論理的思考(ロジカルシンキング)が必要とか言う前に

公開日: : 最終更新日:2016/01/21 2.組織人として生きるために, 6.価値観・世界観について


「あいつはロジカルじゃないよね」「論理的にそれ間違ってない?」などなど、ビジネスの場で“ロジカル(シンキング)”や“論理的(思考)”といった言葉はよく出てきます。私も使っていると思うのですが、よくよく考えてみると、これらの言葉の使い方そのものが“ロジカル”ではない気がしてきます。

85459ed90e3676bc8d1d76211cfc5873_s

“ロジカル”や“論理的”、本当に分かって使っていますか

「あいつはロジカルじゃないよね」という言葉、どんな時に聞くでしょう。考えられるケースとしてはまず、“感情的なタイプである”ことでしょうか。ロジカル=論理的と捉え、論理的の対義語として感情的という意味合いで使っているケースです。次に考えられるのは、単純に“バカにしている”ケースです。発言の論理に穴があり、それに気付かない発言をしている人に対して投げかけられる言葉というのがもう一つのケースでしょうか。

それ以外のもあるかもしれませんが、上記2つを少し検証してみましょう。まず、“感情的なタイプ”のケースについてですが、そもそもロジカル=論理的と訳すことに違和感は残りますし、仮に論理性としてその対義語として感情的と持ってくることはやはり違います(論理の対義語は非論理であり、感情的の対義語は理性的で、論理的と一部被るものの完全に合致はしません。つまり、この“感情的なタイプ”という意味合いで使うことはロジカル(論理的)ではない可能性があります。

さて、次のケースです。“バカにしている”というものですね。発言の論理に穴があるという話ではあるのですが、要は多角的に物事が見れていないということとほぼほぼイコールなのではないかと思います。その多角的に物事を見るということが、きちんと構造的に見える化する力がある方が仰るのであれば良いのですが、恐らくそうではなく、そのような力を持たずして、単に自分が経験上気付いただけで「論理的でない」と言っているケースは、これこそ論理的ではない状態ではないでしょうか。

自分の中で作り上げた“論理のようなもの”と照らし合わせているだけでは?

改めて、論理とは何かを辞書で調べてみました。

論理とは、考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立て。思考の妥当性が保証される法則や形式。

出典:goo辞書

論理とは、道筋であり組み立てであり、法則や形式なんですね。それはある種、三段論法やMECEなどの法則そのものを指しているわけで、そういったもの(論理)を熟知せずして本来は使えるはずもない言葉なのではないかということに気付きます。論理やロジカルという言葉を使うビジネスマンは、本当にこの論理やロジカルを熟知した上で使えているのでしょうか。残念ながら答えは「否」です。

そんなバックグラウンドがない中でどのように「論理的か否か」を発言しているのでしょうか。それは、各自が勝手に自分の中に作り上げた“論理のようなもの”と照らし合わせて、それに合致するか否かだけなのではないでしょうか。それは本当の意味で“論理”と呼んで良いものなのかと考えると、そこに疑問を持たざるにはいられません。

大切なものであればきちんと定義をしましょう

さて、そもそも論に戻りましょう。なぜビジネスにおいては“ロジカル”だったり“論理性”を求められるのでしょうか?それは、(色々な言い方があるとは思いますが)相手に自分の話を納得してもらうためではないでしょうか。そう考えると、“ロジカル”だったり“論理性”というものが指しているのは、説得しようとしている相手の“論理のようなもの”を踏まえた上での話がきちんとできるか否かが求められているということと捉えることができます。よく聞く言葉で言えば、“相手の立場に立つ力”と言い換えることもできるかもしれません。

別に今回の話が正しいわけではありませんが、言葉というものを軽く見ない方が良いことは言えるのではないかと思います。分かっているようで分かって使っていない言葉はたくさんありますし、その意味はその言葉を使う人によって異なる可能性だってあります。今回のような“ロジカル”や“論理性”はビジネスの世界でよく使われ、大切なものと考えられています。本当に大切なものと位置づけるのであれば、少なくともその定義や使い方を明確にしておく必要はあるのではないかと思います。

スポンサーリンク


関連記事

no image

物事を効率的に行うことが必ず善か

“効率的” 効率がよいさま。無駄がないさま。 出典:goo辞書 この言葉が好きな方は多いので

記事を読む

企業選びの軸が“働く社員”の方へ

「私は“何をするか”より“誰と働くか”ということを重視しておりまして、特に業種等は絞っておりません。

記事を読む

朝、時間通りに出社することは当たり前なのか

今朝の東京は雪で大変でしたね。私も今日はお客様先に朝から向かう必要があり、ただでさえ混んでいる時間帯

記事を読む

no image

就活での学歴差別が許せない人へ

○大人のルール―誰も教えてくれなかった 著:中谷彰宏 努力していない人ほど、「不公平だ」、

記事を読む

全国大会で優勝する一つの方法

最近では甲子園常連校となった沖縄の興南高校。今でこそ有名校ではありますが、恐らくこの高校を一躍有名に

記事を読む

社会人は学生よりも責任が重い??

「社会人と学生の違いは“責任”の大きさだと思います。」こんな話を学生さんからよく聞きます。一見当たり

記事を読む

方向性を考える上で大事なこと

金沢大学は常に恐れることなく現場の困難に立ち向かっていける次の能力・体力・人間力を備えた人材を育成し

記事を読む

凡ミスが多いことへの対策&ヒント

最近、仕事上でミスをしてしまいました…クライアントには大変ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ない

記事を読む

no image

大切なものを失うと何かを得る

○ぼくを探しに 著:シルヴァスタイン 何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りない

記事を読む

夢の叶え方②

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目 (参照:SLAM DUNK 22巻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • profile1

    運営者:きよきよ

    ドラクエ・FF好きで、ドラクエ10とFFRKは現在進行形でプレイ中。本業はフリーの人事コンサルタント。

    学生と社会人の座談会や、学生をアジアへスタディツアーで連れて行っています。

    東京在住。妻と娘2人の4人家族。

PAGE TOP ↑