目的達成は犠牲の上

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 6.価値観・世界観について


○鋼の錬金術師 著:荒川弘

このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を今日は紹介したくて取り上げました。

このマンガの注釈をそのまま抜粋すると、

等価交換・・・何かを得ようとすれば、何かを失わなければならない

という事です。その他の言い方としては、トレード・オフという言い方もありますね。

普通の人が当然に持っているものを失ってまで欲しいものか

今日、友人とお昼ご飯を食べていた時に、こんな話になりました。「本気でお金持ちになりたいか?」どうでしょうか、みなさん?もちろん、お金はあった方が良いに決まってますが、普通の人が持っている当然のものを失ってまで、普通の人が持ち得ないお金が欲しいですか?という質問に対して、どれだけの人が「YES」と答えるのでしょうか。

何が言いたいかというと、意外と「お金持ちになる」とか、そういった目的って概ね達成できないことではないと思っていて、その目的を達成する代わりに何かを失う必要があるんじゃないかと思っています。(もちろん、マンガでも言われている通り、何かを失ったからといって、必ず目的が達成出来る訳ではないですが、何か目的を達成するための必要条件にはなってくることは確かかな、と思っています。)

何かを失ってでも達成したいことは後悔がない

さて、今日の本題です。「あなたが何かを失ってでも達成したい事は何ですか?」いかがでしょうか?この答えを、早い段階でハッキリさせることが出来る人ほど、人生は思い通りに進めることが出来ると確信しています。ご存知の通り、人生は選択の連続です。場合によっては、「あの時、こうしていれば・・・」みたいな後悔を残すこともあるかもしれません。でも、自分自身が何かを失ってでも達成したい何かを持っていて、その達成のための選択であれば、後悔をすることはほとんどないはずです。

もちろん、その選択によって失うものもあるでしょう。それ以上に達成したいものがハッキリしていれば、また、それを達成すれば幸せになれるのであれば、その方が良いんです。「別に普通で良いよ」と思って、何も達成しようとしなければ、ちょっとしたはずみでどん底に落ちることもあります。何かを達成したいと思うことはリスクヘッジにもなるんです。

「何でもかんでも欲しい」そう思っていると、場合によっては全て失うこともあることをお忘れずに。

P.S.
余談ですが、今回の「鋼の錬金術師」は、この等価交換だけでなく、現代の様々な社会問題なんかも含まれた面白い作品なので、読んでみると色々と考えさせられます。

スポンサーリンク


関連記事

敬意を払うことを意識する

“レストランのウエイターに対して横柄な態度を取る”。これが百年の恋も一気に冷める瞬間の一つだそうです

記事を読む

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

厳しい指導と優しい指導

研修や面接等、どんな場面においても「厳しい」と言われがちな私です(苦笑)。もちろん、その自覚症状はあ

記事を読む

学生が社会人と対等に話すためには

就職人気ランキングの企業に入ることは良い事か? 今回のテーマは、解釈です。今日は根本的な所のお話を

記事を読む

将来、未来が不安な理由

「僕の友人に10ヶ月で世界80ヶ国を回ってきた友人がいるんだけれども、平均すると各国に3日程度しかい

記事を読む

目的を達成する方法③

他力本願という言葉を聞いたことがあると思います。これ、あまり良いイメージはないですよね。人まかせなイ

記事を読む

志望業界以外を見ないで大丈夫か

清河さんのお話の中で一番印象に残ったのが、「世界を語らず日本を語るな」でした。 私はゼミで国際

記事を読む

キャリア教育最大の問題点

昨今の高等教育の現場では“キャリア教育”というものを推進しているようです。何のためにそういった教育を

記事を読む

サービス残業は当たり前か!?

「残業代は月給に含まれているようで出ないんです」このような話をよく聞きます。残業をしても残業代が出な

記事を読む

新人研修での「採用ミス」発言

新人研修真っ最中のこの時期。某新人研修会社の代表が「皆さんの会社は採用ミス」と新入社員に対して発言し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑