる側も、気持ちよく相談の場が終わるように

もちろん、そのアドバイス自体が期待はずれなもので、そう思わないものである可能性も当然あります。ただ、それを敢えて発言する必要はどこにもないわけです。それに、そのアドバイスが期待はずれと相談者が思っているだけで、極めてまともなアドバイスである可能性も当然あります。そのアドバイス自体の良し悪しが判断できるだけの能力が自分自身にあるのかどうかということもありますし、そのアドバイスは一つのアドバイスとして自分の頭の引き出しにしまってみることがその場での対応とすべきかとは思います。そうすれば、相談する側も相談される側も気持ちよくその場を終えることができるはずです。

今はネット上も含め、気軽に相談できる環境があります。アドバイスを軽い気持ちでしてしまうことも本気で悩んでいる人の気持ちを逆なですることにも繋がりますが、アドバイスを求める側としても、共感を求めるのであれば相談先が違うということを認識していただいた方が良いでしょう。

「解決策を求めているのか、共感を求めているのか」。相談をする際には必ず頭の中できちんと整理した上で相談してください。

スポンサーリンク


関連記事

研修がつまらないと思っている人へ

Googleの収益モデルは何か? 皆さんは“Google”がどのように収益を上げているかをご存知で

記事を読む

歳をとる度に気をつけたいこと

先日の出張の帰りの新幹線の中で、どこからともなくゲームの音が聞こえてきました。「子供かな…」と思って

記事を読む

新年度のご挨拶代わりに

本日は4月1日ということで、本日から新年度、新しい生活が始まるという方も多いかと思います。また、自分

記事を読む

感情が顔に出る損

昨日の点滴から体調は少なくとも回復傾向にあるものの、薬のせい(?)で大分ぼーっとしているような感じが

記事を読む

ワークライフバランスの本当の意味

武石恵美子氏の「働く人のワーク・ライフ・バランスを実現するための企業・職場の課題」によると、イギリス

記事を読む

社会人になって化ける人の条件

先日、就活をしていたサポートしていた子(現在社会人1年目)と会う機会がありました。実はその方は前職の

記事を読む

収監前と後のホリエモンの変化

週末ふとテレビを付けると、ホリエモン(堀江貴文氏)が出ていました。見ていて改めて思うのは、“極めて合

記事を読む

大人は本音を言わない

あなたはどれだけ周囲の人に本音を語っているでしょうか?30%?50%?はたまた、「自分は常に本音!」

記事を読む

企業内でソーシャルメディアの活用がどこまで求められるか

「T字型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの縦軸に据えつつ、さ

記事を読む

新入社員は無価値か!?

昨日に引き続き、もう一つ新入社員ネタを。新入社員が入ってくる時期なので新入社員関連の様々な記事が上が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑