目的達成は犠牲の上

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 6.価値観・世界観について

Pocket

○鋼の錬金術師 著:荒川弘

このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を今日は紹介したくて取り上げました。

このマンガの注釈をそのまま抜粋すると、

等価交換・・・何かを得ようとすれば、何かを失わなければならない

という事です。その他の言い方としては、トレード・オフという言い方もありますね。

普通の人が当然に持っているものを失ってまで欲しいものか

今日、友人とお昼ご飯を食べていた時に、こんな話になりました。「本気でお金持ちになりたいか?」どうでしょうか、みなさん?もちろん、お金はあった方が良いに決まってますが、普通の人が持っている当然のものを失ってまで、普通の人が持ち得ないお金が欲しいですか?という質問に対して、どれだけの人が「YES」と答えるのでしょうか。

何が言いたいかというと、意外と「お金持ちになる」とか、そういった目的って概ね達成できないことではないと思っていて、その目的を達成する代わりに何かを失う必要があるんじゃないかと思っています。(もちろん、マンガでも言われている通り、何かを失ったからといって、必ず目的が達成出来る訳ではないですが、何か目的を達成するための必要条件にはなってくることは確かかな、と思っています。)

何かを失ってでも達成したいことは後悔がない

さて、今日の本題です。「あなたが何かを失ってでも達成したい事は何ですか?」いかがでしょうか?この答えを、早い段階でハッキリさせることが出来る人ほど、人生は思い通りに進めることが出来ると確信しています。ご存知の通り、人生は選択の連続です。場合によっては、「あの時、こうしていれば・・・」みたいな後悔を残すこともあるかもしれません。でも、自分自身が何かを失ってでも達成したい何かを持っていて、その達成のための選択であれば、後悔をすることはほとんどないはずです。

もちろん、その選択によって失うものもあるでしょう。それ以上に達成したいものがハッキリしていれば、また、それを達成すれば幸せになれるのであれば、その方が良いんです。「別に普通で良いよ」と思って、何も達成しようとしなければ、ちょっとしたはずみでどん底に落ちることもあります。何かを達成したいと思うことはリスクヘッジにもなるんです。

「何でもかんでも欲しい」そう思っていると、場合によっては全て失うこともあることをお忘れずに。

P.S.
余談ですが、今回の「鋼の錬金術師」は、この等価交換だけでなく、現代の様々な社会問題なんかも含まれた面白い作品なので、読んでみると色々と考えさせられます。

スポンサーリンク


関連記事

大企業も終身雇用を保証できない理由

何事も永遠ではない。人は死ぬし建物はいつか壊れる。国も、いわんや企業をや、である。企業の寿命は30年

記事を読む

同じ間違いを繰り返す理由

テストの結果を点数しか見ていない人は多い 皆さんは“テスト”は好きですか?まぁ、自分の自信のあるこ

記事を読む

長谷川豊氏の少子化の原因考察について

“日本女性の3歩下がってついていく”という言葉、みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。それは

記事を読む

将来、未来が不安な理由

「僕の友人に10ヶ月で世界80ヶ国を回ってきた友人がいるんだけれども、平均すると各国に3日程度しかい

記事を読む

目的達成の障害となる意外なもの

出典:ワンピース 感情に走って反撃しそうになる ご存知ワンピースのワンシーン

記事を読む

no image

弱者が目的達成する方法

<決断とは「他の可能性を切り捨てる」こと> 決断することが感嘆で効果的なら、ナイキのコマーシャルの

記事を読む

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

夢の叶え方

ある早稲田大学の教授が“夢”を“YouME”と表記していました。分解するとYouとMeです。つまり、

記事を読む

no image

何かを成し遂げたい時に覚えておきたいこと

○One piece (巻10) 著:尾田 栄一郎 「おれは剣術を使えねェんだコノヤロ

記事を読む

残業代を支払ってもらう権利主張について

サービス残業を恒常的に繰り返している会社があり、社員がそれを指摘したところ、経営者はそれを認め、「給

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑