目的達成は犠牲の上

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 6.価値観・世界観について

Pocket

○鋼の錬金術師 著:荒川弘

このマンガのメインテーマになっている等価交換という考え方を今日は紹介したくて取り上げました。

このマンガの注釈をそのまま抜粋すると、

等価交換・・・何かを得ようとすれば、何かを失わなければならない

という事です。その他の言い方としては、トレード・オフという言い方もありますね。

普通の人が当然に持っているものを失ってまで欲しいものか

今日、友人とお昼ご飯を食べていた時に、こんな話になりました。「本気でお金持ちになりたいか?」どうでしょうか、みなさん?もちろん、お金はあった方が良いに決まってますが、普通の人が持っている当然のものを失ってまで、普通の人が持ち得ないお金が欲しいですか?という質問に対して、どれだけの人が「YES」と答えるのでしょうか。

何が言いたいかというと、意外と「お金持ちになる」とか、そういった目的って概ね達成できないことではないと思っていて、その目的を達成する代わりに何かを失う必要があるんじゃないかと思っています。(もちろん、マンガでも言われている通り、何かを失ったからといって、必ず目的が達成出来る訳ではないですが、何か目的を達成するための必要条件にはなってくることは確かかな、と思っています。)

何かを失ってでも達成したいことは後悔がない

さて、今日の本題です。「あなたが何かを失ってでも達成したい事は何ですか?」いかがでしょうか?この答えを、早い段階でハッキリさせることが出来る人ほど、人生は思い通りに進めることが出来ると確信しています。ご存知の通り、人生は選択の連続です。場合によっては、「あの時、こうしていれば・・・」みたいな後悔を残すこともあるかもしれません。でも、自分自身が何かを失ってでも達成したい何かを持っていて、その達成のための選択であれば、後悔をすることはほとんどないはずです。

もちろん、その選択によって失うものもあるでしょう。それ以上に達成したいものがハッキリしていれば、また、それを達成すれば幸せになれるのであれば、その方が良いんです。「別に普通で良いよ」と思って、何も達成しようとしなければ、ちょっとしたはずみでどん底に落ちることもあります。何かを達成したいと思うことはリスクヘッジにもなるんです。

「何でもかんでも欲しい」そう思っていると、場合によっては全て失うこともあることをお忘れずに。

P.S.
余談ですが、今回の「鋼の錬金術師」は、この等価交換だけでなく、現代の様々な社会問題なんかも含まれた面白い作品なので、読んでみると色々と考えさせられます。

スポンサーリンク


関連記事

「運が悪い」理由

起こったことを受け入れられることを“幸せ”と言い、起こったことを受け入れられないことを“不幸”と言う

記事を読む

論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シ

記事を読む

仕事で“やりたいことが見つからない”時

「仕事に面白みがなく、毎日が淡々としている。やりたいことをすべきと言われても、何をやりたいのかが分か

記事を読む

お金を払わずに自分の欲しいものを手にいれる方法

突然ですが、「あなたが今欲しいものは何ですか?」 ち ょ っ と 考 え て く

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

グループワークの適正人数は…

25人をチーム分けしてグループワークをさせます。さて、あなたならどのようにグループ分けするでしょうか

記事を読む

ビジネスマナーでメールの危うさを改めて認識させる

対面はもとより、電話やメール、今ではLINEなどのソーシャルメディアに至るまで、誰かとコミュニケーシ

記事を読む

“チャンス”を逃さない方法

“チャンス”を逃さない方法はあるか 「“チャンス”を逃さない方法ってないのでしょうか?」こんな

記事を読む

転職先が決まる前に辞めるのはNGか

“「辞めてから次を探す」はキケン!転落する人がやりがちなこと”というタイトルの記事で、キャリアコンサ

記事を読む

引くに引けない状態・現象=思考停止

「ここまでやっているのだから引くに引けない」。こんなような感覚に陥った経験がある方も多いのではないで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよ

    本業:フリーの人事コンサルタント

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑